HOME > BOOK >

『殺される側の論理』

本多 勝一(ほんだ かついち) 19781031 朝日新聞社,新版,381p.

Tweet
last update: 20180225

このHP経由で購入すると寄付されます


■本多 勝一 19781031 『殺される側の論理』,朝日新聞社,新版,381p. ASIN:B000J8LIR2 欠品 [amazon]

■目次

母親に殺される側の論理
ソンミ事件に潜むもの
やはりアメリカを弁護できない
ソンミ事件をめぐるアメリカ人宣教師との公開討論
ヒロシマの死と京都の生
マイアミ連合からベトナムまでの合衆国の道程
由比忠之進への弔辞
オキナワと真珠湾
在日黒人留学生
O・ケーリというアメリカ人を救え
調査される者の眼
探検さ・黷髑、の論理
民族の歴史と夢との関係
旅に出・トこられる側の眼
北大教授・知里真志保博士の死
陵辱者

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:安田 智博
UP:20160704 REV: 20180225
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)