HOME >


きてるをぶ。


生存学研究センター成果・2019


Tweet
last update: 20190410


English
2018 ■2017 ■2016 ■2015 ■2014 ■2013 ■2012 ■2011 ■2010 ■2009 ■2008 ■2007 ■〜2006
データベース&HP更新履歴
本:単著・共著・編書
本:分担執筆・翻訳
生存学センター報告
雑誌『生存学』 vol.1 vol.2 vol.3 vol.4 vol.5 vol.6 vol.7 vol.8 vol.9
グローバルCOE「生存学〈創成〉拠点」の研究支援・成果(アーカイブ)
グローバルCOE「生存学〈創成〉拠点」の研究支援・成果 多言語での発信(アーカイブ)

■2019 ◆論文・報告等:1(予定含む) 主催・関連企画: □学会大会等
*各月のトップに以下から移動することができます。
20191月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

研究資金の獲得


>TOP

▽2019/01


>TOP

▽2019/02


>TOP

▽2019/03


>TOP

▽2019/04


>TOP

▽2019/05


>TOP

▽2019/06

>TOP

▽2019/07

樋澤 吉彦 2018/07/14 「相模原市障害者等殺傷事件を契機とした精神保健福祉制度の動向(第二報)――『あり方検討会報告書』の趣旨転換の様相――」『人間文化研究』30:45-57.

>TOP

▽2019/08


>TOP

▽2019/09


>TOP

▽2019/10


>TOP

▽2019/11


>TOP

▽2019/12



>TOP

助成

大谷 いづみ「生命倫理学前史・成立史における安楽死論とキリスト教の相剋に関する米英日比較研究」,文部科学省 科学研究費補助金 基盤(C)・一般(課題番号:19K00023),研究期間: 2019年4月‐2023年3月.
山本 由美子「バイオ資本主義における子産みの統治性――生命と身体の資源化をめぐる統治技法の分析」,文部科学省 科学研究費補助金 若手研究(課題番号:19K20585),研究期間: 2019年4月‐2022年3月.
吉野 靫(研究代表者)「トランスジェンダーの生存を考える――コスト・遺産・ロールモデルの視点から」,文部科学省 科学研究費補助金 若手研究(課題番号:19K20593),研究期間: 2019年4月‐2022年3月.
樋澤 吉彦「社会福祉学における『社会復帰』概念に関する研究――『触法精神障害者』対策を通して」,日本学術振興会 科学研究費 基盤研究(C)(課題番号:19K02189),研究期間:2019年度‐2021年度・780千円.
渡辺 克典「障害者差別をめぐる社会運動組織間ネットワーク研究」,日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 基盤研究(C) (課題番号:19K02091),研究期間:2019年4月‐2024年3月.

*作成:小川 浩史
UP: 20190403 REV: 20190404(1+4), 0410(1+5)
 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)