HOME > BOOK >

『幼児期と歴史――経験の破壊と歴史の起源』

Agamen,Giorgio 〔ジョルジョ・アガンベン〕 1978Infanzia e storia Giulio Einaudi editore,
=20070126 上村 忠男 訳,岩波書店,262p


このHP経由で購入すると寄付されます

 Agamen,Giorgio 〔ジョルジョ・アガンベン〕 1978Infanzia e storia Giulio Einaudi editore,
=20070126 上村 忠男 訳,『幼児期と歴史――経験の破壊と歴史の起源』岩波書店,262p
 ISBN-10:400025457X ISBN-13:9784000254571 \3360 [amazon][kinokuniya] ※ lc01

■目次

序 言語表現と活動
インファンティアと歴史――経験の破壊にかんする歴史
おもちゃの国――歴史と遊戯にかんする省察
時間と歴史――瞬間と連続の批判
君主とカエル――アドルノとベンヤミンにおける方法の問題
おとぎ話と歴史――プレセペにかんする考察
ある雑誌のための綱領
解説――アガンベン読解のための第三の扉
訳者あとがき

■引用

「私たちは、遊戯と儀礼のあいだには照応と同時に対立の関係が存在するのではないかという仮説を立ててみることができる。両者はともに暦及び時間と関係をとりむすんでいるが、しかしまた、この関係はそれぞれの場合では逆立ちしたものになっているという意味においてである。儀礼のほうは暦を固定し構造化する。遊戯のほうは、その様式と理由については今のところはまだわからないが、それを変化させ破壊する」(「おもちゃの国」P123)」

「おもちゃの国では、住民たちは儀礼を執り行い、聖なる対象や言葉を操作することに専念しているのだが、しかしながら、その意味と目的は忘却してしまっているのだ。そして、この忘却を通じて、バンヴェニストのいう粉砕と店頭を通じて、それらが聖なるものを暦およびそれが認可する時間の循環的リズムとの結びつきから解き放ち、こうして、時刻が「電光石火」のごとく走りすぎていきながら、日々に変化はないといったような、時間のもうひとつの別の次元に入り込むとしても、なんら驚くことはないのである。遊戯することによって、人間は聖なる時間から解き放たれ、それを人間的な時間おなかで「忘却」するのだ」(「おもちゃの国」P123)

「私たちが先に報告しておいた定義は、儀礼と遊戯とは両者ともに通時態と共時態との間のずれを生み出すための機械なのだという意味においては修正されなければならないことになる。」(「おもちゃの国」P133)

「儀礼と遊戯、通時態と共時態とのあいだのこのような構造的相関関係から、私たちは既にいくつかの無視しえない結果を引き出すことができる。それというのも、人間社会が、この光のもとでは、対立する二つの傾向の経過する単一の総体としてわたしたちにたち現れるのだとすれば、そして一方は通時態を共時態に変形することをめざしており、他方は逆の効果を目指しているのだとすれば、これら二つの傾向の駆け引きから最後に結果するもの、システム―人間社会―が生み出すものは、いずれにしても、通時態と共時態のあいだのずれであり、歴史、つまりは人間的時間である。」(「おもちゃの国」P134)

「歴史の対象は通時態ではないのであって、あらゆる人現社会を特徴付けている、通時態と共時態の間の対立なのである。もし歴史的生成が出来事の単なる継起、全体的な通時態として表象されるなら、そのときには、システムの一貫性を救済するために、あらゆる点的瞬間において作動している隠された共時態なるものを想定せざるを得なくなる(それは因果的法則ないしは目的論として表象される)。が、その意味するところは、ただ弁証法的に、グローバルな過程の中でのみあらわになる。しかし、共時態と通時態とが交叉したものとしての点的瞬間(絶対的現在)というのは、たんに神話であるに過ぎない。この神話を西洋の形而上学は自らの二重の時間概念の連続性を維持するために利用しているのである」(「おもちゃの国」P135)

「こうした見方のもとでは、歴史が儀礼を遊戯に変形し、遊戯を儀礼に変形するシステムとして立ち現れるとするなら、二つの社会類型(「熱い」社会と「冷たい」社会 作成者注)のあいだの相違は質的なものではなく、量的なものであることになる。」(「おもちゃの国」P137)

「たとえば、わたしたちの社会をながめてみるなら、わたしたちの社会はこれらの問題にもはやわずらわされることはなくなっていると信じており、過去から現在への指示記号の伝達を合理的に解決してしまっていると信じているが、ヴァールブルク学派がかくも豊かで模範的な研究を捧げてきたように、その事後の生のうちに、過去の指示記号のうちに、「亡霊たち」をみとめるには、さほどの苦労はいらないだろう」(「おもちゃの国」P151)

*作成:近藤 宏
 
UP:20081104 REV:20090724
ジョルジョ・アガンベン  ◇Levi-Strauss,Claude哲学/政治哲学/倫理学  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)