HOME > BOOK >

『ぼくの手、おちゃわんタイプや――先天異常と子どもたち』

先天性四肢障害児父母の会 19840810 三省堂,157p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■先天性四肢障害児父母の会 19840810 『ぼくの手、おちゃわんタイプや――先天異常と子どもたち』,三省堂,157p. ISBN:4385349193 ISBN-13:978-4385349190 \1050 [amazon][kinokuniya] ※ c10 eg-j

■目次
わたし
わたしが生まれたときのお父さん、お母さん
わたしの日常生活
どうして指がないの?
ぼくの手、遺伝なの?
あなたと先天異常
資料

■引用
 この本では、先天異常の中でも、主に、生まれつき指や手足などの一部がない、という障害をもっている子どもたちが主人公です。
 手や足や指のない子どもたちは、どのように暮らしているのでしょうか?手や足がないという障害はどうして起きるのでしょうか? まわりの人たちは、その子のことをどう考えればいいのでしょう?
 子どもたちは、みんなといっしょに生きています。
 この子どもたちのかかえている様々な問題について、みなさんといっしょに考えてゆきたいと思い、この本をつくりました。
 この子どもたちの問題は、とくべつな家庭だけに起きるとくべつな問題ではなく、現代に生きるすべての人々の問題でもあると思うからです。(はしがきより)

■書評・紹介

■言及



*作成:櫻井 浩子
UP:20081030 REV:
子/育児  ◇優生学・日本  ◇身体×世界:関連書籍 1980'  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)