HOME > BOOK >

『はたらく若者たち――1979〜81』

後藤 正治 19830800 日本評論社→20041116 岩波文庫,340p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■後藤 正治 19830800 『はたらく若者たち――1979〜81』,日本評論社
→20041116 岩波文庫,340p. ISBN-10: 4006031017 ISBN-13: 978-4006031015 1000+税  [amazon]

■ 内容(「BOOK」データベースより)
かつて日本人は勤勉だった。切削油の匂い、坑道にたちこめる炭塵、甲板に照りつける真夏の太陽、闇に浮かぶレールの鈍い光、滴り落ちる汗、酌み交わした コップ酒…そんな情景に、はたらく若者たちの秘かな吐息が聞こえる。労働現場にとびこみ寝食を共にして書き上げたノンフィクション作家若き日の労作。働か ない時代の若者たちに捧ぐ。

■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
後藤 正治
1946年京都市に生まれる。72年京都大学農学部卒業。ノンフィクションライター。『空白の軌跡』で潮ノンフィクション賞、『遠いリング』(岩波現代文 庫)で講談社ノンフィクション賞、『リターンマッチ』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもので す)

■目次

潮風匂う男たち
長距離便
原生国有林
二一〇キロの下
泥の世界
システム・エンジニア
憂鬱なる鉄鋼王国
ネジ工場
延縄漁船
ジョッキー渡世
猪飼野暮らし
地下労働者
ガス突出
下請組夫の歌

本書への覚え書き

普通の人の普通以上の人生(太田順一)


UP:20080128
BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)