>HOME >BOOK


『「早期発見・治療」はなぜ問題か』

日本臨床心理学会 編 19871015 現代書館,445p. 3500


このHP経由で購入すると寄付されます

日本臨床心理学会 編 19871015 『「早期発見・治療」はなぜ問題か』,現代書館,445p. ISBN-10: 4768433596 ISBN-13: 978-4768433591 3500 [amazon] ※ eg, m,

篠原 睦治 19871015 「なぜ「早期発見・治療」問題に取り組むか――本学会の論争過程をふりかえりつつ」
 日本臨床心理学会編[1987:16-60]
山本 勝美 19871015 「母子保健とはなにか――保健所の歴史をふまえて」
 日本臨床心理学会編[1987:61-118]
山下 栄一 19871015 「大津方式――「障害」の超早期発見・治療体制批判」
 日本臨床心理学会編[1987:119-150]
石神 亙 19871015 「出生前診断の現状を考える――医療技術と専門家」
 日本臨床心理学会編[1987:151-164]
畦地 豊彦 19871015 「「体外受精」問題・その十の論議」
 日本臨床心理学会編[1987:165-211]
篠原 睦治 19871015 「科学的産み分け法の諸問題――特に「伴性遺伝病予防」にかかわって」
 日本臨床心理学会編[1987:213-246]◇
秋葉 聰 19871015 「アメリカにおける障害新生児の「助命と生命維持」の諸問題」
 日本臨床心理学会編[1987:247-324]◇ cf.安楽死
小沢 牧子 19871015 「産む性の問題としての早期発見・治療」
 日本臨床心理学会編[1987:325-367]◇
山下 恒男 19871015 「進化・優生思想と「障害」――早期発見・治療の歴史的背景と「障害」の必然性」
 日本臨床心理学会編[1987:369-412]◇
篠原 睦治 19871015 「まとめと今後の課題――読書ノート風に」
 日本臨床心理学会編[1987:413-445]

■言及

◆立岩 真也 20140825 『自閉症連続体の時代』,みすず書房,352p. ISBN-10: 4622078457 ISBN-13: 978-4622078456 3700+ [amazon][kinokuniya] ※

◆立岩 真也 1997 『私的所有論』,勁草書房 319,431,437


REV:970116(ファイル名変更) 20081101, 1204, 20140824
日本臨床心理学会  ◇生命倫理[学] (bioethics)  ◇身体×世界:関連書籍 1980'  ◇BOOK 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)