HOME > BOOK >

『積極的心理療法――その理論と技法』

Fromm-Reichmann,F 1950 Principles of Intensive Psychotherapy,The University of Chicago Press
=19640115 阪本 健二 訳,誠信書房,266p.

Tweet
last update:20180529

このHP経由で購入すると寄付されます


■Fromm-Reichmann,F 1950 Principles of Intensive Psychotherapy,The University of Chicago Press =19640115 阪本 健二 訳 『積極的心理療法――その理論と技法』,誠信書房,266p. ISBN-10: 4414402123 ISBN-13: 978-4414402124 欠品 [amazon] [kinokuniya]

■内容

(amazonより引用)
 医師患者間の相互関係の推移をみつめ、患者の人間関係の障害を明確にし、存在の根源に治療のメドを発見するライヒマンの治療論の集大成。人間の問題にたずさわる人びと、とりわけすべての精神分析医の興味のもととなる必読の書。

■目次

T 精神科医:その私的ならびに職業的要請
 1 医師ー患者関係の情緒的側面についての洞察
 2 医師ー患者関係における精神科医の役割
 3 心理療法の目標に関係のある、文化的ならびに倫理的価値に対する精神科医の態度
 4 治療状況をつくりあげようとするとき精神科医が考慮すべきこと
U 心理療法の過程:患者と治療者
 5 イニシャル・インタビュー(初回面接)
 6 精神分析過程に関する序説
 7 連想、周辺思考、身体感覚および心理療法におけるこれらの利用法
 8 解釈とその適用
 9 心理療法の面接のはじめかたとおわりかた
 10 治療の終結
V 積極的心理療法補遺
 11 患者と治療者の人生に生じるできごとに対処する精神科医の態度
 12 親族との接触

■引用

■書評・紹介

■言及



*更新:能面 ゆきお
UP: 20180529
身体×世界:関連書籍BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)