HOME > BOOK >

『女の「姓」を返して』

井上 治代 19860920 創元社,286p.

Tweet
last update:20170304

このHP経由で購入すると寄付されます


■井上 治代 19860920 『女の「姓」を返して』,創元社,286p. ISBN-10:4422320130 ISBN-13:978-4422320137 1300+ [amazon][kinokuniya] ※ n03

■内容

[本書オビより]

 結婚したら新しい戸籍を作るのだから、名字は二人のうちのどちらでもいいのになぜか男の姓が9割をこす。女の子だけの家はどうなるの。離婚・再婚のたびに姓が変わると子どもも職場も大迷惑。では男が改姓して、職場で旧姓を使ったら何が起こったか。たかが「姓」というけれど、ここには家父長制の名ごりがいっぱい。独身はお墓が買えない、前夫の姓を使ったら、婚外カップル、100年にも満たない日本の夫婦同氏、相続と男女平等、差別と姓、夫婦別姓の子ども、別姓のススメなどインタビューでつづる現代「姓」事情。

■目次

はじめに
T 女の多様化した生き方と姓
 一 未婚・シングル
 二 既婚
 三 離婚
 四 再婚
 五 婚外カップル

U 視点の転換
 一 法律と慣習のズレ
 二 日本の歴史から見た近現代の特殊性
 三 世界から見た日本の特殊性――氏・戸籍制度の比較から

V 多角的に見た姓
 一 新民法「相続」における男女平等の幻想
 二 墓と姓
 三 仕事と姓
 四 男性と姓
 五 子どもと姓
 六 差別と姓

W 別姓のススメ
 一 別姓のススメ
 二 別姓の実態――フィフティ・フィフティの生き方
 

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20170304 REV:
姓/夫婦別姓 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)