HOME > BOOK >

『脳性麻痺の運動障害――評価と治療の考え方』(原著第2版)

Bobath, Karel 1980 A Neurophysiological Basis for the Treatment of Cerebral Palsy (2nd Edition of CDM23), William Heinemann Medical Books Limited [London]=19800930 寺沢 幸一・梶浦 一郎 監訳,医師薬出版,150p.

last update:20110331

このHP経由で購入すると寄付されます

■Bobath, Karel 1980 A Neurophysiological Basis for the Treatment of Cerebral Palsy (2nd Edition of CDM23), William Heinemann Medical Books Limited [London]=19800930 寺沢 幸一・梶浦 一郎 監訳,『脳性麻痺の運動障害――評価と治療の考え方』(原著第2版),医師薬出版,150p. ISBN-10: 4263210352 ISBN-13: 978-4263210352 2500 [amazon][kinokuniya] ※ cp

■内容

“ボバース法”の神経生理学的アプローチの原理を詳述し,好評を博してきた原著初版(1966年)を全面的に改稿した新版.最新の神経生理学的知見とボバース博士の深い洞察力および長年の臨床的事実の集積から内容がより一層充実.写真も多数掲載されている.

■目次

いとぐち
正常姿勢反射機構
正常な運動協調の重要な特色
脳性麻痺児評価における正常発達の応用
脳性麻痺におけるトーンと姿勢
緊張性反射
脳性麻痺の病型
脳性麻痺の早期診断
脳性麻痺の治療
訳者注

■引用


■書評・紹介


■言及



*作成:村上 潔
UP: 20110331 REV:
脳性麻痺/脳性マヒ/脳性まひ(Cerebral Palsy)  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)