HOME > BOOK >

『レポート・小論文・卒論の書き方』

保坂 弘司 19781010 講談社,248p.

last update:20110627

■保坂 弘司 19781010 『レポート・小論文・卒論の書き方』,講談社,248p. ISBN-10:4061582976 ISBN-13:978-4061582972 \924 [amazon][kinokuniya]  ※

■内容

出版社/著者からの内容紹介
学生生活にレポート・論文はつきものである。また大学入試や就職試験における論文の比重もますます強まる傾向にある。本書は、そのような現状にある高校生・大学生を対象に、レポート・論文の書き方を豊富な具体例を引きながら詳述した。テーマの捉え方や資料の探し方、また構成の立て方など、論文作成のコツを披露、一読だれもが論文を書けるための、実際的かつ速効的な指針に満ちた好著である。

著者紹介
明治39年(1906)新潟県柏崎市鯨波に生まる。早稲田大学文学部国文学部卒業。昭和女子大学教授。主著は『日本文学の新系譜』(1943)・『源氏物語詳解―その語法と評釈』(1959)・『大鏡新考』(1974)・『大鏡全評釈』(全2巻,1979)・『大鏡研究序説』(1979)など。昭和58年没。

■目次

はしがき
第一章 レポートはどう書くか
第二章 小論文はどう書くか
第三章 大学卒論はどう書くか
付表I 同音の漢字による書きかえ
付表II 誤りやすい熟語例
付表III 誤りやすい漢字例
付表IV 全国図書館特殊蔵書一覧

■引用

■書評・紹介

■言及




*作成:片岡稔
UP:20110627 REV:
アカデミック・スキルズ身体×世界:関連書籍  ◇BOOK 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)