HOME > BOOK >

『「きめ方」の論理――社会的決定理論への招待』

佐伯 胖 19800425 東京大学出版会,328p.

last update:20110314

このHP経由で購入すると寄付されます

■佐伯 胖 19800425 『「きめ方」の論理――社会的決定理論への招待』,東京大学出版会,328p. ISBN-10:4130430173 ISBN-13:978-4130430173 \2625 [amazon][kinokuniya]

■内容

■目次


はしがき

序章 「どうしたらいいと思う?」

T 投票による決定
 一 意外な投票結果
 二 多数決原理の矛盾
 三 単記投票方式の矛盾
 四 上位二者の決戦の功罪
 五 複数記名投票による改善効果
 六 順位評点法による順序づけの諸問題
 七 投票における「勝者」の意味

U 民主的決定方式は存在するか――アロウの「一般可能性定理」をめぐって――
 一 投票制度と経済政策
 二 アロウの一般可能性定理
 三 高校生にもわかる「一般可能性定理」の証明
 四 アロウ以後の社会的決定理論

V 個人の選好に対する社会的規制
 一 個人選好の制約と多数決による決定の存在条件
 二 社会による順序か社会による選択か
 三 選択肢の考慮範囲と決定の不変性

W 個人の自由と社会の決定――自由主義のパラドックスをめぐって――
 一 自由主義のパラドックス
 二 センの定理に対する反論
 三 戦争による解決は正当化されるか――ギバードの解決とその批判――
 四 他人の権利を認めた個人の自由の行使
 五 自由主義のパラドックスがもたらしたもの

X ゲーム理論と社会道徳
 一 ゲーム論の道徳観
 二 ゲーム理論の基本公理
 三 効用の可速性と期待効用最大化原理
 四 ミニマックス原理と均衡解の存在性
 五 非零和ゲームと囚人のディレンマ
 六 囚人ディレンマの実験的研究
 七 談合と仲裁による紛争解決の論理
 八 「取っ組み合い」の土俵としての社会道徳

Y 「公正な立場」からみた社会的決定の論理
 一 アダム・スミスにおける「同感」の概念と公正さ
 二 ロールズの『正義論』をめぐって
 三 功利主義による社会倫理の諸問題

Z 平等な社会と個人の倫理性
 一 利己心仮説の崩壊
 二 パレート性神話の崩壊
 三 不平等感覚の是正
[ 多様性の中に調和を――倫理社会の決定理論――
 一 観点のちがいと選好のちがい
 二 選ぶモノと選ぶコト
 三 開かれた社会的決定――「未知なるもの」の制度的導入――
 四 倫理的人間による、倫理的人間のための、倫理的社会の構築へ

文献
事項索引
人名索引

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志
UP:20110314 REV:
『理解できない他者と理解されない自己――寛容の社会理論』 ◇自由・自由主義 リベラリズム ◇Sen, Amartya K. ◇『慣習と規範の経済学』 ◇『道徳感情論』 ◇正義(論) Theory of Justice ◇経済(学) economics身体×世界:関連書籍 1980'  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)