HOME > BOOK >

『ナース――ガン病棟の記録』

Anderson, Peggy[アンダーソン・ペギー]1978 NURSE =19810405 中島 みち 訳,時事通信社,348p

last update:20101008

このHP経由で購入すると寄付されます

■Anderson, Peggy[アンダーソン・ペギー]1978 NURSE
=19810405 中島 みち 訳『ナース――ガン病棟の記録』,時事通信社,348p. 1648 [amazon] ※

■目次

著者のことば
1.ある日の八階病棟
2.衝撃の現実、看護婦の厳しい試練
3.心の看護、そして看護の難しさ
4.スノウイング、安らかな死
5.感謝祭の病棟
6.扱い難い患者たち
7.死、そして死にゆくことへの直面
8.チャンスの到来
9.セックスという難問
10.弱い部分の切り捨て、スタッフ管理の試練
11.また戻ってきたケリー
12.夫、ロン
13.患者の家族の問題
14.看護婦と医師のあいだ
15.ベッドサイドの看護から離れて
16.病の地獄にたえて
17.過誤
18.想い出のクリスマス休暇
19.最後に打つ手
20.その年も終って
21.新しい年が始まる
訳者あとがき

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:片岡 稔
UP: 20101008 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)