HOME > BOOK


『ガンと安楽死――共存・安楽生の時代を迎えて』

太田 典礼・田村 豊幸 編 19840915 人間の科学社, 2+208p. 780


このHP経由で購入すると寄付されます


■太田 典礼・田村 豊幸 編 19840915 『ガンと安楽死――共存・安楽生の時代を迎えて』,人間の科学社, 2+208p. ASIN: B000J6V09A 780 [amazon] ※/三鷹490 et.

村山 良介・田村 豊幸・太田 典礼 19840915 「ガン共存・安楽生の時代」(鼎談)  太田・田村編[1984:3-28]
水口 公信 19840915 「ガンと鎮痛」
 太田・田村編[1984:29-40]
田村 豊幸 19840915 「患者と家族の立場から考えたガンのクスリと安楽死」
 太田・田村編[1984:41-57]
村山 良介 19840915 「鎮痛医療推進協会」
 太田・田村編[1984:59-72]
太田 典礼 19840915 「随想三題」
 太田・田村編[1984:73-90]
植村 肇 19840915 「ガン患者の看護体験」
 太田・田村編[1984:91-100]
橋本 弘 19840915 「患者の意志決定から誇り高き人間の意志決定へ」
 太田・田村編[1984:101-109]
田村 豊幸 19840915 「大学生は安楽死をどう考えるか」
 太田・田村編[1984:111-207]



◆村山 良介・田村 豊幸・太田 典礼 19840915 「ガン共存・安楽生の時代」(鼎談),太田・田村編[1984:3-28]

■言及

◆立岩 真也 2009 『唯の生』,筑摩書房 文献表


UP:20040829 REV:20080814 
  ◇太田典礼  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)