HOME > BOOK >

『続 死ぬ瞬間――最期に人が求めるものは』

Kubler-Ross, Elisabeth 1975 Death : The Final Stage of Growth, Prentice-Hall
=19771115 川口正吉訳,『続 死ぬ瞬間――最期に人が求めるものは』,読売新聞社, 285p.
=1999 鈴木晶訳,『続・死ぬ瞬間――死、それは成長の最終段階』,読売新聞社,330p
→2001 中央公論新社,中公文庫,349p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■Kubler-Ross, Elisabeth 1975 Death : The Final Stage of Growth, Prentice-Hall=19771115 川口正吉訳,『続 死ぬ瞬間――最期に人が求めるものは』,読売新聞社, 285p. ASIN: B000J8Z2GU 1236 [amazon] ※,=1999 鈴木晶訳,『続・死ぬ瞬間――死、それは成長の最終段階』,読売新聞社,330p. ISBN-10: 4643990252 ISBN-13: 978-4643990256 1890 [amazon][kinokuniya]→2001 中央公論新社,中公文庫,349p. ISBN-10: 4122039339 ISBN-13: 978-4122039339 [amazon][kinokuniya] d01.

■=1999

(「BOOK」データベースより)
死は人間の成長の最後のチャンスである。様々な文化、宗教、職業の観点から死を考察した迫真のレポート。フレッシュな名訳でよみがえる現代の古典。

内容(「MARC」データベースより)
死を恐れる必要はない。死は人間の成長の最後のチャンスであるのだから。様々な文化、宗教、職業の観点から死を考察した迫真のレポート。1977年刊の完全新訳改訂版。

■=2001

内容(「BOOK」データベースより)
人が目的のない虚しい人生を送ってしまう原因の一つは、死の否認である。永遠の命を持っているように生きていると、やるべきことを先延ばしにしがちだからだ。死を意識することによって、人間は最後の段階まで成長する―。死とその過程をめぐる問題を、末期患者や医療現場からの声をもとに考察する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
キューブラー・ロス,エリザベス
精神科医。1926年、スイスのチューリッヒに生まれる。チューリッヒ大学に学び、1957年学位を取得。その後、渡米して、ニューヨークのマンハッタン州立病院、コロラド大学病院などをへて、1965年、シカゴ大学ビリングズ病院で「死とその過程」に関するセミナーを始める。1969年に『死ぬ瞬間』を出版して国際的に有名になる

鈴木 晶
1952年東京生まれ。東京大学文学部ロシア文学科卒業、同大学院人文科学研究科博士課程満期修了。現在、法政大学国際文化学部教授。専攻は文学批評、精神分析学、舞踊史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


UP:20080403 REV:
Kubler-Ross, Elisabeth  ◇
TOP HOME (http://www.arsvi.com)