HOME > BOOK >

『優生学の名のもとに――「人類改良」の悪夢の百年』

Kevles, Daniel J. 1985 In the Name of Eugenics: Genetics and the Uses of Human Heredity
New York: Knopf, x+426p.
=19930925 西俣総兵訳,朝日新聞社,529p. ISBN: 4022566469 2854


このHP経由で[boople][bk1]で購入していただけると感謝。
(購入額の約3%が、また以下の[boople]からなら5%が寄付されます。)

◇Kevles, Daniel J. 1985 In the Name of Eugenics: Genetics and the Uses of Human Heredity, New York: Knopf, x+426p.=19930925 西俣総兵訳,『優生学の名のもとに――「人類改良」の悪夢の百年』,朝日新聞社,529p. ISBN: 4022566469 2854 [kinokuniya][品切] ※ b

□内容(「BOOK」データベースより)
IQテストや家系調査によって「劣等者」「欠陥者」を決め、隔離や強制断種まで行った英米の苦い歴史…。遺伝子操作の時代に蘇ろうとする暗い影に警鐘を鳴らす。
□内容(「MARC」データベースより)
IQテストや家系調査によって「劣等者」「欠陥者」を決め、優生学の名のもとに隔離や強制断種まで行った英米の苦く暗い歴史。遺伝子操作のこの時代によみがえろうとするこの暗い影に警鐘を鳴らし、差別と抹殺の科学を検証する。

優生学の創始者―フランシス・ゴールトン
生物測定学の創始者―カール・ピアソン
偉大なる思想の信奉者―チャールズ・ダヴェンポート
優生思想の普及
優生運動の堕落と欠点
種の再生への道
さまざまな優生立法
高まる優生学への批判
偽りの生物学
ライオネル・ペンローズとコルチェスター調査
優生学の改革運動
素晴らしき新生物学
人類遺伝学の確立
イギリス学派の最盛期
血液・ビッグサイエンス・生化学
染色体―製本のミス
新しい優生学
人間の遺伝への干渉
神の抹殺
解説 日本における優生思想・優生運動の軌跡


UP:20040908
優生学  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)