HOME> BOOK >

『集落への旅』

原 広司 19870520 岩波書店,216p.


このHP経由で購入していただけたら感謝

■原 広司 19870520 『集落への旅』,岩波書店,216p.  ISBN-10: 4004203740 756円 [amazon]



■出版社/著者からの内容紹介
  内容(「BOOK」データベースより)
 都市の現代的・機能的な建物だけが建築のすべてなのではない。世界には地域に根ざし自然と一体化した実に多様な集落がある。著者はメキシコの木柵の村、イラクの家族島集落、アフリカのサバンナの集落などを訪れ、それらに独自に個性とインターナショナルな文化の共有関係を見出し、集落が登場する新たな「世界風景」の形成を試みる。

■目次

 1 集落への旅―地中海
 2 かげりのなかの集落―中南米
 3 周縁が見える集落―東欧から中東へ
 4 形象をこばむ集落―イラク・インド・ネパール
 5 集落のある世界風景―西アフリカ

■紹介・引用



■書評・言及




*作成:西嶋 一泰
UP:20120130 REV:200*****
BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)