HOME > BOOK >

『死の臨床――わが国における末期患者ケアの実際』

池見 酉次郎・永田 勝太郎 編 19820910 誠信書房,286p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■池見 酉次郎・永田 勝太郎 編 19820910 『死の臨床――わが国における末期患者ケアの実際』,誠信書房,286p. ISBN-10: 441480101X ISBN-13: 978-4414801019 2500 [amazon] 東社協492.9 d01.t01.,

■言及

◆池見 酉次郎・永田 勝太郎 編 19841210 『日本のターミナル・ケア――末期医療学の実践』,誠信書房,7+316p. ISBN-10: 4414801028 ISBN-13: 978-4414801026 3000 [amazon][kinokuniya] ※ d01.t02.

 「昭和57年9月に、誠信書房から、私どもの編著になる『死の臨床』を出版したところ、同書に分担執筆していただいた先生方の間でも、かなり大きな意見の食い違いがあることがわかり、また、それらの点について、読者からも意見が寄せられた。実際問題として、このテーマに関するかぎり、各人各様の素養と体験をもとにして論じていただき、それらをほとんどそのまま読者に提供し、読者自身の判断によって各人各様にそれらの内容を活用していただくより他はない、というのが現状である。しかし、この新しいテーマについて、この方面でのリーダーである先生方やパラメディカルの方たちが、忌憚なく意見を交換される「場」を作ることによって、このテーマに関する理論や技法の体系化に、一歩でも前進することができれば、それが、今日の混乱を緩和するのに役立つことが予想された。
 そこで」(p.i 序文,池見)


UP:20080410 REV:
BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)