HOME > > 全文掲載 >

全文掲載・2008

〜1970's 1980's
1990  1991  1992  1993  1994  1995  1996  1997  1998  1999
2000  2001  2002  2003  2004  2005  2006  2007  2008  2009
2010  2011  2012  2013 
著者名50音順  団体名50音順 学位論文


Tweet
last update: 20150908


■団体


◆末期医療に関する調査等検討会 2008/01/24 「第一回終末期医療に関する調査等検討会議事録」http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/01/txt/s0124-3.txt
◆2008/02/13 中央社会保険医療協議会総会配布資料「平成20年度診療報酬改定における主要改定項目について(案)」(p.175に後期高齢者終末期相談支援料について記載)
 http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/02/dl/s0213-4a.pdf
日本学術会議 臨床医学委員会終末期医療分科会 2008/02/14 「対外報告 終末期医療のあり方について――亜急性型の終末期について」
 http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-20-t51-2.pdf
日本医師会第X次生命倫理懇談会 2008/02/27 「終末期医療に関するガイドラインについて」(答申) http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20080227_1.pdf
◆特定非営利活動法人ALS/MNDサポートセンターさくら会 2008/03/30 「在宅療養中のALS療養者と支援者のための重度障害者等包括支援サービスを利用した療養支援プログラムの開発」事業完了報告書 第一章 DL(Word) DL(Excel)
◆特定非営利活動法人ALS/MNDサポートセンターさくら会 2008/03/30 「在宅療養中のALS療養者と支援者のための重度障害者等包括支援サービスを利用した療養支援プログラムの開発」事業完了報告書 第二章T〜V DL(Word)
◆特定非営利活動法人ALS/MNDサポートセンターさくら会 2008/03/30 「在宅療養中のALS療養者と支援者のための重度障害者等包括支援サービスを利用した療養支援プログラムの開発」事業完了報告書 第二章W〜X,支援者対象アンケート調査 資料i, A DL(Word)・DL(Excel)・DL(Word)DL(Power Point)
◆特定非営利活動法人ALS/MNDサポートセンターさくら会 2008/03/30 「在宅療養中のALS療養者と支援者のための重度障害者等包括支援サービスを利用した療養支援プログラムの開発」事業完了報告書 第三章 DL(Word)
◆特定非営利活動法人ALS/MNDサポートセンターさくら会 2008/03/30 「在宅療養中のALS療養者と支援者のための重度障害者等包括支援サービスを利用した療養支援プログラムの開発」事業完了報告書 第四章 DL(Word)
◆特定非営利活動法人ALS/MNDサポートセンターさくら会 2008/03/30 「在宅療養中のALS療養者と支援者のための重度障害者等包括支援サービスを利用した療養支援プログラムの開発」事業完了報告書 第四章U DL(Word)
◆特定非営利活動法人ALS/MNDサポートセンターさくら会 2008/03/30 「在宅療養中のALS療養者と支援者のための重度障害者等包括支援サービスを利用した療養支援プログラムの開発」事業完了報告書 第五章T DL(Word)・図表DL(Word)
◆特定非営利活動法人ALS/MNDサポートセンターさくら会 2008/03/30 「在宅療養中のALS療養者と支援者のための重度障害者等包括支援サービスを利用した療養支援プログラムの開発」事業完了報告書 第五章U DL(Word)・図表DL(Word)
◆特定非営利活動法人ALS/MNDサポートセンターさくら会 2008/03/30 「在宅療養中のALS療養者と支援者のための重度障害者等包括支援サービスを利用した療養支援プログラムの開発」事業完了報告書 第六章T DL(Word)
◆特定非営利活動法人ALS/MNDサポートセンターさくら会 2008/03/30 「在宅療養中のALS療養者と支援者のための重度障害者等包括支援サービスを利用した療養支援プログラムの開発」事業完了報告書 第六章U DL(Word)
「イーヨンドンPDの消費者告発」 放送日:2008年4月25日 放送局:KBS
◆射水市民病院問題から安楽死・尊厳死を考える連続学習会→富山地方検察庁 2008/07/25 「要望書」
◆障害者欠格条項をなくす会 20080917 「横須賀市職員採用試験(一般事務・身体障害者対象)の受験案内に関する要望書」
DPI日本会議 2008/09/16 「須賀市の一般事務(身体障害者対象)の受験資格に対する抗議文」
◆フォーラム90 2008/10/28 「(死刑執行)抗議声明 2008年10月28日」
◆日本障害者協議会(JD) 2008/12/02「産科医療補償制度」の再検討を求める意見書
◆障害者の生活保障を要求する連絡会議 2008/12/02「産科医療補償制度」撤回を求める要望
◆優生思想に基づく「産科医療補償制度」に抗議する障害当事者全国連合 2008/12/10「産科医療補償制度」の撤回に関する交渉申入れ書
◆DPI女性障害者ネットワーク  200812/10 産科医療補償制度への異議申し立てワード版
◆2008/12/25 「重度訪問介護の利用促進にかかる市町村支援事業」

■個人

天田 城介 2008/01/01 「ケア・2」(世界の感受の只中で・09),『看護学雑誌』72-01(2008-01):-(医学書院)
 http://www.josukeamada.com/bk/bs07-9.htm
◆立岩 真也 2008/01/01 「私が選んだ3冊・2007年の収穫本」,『論座』2008-1
◆立岩 真也 2008/01/01 「ことば、このうっとおしいもの」,『言語』37-1(2008-1):4-5
◆立岩 真也 2008/01/07 「「障老病異」と暮らす社会を目指して」(インタビュー),『京都新聞』2008-1-7,「確かさを求めて・ニッポンのゆくえ第4回
川口 有美子 20080114 「ALSの隠喩、TLS(Totally Locked-in State)を概観する――重篤なコミュニケーション障害をもつ人の在宅介護の体験から」 国際公開シンポジウム 「人間改造のエシックス:ブレインマシンインターフェースの未来」 於:京都大学
立岩 真也 2008/01/15 「自立支援」,加藤尚武他編『応用倫理学事典』,丸善,pp.662-663
立岩 真也 2008/01/15 「パターナリズム」,加藤尚武他編『応用倫理学事典』,丸善,pp.658-659
立岩 真也 2008/01/15 「自己決定」,加藤尚武他編『応用倫理学事典』,丸善,pp.660-662
立岩 真也高田 一樹 2008/01/15 「倫理規定」,加藤尚武他編『応用倫理学事典』,丸善,pp.652-653
野崎 泰伸 20080118 「べーシック・インカム/生活保護/働く/働かない」 研究会 於:同志社大学
佐々木 公一 2008/01/18 『週刊/ALS患者のひとりごと』224 おわりに/東海大学社会福祉学部でのお話の後のご挨拶
◆立岩 真也 2008/01/31 「学者は後衛に付く」,『京都新聞』2008-1-30夕刊:2 現代のことば
四十物 和雄 2008/01 「安楽死・尊厳死と、障害者抹殺思想」,『ゆきわたり』2008.1
堀田 義太郎 2008/01 「ALS/QOL関連文献のレビュー」
堀田 義太郎 2008/01 「ALSにおけるQOL関連因子に対する個別的指標」
児玉 真美 2008/01/** 「英国のMental Capacity Act」『介護保険情報』2008年1月号
天田 城介 2008/02/01 「ケア・3」(世界の感受の只中で・10),『看護学雑誌』72-02(2008-02):-(医学書院) http://www.josukeamada.com/bk/bs07-10.htm
立岩 真也 2008/02/01「二〇〇七年読書アンケート」,『みすず』50-1(2008-1・2):
立岩 真也 2008/02/04 「仕事を分ける――人間の条件・18」,理論社・ウェブマガジン http://www.rironsha.co.jp/special/ningen/index.html 目次等,
◆2008/02/13 「コリン・バーンズ(Collin Barnes)教授インタビュー by 田島 明子」
立岩 真也 2008/02/25 「『〈個〉からはじめる生命論』」(医療と社会ブックガイド・79),『看護教育』48-(2007-12):-(医学書院)
立岩 真也 2008/02/29 「あとがきに代えて」,『生存学研究センター報告・1』:191-195

◇立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点 20080229 『PTSDと「記憶の歴史」――アラン・ヤング教授を迎えて』,立命館大学生存学研究センター,生存学研究センター報告1
西 成彦 2008/02/29 「開会の辞」 11-13p.
◇宮坂 敬造 2008/02/29 「Allan Young教授の紹介」13-16p. 
Allan Young 2008/02/29 "PTSD in the War on Terror" 17-44p.
天田 城介 2008/02/29 「全体討議コメント2」 pp.84-87
Young, Allan 2008/02/29 「Allan Young 教授のリプライ」2 pp.88-93
◇2008/02/29 「フロアからの質問公開および Allan Young 教授のレスポンス」  pp.94-109
松原 洋子 2008/02/29 「閉会の辞」 pp.115-118
Koyake Risa 2008/02/29 資料 "Changes of Memory" pp.115-118
Katayama Tomoya 2008/02/29 資料 "Questions over “places” to spin memories" pp.119-124
小宅 理沙 2008/02/29 指定質問1「記憶の変化」 pp.45-48
片山 知哉 2008/02/29 指定質問2「記憶を紡ぎ出す「場」を巡る問い」 pp.49-53
Young, Allan 2008/02/29 「Allan Young 教授のリプライ」1 pp.54-62
植村 要 2008/02/29 「 先端医療におけるインフォームド・コンセント――想像できない手術を受けた経験の語り」 pp.63-69
櫻井 浩子 2008/02/29 「NICU において親と子がどのように関係性を築いていくのか――18 トリソミー児の親の語りから」 pp.71-77
池田 光穂 2008/02/29 「全体討議コメント1」 pp.78-83
植村 要 2008/02/29 配布資料「先端医療におけるインフォームド・コンセント――想像できない手術を受けた経験の語り」 pp.125-137
櫻井 浩子 2008/02/29 配布資料「NICU において親と子がどのように関係性を築いていくのか――18 トリソミー児の親の語りから」 pp.139-153
UEMURA Kaname 2008/02/29 資料"Informed Consent in State-of-the-Art Medical Care; A Narrative of a Person's Experience of Experimental Surgery" pp.139-153
SAKURAI Hiroko 2008/02/29 資料"How Parents and Children Build a Relationship in the NICU; From Narrative of Parents Who have Infants with Trisomy 18" pp.171-189

◇立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点 20080307 『時空から/へ――水俣/アフリカ…を語る栗原彬・稲場雅紀』 立命館大学生存学研究センター,生存学研究センター報告2,157p. ISSN 1882-6539  ◇栗原 彬 2008/02/29 「歴史のなかにおける問い――栗原彬先生に聞く」 pp.13-49
天田 城介 2008/02/29 「コメントと質問・2」 pp.58-63
◇2008/02/29 「コメントと質問・3」  pp.63-66
栗原 彬 2008/02/29 「栗原先生からのレスポンス」  

◆曽田 夏記 2008/03/01 「紛争後のルワンダにおける障害者の周辺化」,東京大学教養学部国際関係論分科卒業論文
四十物 和雄 2008/03/07 「ハンセン病、障害、優生思想」,『人間回復へのことば』
立岩 真也 2008/03/07 「まえがき」,『生存学研究センター報告・2』:3-4
◆青木 正志・割田 仁・水野 秀紀・糸山 泰人 2008/03/14 「筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する神経再生誘導の試み」,日本再生医療学会 2008/03/14
青木 慎太朗 2008/03/14 「障害者の研究への参加と支援――情報へのアクセスを考える」,北京大学-立命館大学交流デー・研究交流,於:北京大学 PPT 5573k
AOKI Shintaro March 14, 2008 "Supporting Students of Disabilities in Participating in Research Activities: How to Access Necessary Information",Peking University/Ritsumeikan University Research Exchange Joint Symposium PPT 5573k (Japanese)
韓 星民 2008/03/14 「視覚障害者のための支援技術――支援機器開発の現状と課題」,北京大学-立命館大学交流デー・研究交流,於:北京大学 PPT 3788k
HAN Sung-Min HAN March 14, 2008 "Assistive Technology for Blind Persons: Present State of Assistive Technology Development and Issues to Be Addressed", Peking University/Ritsumeikan University Research Exchange Joint Symposium PPT 3763k (English) PPT 3745k (Chinese) PPT 3788k (Japanese)
青木 慎太朗 2008/03/15 「障害者の研究への参加と支援――情報へのアクセスを考える」,北京航空航天大学・立命館大学 研究交流,於:北京航空航天大学 PPT 5573k
AOKI Shintaro March 15, 2008 "Supporting Students of Disabilities in Participating in Research Activities : How to Access Necessary Information", Beihang University/Ritsumeikan University Research Exchange Joint Symposium PPT 5573k (Japanese)
韓 星民 2008/03/15 「視覚障害者のための支援技術――支援機器開発の現状と課題」,北京航空航天大学・立命館大学 研究交流,於:北京航空航天大学 PPT 3788k
HAN Sung-Min HAN March 15, 2008 "Assistive Technology for Blind Persons: Present State of Assistive Technology Development and Issues to Be Addressed", Beihang University/Ritsumeikan University Research Exchange Joint Symposium PPT 3763k (English) PPT 3745k (Chinese) PPT 3788k (Japanese)
佐々木 公一 2008/03/16 『週刊/ALS患者のひとりごと』225 6年生のみなさん、ありがとう
植村 要 2008/03/31 「出版社から読者へ、書籍テキストデータの提供を困難にしている背景について」
植村 要 2008/03/31 「出版社から読者へ、書籍テキストデータの提供を困難にしている背景について」(図1 各出版社の対応と、その理由)
立岩 真也 2008/03/0* 「原料を分ける――人間の条件・19」,理論社・ウェブマガジン http://www.rironsha.co.jp/special/ningen/index.html 目次等,
櫻井 悟史 2008/03/** 「死刑存廃論における「死刑執行人」の位置についての一考察――日本の公文書に見る死刑執行現場の生成と消滅」『Core Ethics』立命館大学大学院先端総合学術研究科,4: 93-104 PDF
Masahiko,NISHIFrontiers and Borderlands of Japanese (Language) Literature The Proceedings of the East Asian-South American Comparative Literature Workshop 2007, Eighteenth Congress of the International Comparative Literature Association, Institute for International Understanding, Tezukayama Gakuin University, March 2008:103-119.
堀田 義太郎川口 有美子 2008/03/** 「LTMV/TPPVの開始・不開始・継続・中止の諸条件に関する文献研究」 『厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)分担研究報告書』 pp. 188-193、Word版(doc)
児玉 真美 2008/03/** 「Katie Thorpe事件続報など」『介護保険情報』2008年3月号
川口 有美子 2008/04/01 「書評:『現代思想』3月号・特集:患者学――生存の技法』」,『KINOKUNIYA 書評空間BOOKLOG』http://booklog.kinokuniya.co.jp/kawaguchi/archives/2008/04/post_19.html
◆立岩 真也 2008/04/01 「「社会人院生」」,『京都新聞』2008-4-1夕刊:2 現代のことば
野崎 泰伸 2008/04/19 「デリダの思想と〈異なりの身体〉をめぐる倫理/政治経済」 研究会 於:東京
◆立岩 真也 2008/04/25 「『現代思想』特集:患者学――生存の技法」(医療と社会ブックガイド・81),『看護教育』48-4(2008-4):-(医学書院),
齋藤 拓 2008/04/30 「ベーシックインカム(BI)論者から見た日本の「格差社会」言説」,『社会政策研究』8:130-152 東信堂
児玉 真美 2008/04/** 「米国 精神障害医療の危機機動チーム」『介護保険情報』2008年4月号
◆立岩 真也 2008/05/01 「障害を持つ人が福祉士を育てる――資格・採用試験ランキング(福祉、医療、保健)」,朝日新聞教育・ジュニア編集部 編 20080510 『2009年版大学ランキング』,朝日新聞出版,959p. ISBN-10: 4022745207 ISBN-13: 978-4022745200 2100 p.198,200 [amazon] ※
◆天田 城介 2008/05/15 「解かれない問い――存在/生存の価値をめぐって」,『緩和ケア』第18巻3号(特集「老いの時代の緩和ケア――どう捉え、実践するか」).**-** http://www.josukeamada.com/bk/bpp52.html
◆立岩 真也 2008/05/25「『〈個〉からはじめる生命論』・2」(医療と社会ブックガイド・82),『看護教育』48-5(2008-5):-(医学書院),
◆臼井 正樹 2008/05 「図書紹介『母よ!殺すな』」,『リハビリテーション』503:32-33
◆守田 憲二 2008/05- 「終末期医療費」http://www6.plala.or.jp/brainx/elcost.htm
◆Edwards, S D 2008/05 "The Ashley treatment: a step too far, or not far enough?", J Med Ethics 34:341-343(紹介:堀田義太郎)
天田 城介 2008/06/01 「人口・1」(世界の感受の只中で・14),『看護学雑誌』72-06(2008-06):-(医学書院)http://www.josukeamada.com/bk/bs07-14.htm
田島 明子・坂下 正幸・伊藤実知子野崎泰伸 2008/06/08 「1980年代のリハビリテーション雑誌のなかの「寝たきり老人」言説」,福祉社会学会第6回大会 於:上智大学
仲口 路子北村 健太郎堀田 義太郎 2008/06/08 「1990年代〜2000年代における「寝たきり老人」言説と制度――死ぬことをめぐる問題――」(報告原稿) 福祉社会学会第6回大会 於:上智大学
野崎 泰伸 200806** 「〈異なりの身体〉をめぐる倫理/政治経済について」 福祉社会学会第6回大会 於:上智大学
◆立岩 真也 2008/06/09 「節約への熱情について」,『京都新聞』2008-6-9夕刊:2 現代のことば,
天田 城介 2008/06/15 「この世界を社会学すること・6」(OTのための教養講座 Lesson2:社会学),『作業療法ジャーナル』(42巻6号).**-**.(三輪書店)http://www.josukeamada.com/bk/bs08-6s.htm
仲口 路子山本 晋輔長谷川 唯北村 健太郎堀田 義太郎 2008/06/15 「ALS患者の在宅独居移行支援に関する調査研究(3)――在宅移行の困難――」(報告原稿) 第22回日本地域福祉学会大会 於:同志社大学
川口 有美子 2008/06/20 「終末期医療、どう考える――後期高齢者終末期相談支援料をめぐって」(インタビュー)『シルバー新報』 2008年6月20日
川口 有美子 2008/06/25 「65歳から始まる後期高齢者医療制度?」『季刊福祉労働』119
立岩 真也 2008/06/25 「『〈個〉からはじめる生命論』・3」(医療と社会ブックガイド・83),『看護教育』48-6(2008-6):-(医学書院),
児玉 真美 2008/06/** 「米国 the Community Choice Act」『介護保険情報』2008年6月号
Goto, Yoshihiko 2008/07 “Cultural Commentary: Critical Understanding of the Special Support Education in Social Contexts,” Disability Studies Quarterly Summer 2008, Volume 28, No.3, The Society for Disability Studies, (http://www.dsq-sds.org/article/view/117/117).
サトウタツヤ 2008/07/06〜2008/09/28 「常識ずらしの心理学」朝日新聞連載  PDFデータ
野崎 泰伸2008/07/16「若い障害者」が怒らなくともよい社会へ」,障害者運動・自立生活・メディア――映画『こんちくしょう』のスタッフと共に考える,於:立命館大学
野崎 泰伸 2008/07/21 「生命の哲学」研究会レジュメ
◆立岩 真也 2008/07/25 「『現代思想』特集:ニューロエシックス――脳改造の新時代」(医療と社会ブックガイド・84),『看護教育』48-(2008-7):-(医学書院),
◆立岩 真也 2008/07/31「アフリカのエイズに向かうNGOをすこし手伝う」,『中央評論』60-2(264, 2008 Summer):120-127(中央大学)
立岩 真也 2008/08/01 「再掲・引用――最首悟とその時代から貰えるものを貰う」,『情況』第3期9-9(2008-8):59-76,
◆立岩 真也 2008/08/05 「もらったものについて・2」『そよ風のように街に出よう』76:34-39
櫻井 浩子,2008/08/03 「「18トリソミーの会」の活動: 18トリソミー児の親のためのメンタルケア」(PDF) 第11回世界乳幼児精神保健学会世界大会  於:横浜
Hiroko,SAKURAI2008/08/03 Activities of the Trisomy 18 Support Group Mental Care for the Parents of Infants with Trisomy 18 (PDF) 11th World Congress of World Association for Infant Mental Health  at Yokohama
◆立岩 真也 2008/08/25 「『社会福祉学の「科学」性』」(医療と社会ブックガイド・85),『看護教育』48-(2008-8):-(医学書院),
川口 有美子 2008/08/29 「日本におけるALS療養支援の現状と課題」(報告要旨) 第13回日本難病看護学会シンポジウム「難病ケアのこれからを考える」
長谷川 唯(代表)・竹林 弥生・西田 美紀 2008/08/30 「独居での在宅生活が困難となったALS療養者の事例検討――社会福祉の立場から」 第13回日本難病看護学会 発表抄録 於:タワーホール船堀
西田 美紀 2008/08/30 「独居での在宅生活が困難となったALS療養者の事例検討――ナラティヴアプローチを用いた支援の在り方―」第13回日本難病看護学会 発表抄録 於:タワーホール船堀
西田 美紀 2008/08/30 「SEIQoL-DWから捉えた個人のQoL――筋ジストロフィー患者の生活の語り」 第13回日本難病看護学会 発表抄録 於:タワーホール船堀
仲口 路子 2008/08/** 「ALSと暮らす―在宅移行への困難―」発表抄録 第13回難病看護学会 於:タワーホール船堀
仲口 路子 2008/08/** 「ALSと暮らす―在宅移行への困難―」発表原稿 第13回難病看護学会 於:タワーホール船堀
◆立岩 真也 2008/08/** 「書評:『分別される生命』『生命というリスク』」,『週刊読書人』
◆井上 芳郎 2008/08/** 「教科書のバリアフリー化に向けて一歩前進」(word版はこちら,PDF版はこちら),『ノーマライゼーション』
児玉 真美 2008/08/** 「英国NHS改革・新全国介護者戦略」『介護保険情報』2008年8月号
◆立岩 真也 2008/09/01 「集積について――身体の現代・3」,『みすず』50-9(2008-9 no.564):- 資料,
◆立岩 真也 2008/09/05 「書評:『分別される生命』『生命というリスク』」,『週刊読書人』2753:4,
安部 彰 2008/09/14  「規範的社会理論の批判的検討――共通悪アプローチをめぐって」(報告要旨) 日本社会学理論学会 於:神戸大学
安田 真之 2008/09/08 「(声)障害者「スポ」、不十分な理解」 『朝日新聞』名古屋朝刊:8 
◆2008/09/22 新聞記事「中島岳志的アジア対談:炭鉱とサークル村の記憶――森崎和江さん」 『毎日新聞』夕刊
◆立岩 真也 2008/09/25 「『社会福祉学の「科学」性』・2」(医療と社会ブックガイド・85),『看護教育』48-(2008-9):-(医学書院),
岡部 耕典 2008/09/27 「関係性構築の消費/自由を担保する所得――ダイレクトペイメントとベーシックインカム」,経済と障害の研究(READ)プロジェクト研究会
 http://www.eft.gr.jp/money/080927DP&BI_READ-ken.doc
児玉 真美 2008/09/** 「英国終末期医療戦略・自殺幇助合法化議論」『介護保険情報』2008年9月号
◆立岩 真也 2008/10/01 「他者を思う自然で私の一存の死?」,『ちくま』2008-10http://www.chikumashobo.co.jp/pr_chikuma/0808/,
◆栄井 香代子 2008/10/01 「書評:『離婚後300日問題 無戸籍児を救え!』」,『解放新聞京都市版』204:3
田 一樹 2008/10/03-05 「公共と「私」の倫理学――私企業が担う公共性についての試論」(報告要旨) 日本倫理学会第59回大会 於:筑波大学
◆立岩 真也 2008/10/04 「社会経験生かす大学院」,『朝日新聞』2008-10-4朝刊・京都:31 コラム「風知草」1,
高田 一樹 2008/10/04 「公共と「私」の倫理学――私企業が担う公共性についての試論」第59回日本倫理学会 報告原稿
◆立岩 真也 2008/10/11 「「障老病異」個々で探究」,『朝日新聞』2008-10-11朝刊・京都:31 コラム「風知草」2,

◇立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点 2008/10/15 『多文化主義と社会的正義におけるアイデンティティと異なり――コンフリクト/アイデンティティ/異なり/解決?』
◇Han, Kyung-Koo 2008/10/15 "Multiculturalism in Korea?"
◇平田 知久 2008/10/15 「サドのマルチカルチュラリズムについて」
Hotta,Yoshitaro・Ando,Michihito・Kawaguchi,Yumiko "Reexamining the Quality of Life of ALS Patients ─lessons from Previous Studies" 
"" ◇磯邉 厚子 2008/10/15  「彷徨えるアイデンティティから民族を超えたアイデンティティへの要求―─スリランカ農園部のインド人移民の異なりと自由」
◇石川 涼子 2008/10/15 「カナダはどのような意味で多文化主義的なのか?――多文化主義のユニナショナル・モデルとマルチナショナル・モデルの検討」
金城 美幸 2008/10/15 「シオニスト運動と「アラブ問題」――「解決」としてのアラブ住民移送」
永田 貴聖 2008/10/15 「「拡大するマニラ首都圏の日本人コミュニティ」
Niu, Gepingl 2008/10/15 "Comparing Liberalism and Confucianism, from the Perspective of Multiculturalism"
西川 長夫 2008/10/15 「差異とアイデンティティのための闘争の先に見えてくるもの――タゴールの反ナショナリズム論とイリイチの「ヴァナキュラーな価値」を手がかりに」
Nishikawa,Nagao,Translated by Mccormack,Noah 2008/10/15 "Beyond the Struggle for Difference and Identity――Tagore's Anti-nationalism and Illich's "Vernacular Values""
◇Zhang,Rongnan 2008/10/15 "Incomplete Liberation─―Modern Chinese Women's Identity Construction"
◇Nantais,Simon 2008/10/15  ""Multiculturalism in Canada─―A Historical Perspective""
◇新海 英史 2008/10/15  "「行政から見た解決策、移民から見た解決策――オランダの市民化講習の事例から」"
◇Shibata, Haruka 2008/10/15  ""Welfare Alterity on Religious Alterity――Religious Factors of Income-Redistribution Rate""
◇Verde,Miguelangel 2008/10/15 ""Am I My Brother's Keeper?"─Discriminatory Practices in the Name of Security""
◇渡邉 暁子 2008/10/15  "「マニラ・ムスリムにおける「ムスリム性」の表象―─土地権をめぐる裁判闘争と街頭集会を中心に」"
◇Wu,Yun 2008/10/15  ""An Analysis of Confucian Toleration""
◇Xie,Huiyuan 2008/10/15 "The Quest for Social Justice and Multiculturalism: from the Perspective of Gender Alterity"

韓 星民(立命館大学/KGS株式会社)・大河内 直之(東京大学) 2008/10/25-26 「視覚障害者における情報処理特性を考慮した支援技術開発――能動的情報処理特性と受動的情報処理特性を中心に」(ポスター発表要旨) 障害学会第5回大会 於:熊本学園大学

小泉 義之 2008/10/25 「保険セールスマンとしてのハイデガー」 哲学会発表
◆立岩 真也 2008/10/25 「香川知晶『死ぬ権利』・1」(医療と社会ブックガイド・87),『看護教育』48-(2008-10):-(医学書院),
◆立岩 真也 2008/10/25 「良い死?」,『朝日新聞』2008-10-25朝刊・京都:31 コラム「風知草」3,
片山 知哉 2008/10/25 「文化をめぐる分配的正義  ――特にデフ・ナショナリズムの正当化とその制約条件について――」第5回障害学会報告レジュメ 於:熊本学園大学
片山 知哉 2008/10/25 「文化をめぐる分配的正義  ――特にデフ・ナショナリズムの正当化とその制約条件について――」第5回障害学会報告口頭報告原稿 於:熊本学園大学
◆加藤 秀一 2008/10 「書評:立岩真也『良い死』」,共同通信配信記事(10/11『沖縄タイムス』,10/19『佐賀新聞』『静岡新聞』,10/26『熊本日日新聞』『信濃毎日新聞』)
森岡 正博 2008/10/19 「書評:立岩真也『良い死』」,『日本経済新聞』2008/10/19
 http://d.hatena.ne.jp/kanjinai/20081022/1224676480
児玉 真美 2008/10/** 「米国 家族介護者月間」『介護保険情報』2008年10月号
野崎 泰伸 2008/11/01 「倫理学は規範をどのように問うべきか――規範の正当化主義批判」 関西倫理学会大会報告
◆立岩 真也 2008/11/08 「経済を素朴に考えてみる」,『朝日新聞』2008-11-8朝刊・京都:31 コラム「風知草」4,
吉野 靫 2008/11/08-09 「性同一性障害「正規医療」におけるQOL向上を検討する(仮)」(報告要旨) 第1回クィア学会 於:広島修道大学
◆立岩 真也 2008/11/22 「税金の本義」
 『朝日新聞』2008-11-22朝刊・京都:31 コラム「風知草」5,
Nakanishi, Shoji November 28, 2008 "Independent Living Movements in Asia: Its Achievements and Future", 25 years of Independent Living in Sweden, International conference 28-29 November 2008
 http://www.independentliving.org/25years2008nakanishi
櫻井 浩子・西脇 由枝,2008/11/**「医療的ケアを必要とする子どもの在宅介護を担う母親の状況」PDFデータ『立命館人間科学研究』17:35-46.
韓 星民(立命館大学/KGS株式会社)・佐藤 貴宣(大阪大学人間科学研究科) 2008/11/29-30 「支援技術開発における、技術者コンフリクト現象の状況論的アプローチ――支援技術開発者とユーザーとの相互行為を中心に」(ポスター発表要旨) 日本質的心理学会第5回大会 於:筑波大学 総合交流会館
矢野 亮 2008/11/** 「被差別部落における政策的展開と当事者運動をめぐる錯綜――大阪市内住吉地区における高齢者への聞き取り調査を通じて――」,日本社会学会第81回大会 於:東北大学
児玉 真美 2008/11/** 「世界アルツハイマー病憲章・「アルツハイマーの人には死ぬ義務」発言」『介護保険情報』2008年11月号
新山 智基 2008/12/04 「鳥インフルエンザの人類学的研究」指定質問
横田 陽子 2008/12/04 「鳥インフルエンザの人類学的研究」指定質問
フレデリック・ケック 2008/12/04 「鳥インフルエンザの人類学的研究」報告原稿 パワーポイント
村上 潔 2008/12/07 「女性の「労働」と所得/保障の関係再考」,社会文化学会第11回全国大会 於:東京外国語大学府中キャンパス
近藤 宏 2008/12/13 フレデリック・ケック講演会「鳥インフルエンザの人類学的研究」報告
川口 有美子 2008/12/21 「書評:寺本晃久・岡部耕典・末永弘・岩橋誠治『良い支援?』」
 KINOKUNIYA 書評空間BOOKLOG http://booklog.kinokuniya.co.jp/kawaguchi/archives/2008/12/21/
◆立岩 真也 2008/12/25 「香川知晶『死ぬ権利』・3」(医療と社会ブックガイド・89),『看護教育』48-(2008-12):-(医学書院),
川口 有美子 2008/12/31 「書評:上野千鶴子・中西正司編『ニーズ中心の福祉社会へ』」
 KINOKUNIYA 書評空間BOOKLOG http://booklog.kinokuniya.co.jp/kawaguchi/archives/2008/12/31/
◆伊藤 智樹 2008/12/** 「病いの物語を支える他者の存在――書評:舩後靖彦・寮美千子『しあわせの王様――全身麻痺のALSを生きる舩後靖彦の挑戦』」,『KINOKUNIYA 書評空間 BOOKLOG』
 http://booklog.kinokuniya.co.jp/ito/archives/2008/12/
児玉 真美 2008/12/** 「障害のある子供を殺す母親たち・介護者の権利章典」『介護保険情報』2008年12月号
児玉 真美 2008/12/** 「介護者の権利章典【仮訳&原文】」『介護保険情報』2008年12月号
植村 要 2008- 「和田心臓移植事件」http://www.arsvi.com/d/w08.htm
守田 憲二 200805- 「終末期医療費」http://www6.plala.or.jp/brainx/elcost.htm



UP:20071214 REV:20080803(48),0808(61),0809(63),0810(64),0817(68),31(73),1202(124) 20090107(136) 20090407(139), 20090708(140), 20100414(141), 0417(142), 20100421(152), 20100531(153), 0612(164), 1123(199), 20110119(200), 0519(196), 20150908
全文掲載  ◇生存学創成拠点・アーカイブ 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)