HOME > BOOK >

『故郷喪失者たち――近代化と日常意識』

Berger, Peter L & Berger, Brigitte & Kellner, Hansfried 1973 The Homeless Mind: Modernization & Consciousness,New York: Random House,258+xiip.
=19771020 高山真知子・馬場伸也・馬場恭子訳,新曜社,283+vp.

last update: 20100823

このHP経由で購入すると寄付されます

■Berger, Peter L & Berger, Brigitte & Kellner, Hansfried 1973 The Homeless Mind: Modernization & Consciousness,New York: Random House,258+xiip.
=19771020 高山真知子・馬場伸也・馬場恭子訳,『故郷喪失者たち――近代化と日常意識』,新曜社,283+vp.ASIN: B000J8XSQ6 \1995 [amazon] ※

■内容


■目次

著者まえがき i
序章 近代性の問題と知識社会学 1

I部  近代的意識
1章  工業生産と意識 25
2章  官僚制と意識 46
3章  社会的生活世界の複数化 70
補章 名誉という概念の衰退について 95
4章  近代的意識――パッケージと担い手 112

II部 近代化
5章  パッケージの伝播 137
6章  意識の衝突 162
7章  近代化と反近代化のイデオロギー 186

III部 脱近代化
8章  近代性とそれに対する不満 211
9章  意識の脱近代化 234
10章 脱近代化の限界 252
結論 政治的可能性 271

訳者あとがき 277

■引用

冷戦期の西側先進国(第一世界)における第三世界への期待――現代日本における「共同体」への郷愁と重なる――への疑義
しかしながら,目下西欧諸国ではやっている,いわゆる第三世界に関するシオニズム――すなわち,現代社会のすべてがかかえるおもな問題に対する解答が第三世界のどこかで打ち出されつつある,という熱烈な期待――には,疑問の余地がある〔中略〕その国について西欧の「シオニスト」の抱くイメージは,しばしばその国の経験的現実とはほとんど似ていない〔中略〕我々は,脱近代化主義者たちの第三世界に対する関心が健全な直感に基づいていると述べた.しかし我々は,この直感が,実現可能な方向に関する正確な情報や醒めた評価をほとんどともなっていることがないということを,付け加えなければならない(267; 下線はコンテンツ作成者が加筆).

■書評・紹介

上野 千鶴子,1978,「P. L. バーガー,B. バーガー,H. ケルナー著 高山真知子・馬場伸也・馬場恭子訳『故郷喪失者たち――近代化と日常意識』」『季刊人類学』9(4): 218-21.

■言及

◇馬場 伸也,19821008,「地方主義と国際政治――アイデンティティの模索と葛藤」『年報政治学』32: 19-42.([外部リンク]Journal@rchiveで全文閲覧可.PDFファイル.)

◇寺田 良一,19821231,「脱産業社会論の変容と分析軸」『社会学評論』33(3): 44-62.([外部リンク]Journal@rchiveで全文閲覧可.PDFファイル.)

岡原 正幸・木田 邦治,19880618,「現代社会と感情・序説」『年報社会学論集』1: 35-46.([外部リンク]Journal@rchiveで全文閲覧可.PDFファイル.)

◇礒田 朋子・清水 新二,19910720,「家族の私事化に関する実証的研究」『家族社会学研究』3(1): 16-27; 116.([外部リンク]Journal@rchiveで全文閲覧可.PDFファイル.)

◇中江 桂子,19911231,「社会構成原理としての名誉」『社会学評論』42(3): 278-92; 328.([外部リンク]Journal@rchiveで全文閲覧可.PDFファイル.)

◇小倉 康嗣,19980605,「大衆長寿化社会における人間形成へのアプローチ」『年報社会学論集』11: 59-70.([外部リンク]Journal@rchiveで全文閲覧可.PDFファイル.)

◇清水 新二,20050228,「家族問題研究からみた現代家族の意義と意味――保健機能と自分物語」『家族社会学研究』16(2): 47-60.([外部リンク]Journal@rchiveで全文閲覧可.PDFファイル.)

◇新 睦人,20080630,「現代社会論の現在」『社会学評論』59(1): 16-36.([外部リンク]J-Stageで全文閲覧可.PDFファイル.)


*作成:藤原 信行
UP: 20100823 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)