HOME > BOOK >

『翻訳語成立事情』

柳父 章 19820420 岩波書店,212p.


このHP経由で購入すると寄付されます

柳父 章  19820420 『翻訳語成立事情』,岩波書店,212p.ISBN-10:4004201896 ISBN-13:978-4004201892 \735 [amazon][kinokuniya] l03 r05

■内容
かつてこの国に「恋愛」はなかった。「色」や「恋」と区別される“高尚なる感情”を指してLoveの翻訳語がつくられてから一世紀ほどにすぎない。「社会」「個人」「美」「自然」「権利」「自由」「彼・彼女」などの基本語が、幕末から明治期の人びとのどのような知的格闘の中から生まれ、日本人のものの見方・考え方をどう導いてきたかを探る。

■目次
まえがき
1 社会
  societyを持たない人びとの翻訳法
2 個人
  福沢諭吉の苦闘
3 近代
  地獄の「近代」、あこがれの「近代」
4 美
  三島由紀夫のトリック
5 恋愛
  北村透谷と「恋愛」の宿命
6 存在
  存在する、ある、いる
7 自然
  翻訳語の生んだ誤解
8 権利
  権利の「権」、権力の「権」
9 自由
  柳田国男の反発
10 彼、彼女
   物から人へ、恋人へ

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岡田 清鷹
UP:20080908 
自由・自由主義 リベラリズム liberalism  ◇愛 love/帰属 belonging/承認 recognition   ◇身体×世界:関連書籍 1980'  ◇BOOK
 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)