HOME > BOOK >

『女の現在――育児から老後へ』

伊藤 雅子 19780220 未来社,238p.

Tweet
last update:20161102

このHP経由で購入すると寄付されます


■伊藤 雅子 19780220 『女の現在――育児から老後へ』,未来社,238p. ISBN-10:4624500202 ISBN-13:978-4624500207 1200+ [amazon][kinokuniya] ※ f03

■内容

[miraisha] 未来社ホームページより

育児期と老後の谷間に踏み迷っているいまの女の状況・母と子のあり方を著者はたんねんに見据え、いまの女には何が衰弱しており、どんな力が必要なのかを探る。

■目次

まえがき
(一)
はじめに 大人の女がまなぶということ
1 女と現在
2 女と育児期
3 主婦・家事・職業

(二)
現代の母性を考える
育児と老後の谷間@
育児と老後の谷間A
主婦たちの「失語症」
自分の名前
わが子のまぶしさ
子どもは<つくるもの>か
育児の全力投球
働くことと育てること
女が働くこと――『田村俊子とわたし』(丸岡秀子著)を読んで
愛という名の貨幣
親と子の<入院留学>

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20161102 REV:
フェミニズム (feminism)/家族/性… 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)