HOME > BOOK >

『現代日本の病理解明――教育・差別・福祉・医療の経済学』

八代 尚宏 19800321 東洋経済新報社,242p.

last update:20101211

このHP経由で購入すると寄付されます

■八代 尚宏 19800321 『現代日本の病理解明――教育・差別・福祉・医療の経済学』,東洋経済新報社,242p. ASIN:B000J8ACEM   [amazon] ※ i04j

■内容

■目次


はしがき
序章 現代日本の病理とは何か
1福祉社会と政府の役割
2本書の構成と要約

第1章「受験地獄」はなぜ生じるか
1高学歴社会の実態と問題点
 @ 「学歴主義」ははたして悪いのか
 A 高学歴化社会の実態
 B 高学歴化の問題点

2学歴主義の経済合理性
 @ 人的資本理論と教育投資の収益率
 A 教育投資の収益率についての実証研究
 B 教育投資収益率の個人差

3人的資本理論とその批判
 @ 教育の消費・投資論争
 A 教育の選別効果
 B 人的資本理論と選別理論の関係

4「受験地獄」の経済的メカニズム
 @ 教育ママの経済合理性
 A 若干の政策的提言

第2章 男女差別と日本の労働市場
1人はなぜ差別を行うか

2男女間賃金格差の要因分析
 @「差別」と「格差」の違い
 A賃金格差の要因

3「差別」の経済理論
 @差別の謎
 A「偏見」による説明
 B「需要独占」による説明
 C職場の「混雑」による説明
 D「情報不足」による説明
 E「差別」の2つの意味

4企業内労働市場における差別
 @女子就業の不安定性
 A離職率と賃金格差の関係
 B特殊訓練の意味

5賃金プロファイルによる差別の分析
 @賃金格差の3つの要因
 A賃金プロファイル関数の推計

6政策的提言
 @「男女平等法」の効用
 A「合理的な差別」への対策

第3章 公的年金制度効率化への道

1社会保障の「効率化」とは
2国民生活の安定と公共部門の役割
 @「生活安定」の2つの意味
 A家族の生活保障機能の低下
 B家庭規模の縮小
 C家計資産の充実

3公的年金制度の役割とその限界
 @公的年金の必要性
 A公的「強制」年金の根拠
 B公的年金積立金の運用上の問題点
 C保険収支均等原則の崩壊
 D高齢化社会と年金制度

4年金の給付水準と制度間格差
 @「最適な給付水準」とは
 A経過年金の問題点
 B老齢福祉年金と公的扶助
 C制度間格差と基本年金構想
 D国民年金保険と国庫負担
 E年金制度における女性の位置

5年金制度改革の方向
 @積立方式の徹底化
 A国民年金保険の「保険化」
 B年金制度の個人化と自由化
 C年金と扶助のポリシー・ミックス

第4章 医療保険の理想と現実
1医療サービスの「特殊性」とは
2公的医療保険の問題点
 @私的保障と公的保障
 A医療保険の所得再分配機能
 Bモラル・ハザード
 C医療技術と経済コスト
3医療サービスの需給ギャップ
 @医療機関の混雑現象
 A救急医療と僻地医療対策
4医療保険の財政問題
 @医療保険と年金保険の比較
 A増大する国民医療費
 B人口高齢化の影響
 C医療費インフレーション
5医療保険の制度間格差
 @悪化する保険収支
 A制度間格差の歴史的経緯
 B制度間の財政力格差の要因
6医療保険改革の方向
 @医療保険の効率化
 A「健康維持会社」の提案

第5章 高等教育と所得再分配
1教育機会の平等と所得分配
2教育投資と所得分布
 @コールマン報告と教育の生産関数
 A学歴社会は虚像か
 B生産関数の推計上の問題点
3高等教育における公共部門の役割
 @機関補助と個人補助
 A教育の機会均等の意味
 B教育費の公的負担の所得分配効果
4高等教育政策の方向
 @大学への補助から個人への援助へ
 A奨学金と教育ローン
 B高等教育と政府の役割
あとがき

■引用

■書評・紹介

■言及

◆立岩 真也 1997/09/05 『私的所有論』,勁草書房,445+66p. ISBN-10: 4326601175 ISBN-13: 978-4326601172 6300 [amazon][kinokuniya] ※

立岩 真也 20130520 『私的所有論 第2版』,生活書院・文庫版,973p. ISBN-10: 4865000062 ISBN-13: 978-4865000061 1800+ [amazon][kinokuniya] ※


*作成:竹川 慎吾
UP:20101211 REV: 
年金  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)