HOME> BOOK >

『死をみつめる心』

若林 一美 19871015 主婦と生活社, 222p


このHP経由で購入すると寄付されます

■若林 一美 19871015 『死をみつめる心』,朝日出版社,222p. 1200 ISBN-10: 4391109581 ISBN-13: 978-4391109580 [amazon] ※ d01.

■内容(「BOOK」データベースより)
がんは告知すべきか?石原裕次郎は告知を受けず、千葉敦子は告知を受けて闘い、ともに亡くなった。…もっとも今日的なテーマを追った「生と死の現場」からのレポート。

■目次
プロローグ 死から何を学ぶか
第1章 燃えつきたあかし―がん告知を受けたある学者の生き方
 →良知力
第2章 亡き子らを忘れず―「がんの子供を守る会」の活動
第3章 家族に見守られて―末期の患者が望んでいること
第4章 この生命、だれのもの―患者の自己決定権と安楽死
第5章 老人の理想郷はどこに―高齢化社会のなかの死生観
第6章 死者との対話を―「デス・エデュケーション」とは何か
エピローグ 死とグリーフをみつめて

■言及

◆立岩 真也 2008 『…』,筑摩書房 文献表


UP:20080410
  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)