HOME > BOOK

『ヨーロッパの老人福祉』

森 幹郎 19700415 全国社会福祉協議会,259p


このHP経由で購入すると寄付されます

森 幹郎 19700415 『ヨーロッパの老人福祉』,全国社会福祉協議会,259p. ASIN: B000J9OXZA 480 [amazon] ※ b a02 a06

■目次
自序
Ⅰ はじめに-一般的な共通点の概説

1 老人ホームのパターン
2 地域社会の中の老人ホーム
3 居宅福祉
4 センチナリアン イギリスーソビエト連邦―ハンガリー
5 第11回国際リハビリテーション会議
6 第3回国際ホーム・ヘルプ会議
7 ボランタリー活動
8 浮浪者
9 住宅保障(北欧)
10 アル中(北欧)

Ⅱ各国編―老人福祉施設の特徴―
〈イギリス〉
11 老人福祉
12 老人ホーム
13 一日福祉事務所長としての体験
14 WRVS
15 保健福祉十年計画

〈アイルランド〉
16 老人福祉

〈西ドイツ〉
17 老人ホームおよび老人住宅の最低基準
18 匂いの花園
19 老人ホーム・ヘルパー
20 老人職業紹介事業
21 寮母試験
22 地域福祉センター
23 社会事業高校
24 ベーテルの町

〈オランダ〉
25 老人工場
26 3つの十字社

〈ルクセンブルグ〉
27 修道院の老人ホーム

〈デンマーク〉
28 老人福祉
29 グリーンランド島

〈フィンランド〉
30 老人福祉
31 医療実態調査
32 赤十字社
33 ホーム・ヘルプ・サービス法
34 子どもの城
35 スロット・マシンの効用
36 北極圏の社会福祉
37 フィンランドの社会政策に関する2,3の印象

〈ノルウェー〉
38 老人福祉
39 社会福祉
40 私生児

〈スウェーデン〉
41 ホーム・ヘルパー
42 家庭でのリハビリテーション

〈ソビエト連邦〉
43 老齢年金
44 老人体操

〈ポーランド〉
45 社会事業学校
46 ソーシャル・ワーカー


■引用

 「わたくしは昭和四四年の二月から一〇月までの間、西欧、北欧および中東の国々に滞在して、老人に対する保健福祉の実態を体験的に学ぶ機会を与えられた。本書はまず上司に対する出張復命書であり、また同時に、関係者に対する体験的報告記でもある。……」(森 1970「自序」より)

5 第11回国際リハビリテーション会議

「リハビリテーションという言葉はいまだに専門家の間の専門用語であって、一般の日本人の間には正しく理解されていない。老人福祉の仕事にたずさわっている者の間でさえも、今なお、この言葉を誤解しているものがある。つまり、リハビリテーション訓練は、身体障害者には必要であるが、老人には必要でないと考えられているのである。老人は、いわば人生の下り坂を歩いているものであり、しょせん、土に帰るべきものであるから、リハビリテーションなど必要ではない、むだなことである、というのである。
リハビリテーションの考え方が一部関係者の間で理解されるにいたったのは、日本では、ようやく戦後のことである。以来、今日までの短い期間にあって、老人リハビリテーションの考え方がひろく正しく理解されるのは、困難なことであったと思うが、その理由は、リハビリテーションという言葉の日本語への訳語の問題とわが国における人間理解、人間尊重の精神の欠除とに基づくものである。
まず第一の理由から考えてみよう。リハビリテーションという言葉は、第一義的には、人をして再び適応させるという意味である。この場合、対象者がどの程度まで再び適合できるかということは、問題ではない。言葉をかえていうと、その残された能力、回復力の範それで十分なので、これがリハビリテーションである。
日本では、リハビリテーションとは、労働社会に復帰することであると考えられてきた。これがリハビリテーションの考え方が出発の当初から誤解されてきた原因である。
老人の機能、能力は、としとともに減退していく。そしてその場合、残された能力、回復する能力は人によって、みなちがっており、したがって、どの程度まで再び適応することができるかということは、人によってみなちがうのである。
要するに、リハビリテーション訓練によって、労働者として社会に復帰できる人もあれば、できない人もあるわけである。多くの人は、社会に復帰できそうも場合、リハビリテーション訓練など必要ないと考えがちであるが、それは、先にも述べたように、リハビリテーションという言葉を社会復帰と訳してしまったことによるものである」(40-42)


「老人とは人生においてすべてのものを失ったものである。健康、財産、子ども、時には夫を、妻を失った場合もあろう。そして、いまは帰るべき日を待つだけである。しかし、それにもかかわらず、その老いの日に何か残されたものがあることを信じ、それを発見しようと努め、そして残されたものを生かすことのできる老人はしあわせである。老人にも、たとえ、どんなにとい老いていても、何か残されたものがあるはずである。リハビリテーション訓練は、衰えた能力を維持し、その低下を防ぎ、時にはその能力を増進させるのである」(46)

42 家庭でのリハビリテーション
「二度目のスウェーデン滞在であるが、前回と同様、やはり、リハビリテーションについて大きな関心があった。6年前と同じなのか、それとも進歩しているのか、進歩しているとしたらそれはどんな点なのか、いろいろ期待と興味とが入り交じっていた。
ストックホルムの中心から、北にバスで20分ほどのところに、カロリンスカ病院がある。大学の付属病院で、ヨーロッパ最大の病院と言われている。この前ここで、私はリハビリテーション医学についての洗脳を受け、ウェルフェア(福祉)についての開眼を体験したのであった。
さて、今度のスウェーデン滞在で、私はこの国のリハビリテーションは大きな進歩をしているのを知った。それは、リハビリテーションが単に施設の中のものではなく、家庭生活の中にとけこんでいたからである。いろいろな補助具の助けをかりてまがりなりにも家庭での生活を営んでいる人たちを何十人と訊ねてみた。いわゆる家庭復帰という意味においてリハビリテーションが成功しているのであった」(244)

「要するに老齢年金ではやっていけないほど、老人病院でも老人ホームでもコストは高いのである。だから自分の家庭でいつまでも生活したいという老人のニードを充足するということもさることながら、施設保護の非経済性にはほとほと手を焼いている、というのがいつわらざる実情と見受けた。リハビリテーションはこうした経済的な必要性にも応えているのである」(245-246)


UP: 20080116 REV: 20090316 田島 明子
森 幹郎  ◇老い  ◇介助・介護  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)