HOME > BOOK >

『ポスト・マルクス主義と政治――根源的民主主義のために』

Laclau, Ernesto & Mouffe, Chantal 1985Hegemony and Socialist Strategy: Towards a Radical Democratic Politics,Verso.
=20000330 山崎 カヲル・石澤 武 訳,大村書店,315p


Last Update:20101011
このHP経由で購入すると寄付されます

■Laclau, Ernesto & Mouffe, Chantal 1985Hegemony and Socialist Strategy: Towards a Radical Democratic Politics,Verso.
=20000330 山崎 カヲル・石澤 武 訳,『ポスト・マルクス主義と政治――根源的民主主義のために』 大村書店,315p ISBN-10:475632021X  ISBN-13:978-4756320216  \3150  [amazon][kinokuniya] ※

■内容
内容(「MARC」データベースより)
根源的、絶対自由的な民主主義をいかにして構築するか。マルクス主義を脱構築し、新たなヘゲモニー概念を提起。新しい社会変革思想の形成に取り組む。1990年刊の復刻新版。

Book Description
How is the present crisis of left-wing thought to be understood? To what extent does it call into the question the idea of social totality that underpinned Marxism and many other socialist theories? Does the concept of hegemony imply a new logic that goes beyond the essentialism of classical Marxist thought? These are some of the questions that this now seminal book attempts to answer. It traces the genealogy of the present crisis, from the nineteenth-century debates to the contemporary emergence of new forms of struggle, making it a classic text both for understanding hegemony and for focusing on present social struggles and their significance for democratic theory.

■目次
第1章 ヘゲモニー概念の系譜学
(ローザ・ルクセンブルクのジレンマ
危機―ゼロ度の
危機への第一の応答―正統派マルクス主義の形成 ほか)
第2章 ヘゲモニー―新しい政治戦略の困難な出現
(複合的発展と偶発性の論理
「階級同盟」―民主主義と権威主義とのあいだで
グラムシによる転換 ほか)
第3章 社会的なものの実定性を越えて―敵対性とヘゲモニー
(社会編成と重層的決定
節合と言説
「主体」というカテゴリー ほか)
第4章 ヘゲモニーと根源的な民主主義
(民主主義革命
民主主義革命と新しい敵対性
反民主主義的攻勢 ほか)

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:八木 慎一 
UP:20101011 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK 
 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)