HOME > BOOK >

『21世紀の地球環境――気候と生物圏の未来』

高橋 浩一郎・岡本 和人 編 19870420 日本放送協会,225p.

Tweet
last update:20170521

このHP経由で購入すると寄付されます


■高橋 浩一郎・岡本 和人 編 19870420 『21世紀の地球環境――気候と生物圏の未来』,日本放送協会,225p. ISBN-10:414001525X ISBN-13:978-4140015254 757+ [amazon][kinokuniya] ※ ee

■内容

[amazon]より

二酸化炭素濃度の増加、酸性雨、気候変動の生態系に及ぼす影響、核の冬など、人類生存にかかわる重要知識の最新紹介書。

■目次

1 変動期にある地球と人間社会
2 二酸化炭素の循環
3 炭酸ガス増加がもたらす気候の変化
4 気候変動と農業
5 温室効果とアメリカ農業
6 化石燃料の消費増加が極氷に及ぼす影響
7 二酸化炭素問題のシミュレーション分析
8 酸性雨の気候
9 東京付近の酸性雨
10 生物圏の動態
11 気候変動と水産業
12 火山大噴火が気候に及ぼす影響
13 ENUWARと核の冬
14 地球と生物圏の未来予測に関するシンポジウムの記録

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20170521 REV:
環境倫理/公害/環境思想|Environmental Ethics 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)