HOME > BOOK >

『社会と精神病理』

加藤 正明 19760925 弘文堂,340p.

last update:20140911

このHP経由で購入すると寄付されます

■加藤正明 19760925 『社会と精神病理』,弘文堂,340p. ASIN:B000J9OHXS 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ m

■内容

■目次

まえがき
第一章 文化と精神病理
 一 精神病理学を超えるもの
 二 ビルマにおける集団表象、原始ヒステリーおよび精神障害――その文化精神医学的考察
 三 神経症の日本的特性――特に「対人恐怖」について
第二章 社会病理の諸問題
 一 抑留状況の精神病理
 二 自殺の社会精神医学
 三 学生の自殺
 四 日本における依存性薬物乱用の動向
第三章 精神障害の疫学
 一 小都市における精神障害者の生態学的研究
 二 疫学的精神医学
 三 国際疫学分類と精神疾患概念
第四章 治療社会の諸問題
 一 精神療法家の制約について
 二 治療社会における人間関係の研究
 三 精神障害に対する認識および治療態度に関する研究
 四 昼間通所治療(Day Care)に関する研究
 五 今日の病院医療と精神療法
第五章 地域社会と職場の問題
 一 精神分裂病と現代社会
 二 地域社会精神医学の展望
 三 地域精神衛生の世界的動向と日本の現状
 四 都市化と精神障害
 五 地域社会における老年精神医学の問題点
 六 職場における精神衛生の問題点
第六章 精神衛生と健康概念
 一 アメリカ精神衛生の動向
 二 ソ連精神医学と精神障害者対策の動向
 三 精神衛生と健康概念
 四 倦怠の心理と病気

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:安田 智博
UP: 20140911 REV: 20140911
精神障害/精神医療 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)