>HOME >BOOK

『分裂病は治るか』

林 宗義 19820625 弘文堂,220p.

last update:20140911

このHP経由で購入すると寄付されます


Tweet


■林 宗義 19820625 『分裂病は治るか』,弘文堂,220p. ISBN-10:4335650426 1700+ [amazon][kinokuniya] ※ m

■内容

■目次

序文……土井 健郎

まえがき
第一章 分裂病は治るか
 一 はじめに――分裂病についての一般通念
 二 分裂病の多様性
 三 分裂病の治療について
 四 分裂病の治癒に対する考え方
 五 治癒係数(Recovery Index)の概念について
 六 治癒係数の臨床応用
 七 おわりに――将来への期待
第二章 精神病院と地域医療――至適入院の概念を焦点として
 一 入院治療と精神医療の一貫性
 二 「入院」が患者に与える精神的影響
 三 「入院」が家族に与える影響
 四 至適入院の三つの段階と入院係数
 五 至適入院と地域医療
第三章 日本の精神医療への提言
 一 日本の精神医学を見る
 二 日本の精神医療を見る――精神衛生十ヶ条に基づいて
 三 日本の社会復帰活動を語る――谷中輝雄氏との対談
第四章 良い精神科医とは
 一 優秀な臨床医である
 二 日本の精神医療システムを理解する
 三 精神医学と共に成長する
 四 自己の経験と共に成長できる柔軟な学習態度をとる
 五 精神科医の職業病にかからない

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:安田 智博
UP: 20140911 REV: 20140911
精神障害/精神医療 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)