HOME > BOOK

『水俣病にまなぶ旅――水俣病の前に水俣病はなかった』

原田 正純 19850120 日本評論社,310p


このHP経由で購入すると寄付されます

原田 正純 19850120 『水俣病にまなぶ旅――水俣病の前に水俣病はなかった』,日本評論社,310p. ISBN-10: 4535575266 ISBN-13: 978-4535575264 2600 [amazon] ※ b

■書評・紹介

◆「鎌田 慧さん お薦めの一冊」
 http://www.takagifund.org/interview/kamata/book.html

■引用

 あとがきより
 「水俣病については、すでに多くのすぐれた研究発表や著者や写真集などが公表されている。すでに、出すぎたという感じがしないでもない。口の悪い連中は”出版公害”などと冷かすこともあるほどだ。しかし[…]
 […]『苦海浄土』(石牟礼道子著)はその美しい筆致で水俣におこった地獄と失われゆく故郷〔ふるさと〕を描いた。人人が高度成長、所得倍増にうかれて、水俣の存在を過去のものとして忘れ去ろうとしていたとき、水俣を通してこの世のありようを鋭く問い直したものであった。同様な意味では写真家の桑原史成、東大工学部の宇井純の仕事も重要な役割を果たした。多くの人たちが、石牟礼さんらの文章を通じ、あるいは写真を通じて覚醒させられたのである。そして水俣病事件の歴史で、支援に立ちあがり、重要な役割を果たした人たちの中に、これらの名著、名写真の強<0307<い影響を受けた人たちがいた。
 まさに、これらは高度成長後のわが国の未来に対する一つの啓示であった。患者が立ちあがり、市民・学生が立ちあがり、学者・弁護士をまき込んで、第一次水俣病裁判ははじまった。その間、ユージン・スミスの写真集は、水俣の現実を世界中に拡げる大きな役割を果たしたのである。」(原田正純[1985:307-308])

■言及

◆立岩 真也 2008 『…』,筑摩書房 文献表


UP:20071114 REV:
原田 正純  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)