HOME > BOOK >

『交通の経済学』

岡野 行秀 編 19771225 有斐閣,有斐閣双書365,294p.

Tweet
last update: 20200123

このHP経由で購入すると寄付されます


■岡野 行秀 編 19771225 『交通の経済学』,有斐閣,有斐閣双書365,294p.ISBN-10: 4641081808 ISBN-13: 978-4641081802 欠品 [amazon][kinokuniya]

■内容

表紙より

 通勤地獄、交通公害、また運賃値上げなど、交通問題は、日常生活と密接に関連した重要な問題です。本書は、さまざまな交通現象に経済理論の光をあてて分析し、交通問題の核心とその考え方をわかりやすく解説しています。


■目次

T 交通経済学の基礎
 1  経済活動と交通の条件
 2  交通の需要
 3  交通の供給
 4  交通市場
 5  運賃・料金の決定
 6  交通の社会的費用と費用負担
 7  交通投資と経済効果
 8  交通調整
 9  交通政策――補助の問題

U 現代の交通問題
 10 企業の立地と集積経済
 11 なぜ速い交通問題の選択が高まったか
 12 国鉄の赤字は貨物が原因か
 13 ラッシュの混雑は解消できるか
 14 交通市場の競争と規制
 15 交通機関別分担関係確率論――長距離輸送は鉄道、短距離輸送は自動車
 16 国鉄の運賃制度
 17 都市における自動車の社会的費用
 18 交通投資は土地価格を上げるか
 19 イコール・フッティング論
 20 赤字と財政補助――地域交通の財政

 索引


■引用



■書評・紹介



■言及





*作成:岩ア 弘泰
UP: 20200123 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)