HOME > BOOK >

『精神障害者の医療と人権』

秋元 波留夫 19870610 ぶどう社,246p.

last update: 20110709

このHP経由で購入すると寄付されます

秋元 波留夫 19870610 『精神障害者の医療と人権』,ぶどう社,246p. SBN-10: 4892400688 ISBN-13: 978-4892400681  \2520 [amazon] ※ d07d f01 m m-r

■内容

・「BOOK」データベースより
病院改革と地域精神保健体制の確立へ、精神障害者の総合ケアの充実を展望し、医療・福祉従事者の役割を提言する。

■目次

 第1部 精神保健体制の改革をめざして
医療とリハビリテーションの現状と課題
精神衛生法はいかにあるべきか

 第2部 精神障害者の総合ケアをめざして
病院ケアと地域ケアの総合へ
精神保健運動の新たな展開

 第3部 精神障害者の擁護者たち
精神医学と精神科医の果たすべき役割
精神科看護に望むこと
精神科リハビリテーションの理念と課題
PSWに期待される役割
前進する共同作業所運動

■引用

「よく知られているように1950年代にはじまった、向精神薬による精神病の薬物療法の進歩によって第二次大戦後の精神医学と精神障害者医療に革命的といってもよい変化が起きている。それは第一に、精神病、特に慢性経過をとりやすい分裂病の経過が改善されて、社会復帰ができる人たちが増加したことである。イギリスでは過去20年間に精神病院の入院人口は15万から9万に、アメリカでは55万から12万に減っている。そこではたしかに向精神薬の出現が大きな役割を果たしたが、それに加えて作業療法をはじめとするリハビリテーションが精神病院のなかで活発に行われたからである。薬物療法は精神障害者、とくに慢性化した分裂病の人たちを回復させるための治療手段の一つに過ぎない。」(p216)

■書評・紹介

◆菱山 珠夫 198808** 「〈書評〉 秋元波留夫著『精神障害者の医療と人権』」,『季刊障害者問題研究』54: 74-76

■言及

◆佐藤 宏 19890331 「米国における精神障害者職業リハビリテーションと援助付き雇用」,『職業リハビリテーション』3: 35-40
[外部リンク]Journal@rchiveで全文閲覧可.PDFファイル)


*作成:松枝 亜希子
UP: 20071221 REV: 20110709 
精神障害/精神医療  ◇薬について  ◇強制医療/保安処分/心神喪失者医療観察法/…  ◇精神障害者の権利/権利擁護  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)