HOME > BOOK >

本を郵送します&紹介

本のコーナー

Tweet
last update: 20150913


・以下、生存学研究センターが関係する本,あるいは委託されて販売している本を紹介します。
・本屋さんでは売ってないものがあります。割引価格で購入することができるものがあります。
・御注文は立岩TAE01303@nifty.ne.jpまでお願いいたします(氏名・送付先をお忘れなく)。
・お送りする本の中に振替用紙を同封いたしますので,それを使って御送金ください。
・送料:厚さ〜1センチ80円、〜2センチ160円。それ以上は冊子小包料金。
ここに掲載されていない本(約2割引)・論文等でお送りできるものもあります。

   □『生存学』他
   □生存学研究センターより発送する本
   □立岩の著書・共著書→別頁
   □その他

 
>TOP



『生存学』,生活書院
 2310円 → 1840円(+1冊の場合送料メール便160円→2000円)


新山 智基 2011/12/01 『世界を動かしたアフリカのHIV陽性者運動――生存の視座から』,生活書院,216p. ISBN-10:4903690857 ISBN-13:978-4903690858 3150 [amazon]
 3150円→2200円+送料実費 ※3割引です

★Van Parijs, Philippe 1995 Real Freedom for All-What (if Anything) Can Justify Capitalism?, Oxford University Press=後藤 玲子齊藤 拓 訳 200912 『ベーシック・インカムの哲学――すべての人にリアルな自由を 新装版』,勁草書房,494p. ISBN-10: 432610192X ISBN-13: 978-4326101924 \6000 [amazon][kinokuniya] ※
 6300円→5000円+送料実費

★田島 明子 2009/06/25 『障害受容再考――「障害受容」から「障害との自由」へ』,三輪書店,212p. ISBN-10: 4895903389 ISBN-13: 978-4895903387 1890 [amazon][kinokuniya]
 1890円→1600円(うち100円はアフリカ協議会に寄付します)+送料160円

★新田 勲 20120815 『愛雪――ある全身性重度障害者のいのちの物語』,第三書館,上:448p. ISBN-10: 480741206X ISBN-13: 978-4807412068 1800+ [amazon][kinokuniya] ※ 下:352p. ISBN-10: 4807412078 ISBN-13: 978-4807412075 1200+ [amazon][kinokuniya] ※ d00p.d00h.i051970.
 上+下:3150円→2500円+送料実費

★立岩 真也・堀田 義太郎 20120610 『差異と平等――障害とケア/有償と無償』,青土社,342+17p. ISBN-10: 4903690865 ISBN-13: 978-4903690865 2200+110 [amazon][kinokuniya] ※ w02, f04
 2310円→1800円+送料実費

★立岩 真也・村上 潔 2011/12/05 『家族性分業論前哨』,生活書院,360p. ISBN-10: 4903690865 ISBN-13: 978-4903690865 2200+110 [amazon][kinokuniya]
 2310円→1800円+送料実費

『現代思想』36-3(2008-3) 20080301 特集:患者学――生存の技法
 青土社,246p. ISBN-10: 4791711777 ISBN-13: 978-4791711772 1300 [amazon]
 1300円 → 1000円+送料 ※もうすぐ出版社売り切れだそうです(2009.3)。

『現代思想』36-02(2008-02) 20080201 特集:医療崩壊――生命をめぐるエコノミー,青土社,246p. ISBN-10: 4791711769 ISBN-13: 978-4791711765 1300 [amazon]
 1300円 → 1000円+送料 ※出版社売り切れとなりました。

『現代思想』2004年11月号 特集:生存の争い
 1300円 → 1000円+送料  ※出版社売り切れとなりました。

『現代思想』2003年11月号 特集:争点としての生命
 1300円 → 1000円+送料 ※出版社売り切れとなりました。

『現代思想』34-(2006年12月号) 20061201 特集:自立を強いられる社会 1300 ISBN4-7917-1157-2 [amazon][kinokuniya] ※, b d
 http://www.seidosha.co.jp/index.php?%BC%AB%CE%A9%A4%F2%B6%AF%A4%A4%A4%E9%A4%EC%A4%EB%BC%D2%B2%F1
 1300円 → 1000円+送料 ※手元在庫なくなりました。

☆横塚 晃一 20070910 『母よ!殺すな』,生活書院,432p. ISBN-10: 4903690148 ISBN-13: 9784903690148 2625 [amazon][kinokuniya] ※  2625円 → 2100円+送料
 手元在庫なくなりました。 ※ 
>TOP

生存学研究センター報告
 *ご希望の方は生存学研究センターにご連絡ください。
  送料実費でお送りできます。連絡先は以下のとおりです。
  生存学研究センター事務局 E-mail: ars-vive@st.ritsumei.ac.jp
  TEL:075-465-8475、内線:2393(9:00〜17:30)FAX:075-465-8342
  〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1立命館大学
 *他の書籍と一緒の場合はTAE01303@スパム対策nifty.ne.jpでご注文うけたまわります。

他の報告書の多くは印刷・製本したものは品切れになっております。ワード・ファイル等で御送付します

 
>TOP

*販売を引き受けさせていただいている本*

多くは品切れになっております。その場合はすみません。

☆「生きる力」編集委員会編 20061128 『生きる力――神経難病ALS患者たちからのメッセージ』,岩波書店,岩波ブックレットNo.689,144p. ASIN: 4000093894 840 [amazon][kinokuniya] ※
 http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?isbn=ISBN4-00-009389-4 ※, b d als
 840円 → 600円+送料 ※手元在庫なくなりました。

★三井 絹子 20060520 『抵抗の証 私は人形じゃない』,発行:「三井絹子・60年のあゆみ」編集委員会・ライフステーション ワンステップかたつむり,発売:千書房,299p. ISBN4-7873-0046-6 2100 [kinokuniya][amazon][JUNKDO] ※,
 2100円+送料でお送りいたします。

★清水 昭美 19790715 『増補 生体実験――安楽死法制化の危険』(三一書房,825円+税,現在書店で購入不可)
 を900円+送料でお送りいたします。

★向井 承子 19900320 『病いの戦後史――体験としての医療から』
 筑摩書房,246p. 1495円(絶版)
 1000円+送料でお送りします。

★向井 承子 20010130  『脳死移植はどこへ行く?』
 晶文社,317p. 1800円+税
 1500円+送料でお送りします。

『現代思想』2004年11月号 特集:生存の争い
 1238+税=1300円 → 1000円+送料

『現代思想』2003年11月号 特集:争点としての生命
 (含:立岩「現代史へ――勧誘のための試論」→資料
 1238+税=1300円 → 1000円+送料 *在庫切れ

『DPI われら自身の声』22-2 20060811 \800
 特集:障害者の「生」と「尊厳死」――尊厳死って何?
 800円+送料。売り上げの全額はDPI日本会議に送金します。
  *在庫なくなりました。

*分担執筆者として関わった本等*

ほとんどは手元在庫切れです。すみません。

『社会政策研究』4号特集:障害者と社会政策
 東信堂,337p. 2800+税 → 2400円+送料

★横田 弘 20040125 『否定されるいのちからの問い――脳性マヒ者として生きて 横田弘対談集』,現代書館,262p. ISBN:4-7684-3437-1 2200+税
 2200+税110=2310円 → 2000円+送料
 (含:横田・立岩「差別に対する障害者の自己主張をめぐって」(対談))

★石川 准・倉本 智明 編 20021031 『障害学の主張』,明石書店,294p.
 2600+税130=2730円 → 2200円+送料
 (含:立岩「ないにこしたことはない、か・1」)

『障害学への招待 ―社会、文化、ディスアビリティ― 』
 1999年3月 明石書店
 2800+税140円→2400円+送料(1冊だと310円)
 (含:立岩「自己決定する自立――なにより,でないが,とても,大切なもの」)

★全国自立生活センター協議会 編 20010501 『自立生活運動と障害文化――当事者からの福祉論』
 発売:現代書館,480p.
 3500+税175=3675円 → 3000円+送料
 (含:立岩「高橋修――引けないな。引いたら、自分は何のために、一九八一年から」)

★DPI日本会議+2002年第6回DPI世界会議札幌大会組織委員会 編 20030530 『世界の障害者 われら自身の声――第6回DPI世界会議札幌大会報告集』,現代書館,590p. 3000 [bk1]
 3000+税150=3150円 → 2500円+送料
 cf.立岩 真也 2003/08/25「その後の本たち・1」(医療と社会ブックガイド・30)
  『看護教育』44-08(2003-08):(医学書院)

★齋藤 有紀子 編 20020910 『母体保護法とわたしたち――中絶・多胎減数・不妊手術をめぐる制度と社会』,明石書店,271p.
 2000+税100=2100円 → 1700円+送料 *あと1冊
 (含:立岩「確かに言えること と 確かには言えないこと」)

★倉本智明・長瀬修編 20001127 『障害学を語る』
 発行:エンパワメント研究所,発売:筒井書房
 189p.,2000円+税→1700円+送料
 (含:立岩「手助けを得て、決めたり、決めずに、生きる――第3回日本ALS協会山梨県支部総会での講演」)

『少年非行と子どもたち』
 後藤弘子編 1999年8月 明石書店,子どもの人権双書5 264p.
 1800円+税90円→1500円+送料
 (含:立岩「子どもと自己決定・自律――パターナリズムも自己決定と同郷でありうる,けれども」)

>TOP

*委託されて販売しているもの*

多くは品切れになっております。その場合はすみません。

『当事者主体の権利擁護に向けて――「福祉新時代」へのチャレンジ』
 DPI権利擁護センター 20000330 A4×155p. 1200円+送料

『欠格条項にレッドカードを!――障害者欠格条項の見直しに関する提言』
 A4版、約170頁 1500円+送料→1200円+送料

『国際的障害者運動の誕生:障害者インターナショナル・DPI』
 ダイアン・ドリージャー著・長瀬修訳 200009 発行:エンパワメント研究所
 発売:筒井書房 2000+税100=2100→1800円+送料

★『当事者主体のケアマネジメント――立川市における身体障害者ケアガイドライン試行事業を実施して』
 自立生活センター・立川 1997 51p. 1200円→960円+送料

★『自立生活センターにおけるケアマネジメント』
 自立生活センター・立川 1998 40p. 800円→640円+送料

★『高橋修と共に過ごした日々――高橋修さん追悼文集』
 発売:自立生活センター・立川 1999 130p.,1000円→800円+送料

『自立生活センター(CIL)の管理・運営マニュアル 改訂版』
 自立生活センター・立川 20000301 99p. 1000円→800円+送料

『ともに生きる地域社会をめざして――CIL・立川10周年記念誌』
 自立生活センター・立川 20001003 120p.,1000円→800円+送料

『セルフマネジドケアハンドブック』
 ヒューマンケア協会 20000330 2000円+送料→1600円+送料

『当事者主体の介助サービスシステム――カナダ・オンタリオ州のセルフマネジドケア』
 ヒューマンケア協会 19990130 B5版・234p.
 2000円+送料→1600円+送料

『障害当事者が提案する地域ケアシステム ―英国コミュニティケアへの当事者の挑戦―』
 ヒューマンケア協会ケアマネジメント研究委員会 199801
 ヒューマンケア協会・日本財団,199801,131p.,1500円+送料

『自立生活センターの誕生 ―ヒューマンケアの10年と八王子の当事者活動―』
 ヒューマンケア協会 19960707 1500円+送料→1100円+送料

『ニード中心の社会政策――自立生活センターが提唱する福祉の構造改革』
 ヒューマンケア協会 19940331 1000円+送料 →テキスト・ファイル版で提供します

。 ★『自立生活への鍵 ―ピア・カウンセリングの研究―』
 ヒューマンケア協会 19920925 1200円+送料
 ※在庫切れです。ヒューマンケア協会に直接に御注文ください。

『自立生活への衝撃 ―アメリカ自立生活センターの組織・運営・財務―』
 ヒューマンケア協会 19911101 1200円+送料→1000円+送料

 各組織の刊行物については、売上がその運営資金にあてられます。

 ※紹介・販売したい書籍,報告書を紹介してください。



>TOP

▼[終了した企画]

*長野大学産業社会学部 編 20020802 『いま、生と死を考える』,郷土出版社,215p.
 1600+税80=1680円 → 800円+送料 *あと1冊→なくなりました(2004.02)
 (含:立岩「強いことによる死――「安楽死」について」)
 手元の分がなくなりました。本屋さんでお買い求めください。

*『障害者虐待を許さない! ―水戸・知的障害者虐待事件を通して、障害者の人権を考える―』
 副島洋明(水戸事件弁護団),水戸事件のたたかいを支える会
 1500円+送料 cf.水戸事件
 手元の分がなくなりました。

『人権ガイドラインを展望する』&『資料集』
 療護施設自治会全国ネットワーク 2000 2500円+送料
 手元の分がなくなりました。

*市野川 容孝 編 20020822 『生命倫理とは何か』,平凡社,202p.
 2200+税110=2310円 → 1900円+送料
 (含:立岩「ノーマライゼーション」「自立生活運動」)
 手元の分がなくなりました。本屋さんでお買い求めください。

*川崎 賢子・中村 陽一 編 20000229 『アンペイド・ワークとは何か』
 藤原書店,323p. 2800円+税=2940円→2400円+送料
 (含:井上泰夫・姜尚中・立岩「アンペイド・ワークから見えてくるもの――グローバリゼーション,ポストコロニアル,家族・地域」)
 手元の分がなくなりました。&出版社品切れらしいです(200308)。→増刷になりました。本屋さんでお買い求めください。

*野口裕二・大村英昭編 20000730 『臨床社会学の実践』,有斐閣
 2000+税100=2100円 → 1700円+送料
 (含:立岩「なおすことについて」)
 手元の分がなくなりました。本屋さんでお買い求めください。

『社会政策研究』01 20001120 特集:社会政策研究のフロンティア
 東信堂,192p. 2000円+税100円→1700円+送料
 (含:立岩「多元性という曖昧なもの」)
 手元の分がなくなりました。本屋さんでお買い求めください。

『所有のエチカ』
 大庭健・鷲田清一編 20001010 ナカニシヤ出版,叢書思想のフロンティアIII,243p.
 2200+税110=2310円
 (含:立岩「死の決定について」)
 手元の分がなくなりました。本屋さんでお買い求めください。

『医療社会学を学ぶ人のために』
 進藤雄三・黒田浩一郎編 1999年10月 世界思想社
 2200円+税110円→1900円+送料
 (含:立岩「資格職と専門性」)
 手元の分がなくなりました。本屋さんでお買い求めください。

*大澤 真幸 編 20000405 『社会学の知33』
 新書館,246p. 2000円+税=2100円→1700円+送料
 (含:立岩「正しい制度とはどのような制度か」)
 手元の分がなくなりました。本屋さんでお買い求めください。

*『フェミニズムの主張』
 江原由美子編 勁草書房,1992年5月 2700円+税→2300円+送料
 (含:立岩「出生前診断・選択的中絶をどう考えるか」)
 手元の分がなくなりました。本屋さんでお買い求めください。

*『性の商品化』
 江原由美子編 勁草書房,19950520 3000円+税150
 (含:立岩「何が性の商品化に抵抗するのか」)
 手元の分がなくなりました。本屋さんでお買い求めください。

『NPOが変える!? ―非営利組織の社会学― 』
 1500円+送料(1冊の場合340円)
 ※1000部印刷。売切れ(2000.01)です。
 ※10冊ほど預けてあった分が戻ってきました(2000.07)。なくなるまで販売します。
 ※なくなりました(2000.10)。全文をこのホームページに掲載しました。ご覧ください。

20009(抜刷はなくなりましたがコピーをお送りすることはできます。)

 *以上のどれかを御注文の方で&御希望の方に、拙稿
  ◇2000/02/05「選好・生産・国境――分配の制約について(上)」
   『思想』2000-2
  ◇2000/03/05「選好・生産・国境――分配の制約について(下)」
   『思想』2000-3
   関連資料
  の「抜刷」を同封して発送いたします。
  (合せて400字詰170枚ほどの論文です。)
  御希望の方は、その旨、Eメイルに記してくださるようお願いいたします。
200008

◇副田 義也・樽川 典子 編 20000525 『現代家族と家族政策――流動する社会と家族II』,ミネルヴァ書房,250p. ISBN:4-623-03042-3 3675 [amazon][kinokuniya] ※
 ※手元にあった分はなくなりました。本屋さんで御注文ください。
 ※出版者品切れのようです。立岩の文章をファイルでお送りすることできます。(2011/01)

◇『療護施設・グループホーム・一人暮し――脳性マヒ者の3つの暮し方』
 立岩真也・杉原素子・赤塚光子・佐々木葉子・田中晃・名川勝・林裕信・三ツ木
 任一,放送大学三ツ木研究室,19980320,166p.
 1000円+送料 残部僅少→売切れ(2000.07)です。

『自立生活センター(CIL)の管理・運営マニュアル<――NPO(民間非営利団体)の組織運営についての実務書』
 自立生活センター・立川,19980420,1500円+送料
 (売切れです。すみません。現在1冊もありません。)

『障害者という場所 ―自立生活から社会を見る(1993年度社会調査実習報告書)・』
 売切れです。全ての報告がこのホームページから提供されます。

  ※
  高橋修氏を追悼し
  『障害学への招待』発行,『生の技法』(初版から数えて)第8刷,
  『私的所有論』第9刷刊行を記念?して
  1999年3月より,◆印の本の売り上げ30万円まで,その全額を
  安積遊歩の主催するNGO
  「バタバタの会」(フィリピンの障害をもつ子どもと家族を支援)他に
  寄付します。(『生の技法』共著者一同)
  (★印の本は委託販売なので,お金は発行元に行きます。)

 ※
 『QOLを考える 21世紀医学フォーラム・京都』が届きました。
 21世紀医学フォーラム編集委員会編,B5,192頁
 昨年秋のフォーラムの報告書です。
 立岩のしゃべった分は
 「大切で危ないQOL」として収められています。
 非売品ですが,手元にある冊数が限られております(8冊→2冊)。
 そこで,よからぬことですが,この報告書を希望される方で,なおかつ,下記の
 他の書物・報告書と一緒に御注文の方に
 (この報告書については無料で)お送りいたします。
 御注文は立岩TAE01303@nifty.ne.jpまで
 8冊がなくなるとこの報告書の「おまけ」はなくなり「他の書物・報告書」だけが
 送られることになってしまいますが,この点,予め御承知おきください。
 (19991104現在・残1冊→なくなりました)

 
>TOP

■著者が取り扱っているもの(直接連絡をとってください)

柘植あづみ『文化としての性殖技術――不妊治療にたずさわる医師の語り』
 松籟社
『精神医療ユーザーのめざすもの――欧米のセルフヘルプ活動』
 メアリー・オーヘイガン著,中田智恵海監訳,長野英子訳
 解放出版社 四六版 248ページ 1800円


REV:......20021011,12,13 ..20060920 ..20080127 1119, 21,25 ..20090227, 0325, 0326, 0520, 0721, 0825, 20100219, 20110122,0801, 20120208, 0503, 20150913
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)