HOME > BOOK >

『狂の精神史』

中西 進 198702 講談社,講談社文庫,228p.

last update: 20130610

このHP経由で購入すると寄付されます

■中西 進 198702 『狂の精神史』,講談社,講談社文庫,228p. ISBN-10: 4061839284 ISBN-13: 978-4061839281 欠品 [amazon][kinokuniya] ※:[広田氏蔵書] m

■内容

内容(「BOOK」データベースより)
古代において〈狂〉とは、神に魅せられた状態であった。また芭蕉の、止みがたい漂泊の思は「そぞろ神の物について心を狂はせ」た結果であろうか。無常の世に棲む人間はその哀しさに耐えず、さまざまな〈狂〉を演ずる。その夢の世を、むなしく凝視しつづけた日本人の系譜を追って、現代の〈狂〉を予感させる名著。

■目次

狂と陽狂
不要の精神
「をかし」


詩の修羅
乱世の狂
物狂
死狂
風狂

戯作
乱離の精神

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:能勢 桂介
UP: 20130610
精神障害/精神医療  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)