HOME > BOOK >

『現代差別イデオロギー批判――マイナス・イメージの社会学』

八木 晃介 19840910 批評社,369p.

Tweet
last update:20180508

このHP経由で購入すると寄付されます


八木 晃介 19840910 『現代差別イデオロギー批判――マイナス・イメージの社会学』,批評社,369p. ASIN: B000J731D2 欠品 [amazon] ※ w/yk02.htm, d04 m34 f04 eg a05

■内容

(筆者あとがきより)
本書で私がめざしたのは、差別イデオロギーの批判的摘出と解析であり、同時にそれを軸に、日本人の精神史をある程度まで系譜的に総括することであった。

■目次

序章 差別意識と差別思想
第一章 宿業・輪廻イデオロギー
第二章 浄穢観念と貴賤観念
第三章 血統幻想と天皇イデオロギー
第四章 隔離主義の思想的系譜
第五章 社会ダーウィン主義と優生思想
第六章 能力主義と学歴主義
第七章 管理主義と差別・排外
第八章 差別表現の文化構造

あとがき
引用文献
索引

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:塩野 麻子
UP:20180508 REV:
八木 晃介  差別(discrimination)  ◇ 水俣病  ◇家族 family  ◇ 優生学・優生思想 (eugenics)   ◇ 能力主義・業績原理/属性原理(abelism, ascription / achievement)   ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)