HOME > > 全文掲載 >

全文掲載・2005

〜1970's 1980's
1990  1991  1992  1993  1994  1995  1996  1997  1998  1999
2000  2001  2002  2003  2004  2005  2006  2007  2008  2009
2010  2011  2012  2013
著者名50音順  団体名50音順 学位論文


Tweet
last update: 20151230


■団体


◆RAFIQ 2005/01 西日本入国管理センターに収容されている人へのアンケート結果
◆2005/01/06 『グローバル・エイズ・アップデイト』第7号
◆在宅及び養護学校における日常的な医療の医学的・法律学的整理に関する研究会 20050124 「ALS以外の在宅療養患者・障害者に対する家族以外の者によるたんの吸引の取扱いについて(報告書タタキ台)」
 http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/01/s0124-7c.html
療護施設自治会全国ネットワーク(自治会ネット) 2005/01/29 「「グランドデザイン」の施設利用者の自己負担に関する要望」(厚生労働省への要望書)
 http://homepage3.nifty.com/-net-/GrandD/Yobo0126.pdf
◆2005/02/06 「障害疑似体験の功罪――実態調査と自主体験結果から」 障害学研究会関西部会第23回研究会 於:ヒューマインド(大阪府福祉人権推進センター)2F・研修室2
◆2005/02/08 介護保険法等の一部を改正する法律案(2005年2月8日提出)
 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/162.html
◆在宅及び養護学校における日常的な医療の医学的・法律学的整理に関する研究会(第10回) 2005/02/07 「ALS以外の在宅療養患者・障害者に対する家族以外の者によるたんの吸引の取扱いについて(報告書案)」
 http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/02/s0207-6a.html
◆(社会福祉法人)全国重症心身障害児(者)を守る会 2005/02/07 「患者・障害者の親の立場からの意見」,厚生労働省・在宅及び養護学校における日常的な医療の医学的・法律学的整理に関する研究会(第10回)  http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/02/s0207-6b.html
◆日本弁護士連合会 2005/02/18 「手話教育の充実を求める意見書」
 http://www.nichibenren.or.jp/jp/katsudo/sytyou/iken/05/2005_26.html
◆中野区福祉団体連合会 2005/03/08 「「障害者自立支援法案」に対する意見書の提出について」(陳情書→中野区議会)
◆NHK問題京都連絡会(仮称) 2005/03/11 「約束していた3月14日の会を一方的に「破棄」通告したことについての申し入れ」
◆難病をもつ人の地域自立生活を確立する会 2005/03 「支給決定プロセスの不透明化が障害者自立支援法では進む!」
◆中野区議会 2005/03/25 「障害者自立支援法の制定に関する意見書」
◆愛知県〇(ゼロ)の会事務局会・笹島日雇労働組合 2005/03/28 「公開質問書」→独立行政法人 国立病院機構 東尾張病院医局員一同殿・職員一同殿
 http://popup.tok2.com/home2/nagano2/0503280nokai.htm
◆「障害者の地域生活確立の実現を求める全国大行動」実行委員会 2005/03/30
 「「グランドデザイン」についての緊急要望」→厚生労働大臣
日本弁護士連合会 2005/06/17 「心神喪失者等医療観察法の施行延期に関する意見書」  http://nagano.dee.cc/0506JBA.htm
◆障害者の自立と完全参加をめざす大阪連絡会議 2005/06/28 「声明文」
◆「このままの”障害者自立支援法案”では自立はできません!7.5緊急大行動」参加者一同 2005/07/05 「このままの"障害者自立支援法案"では自立はできません!7.5緊急大行動 アピール」
◆国土交通省 2005/07 「ユニバーサルデザイン政策大綱」
 http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/01/010711_.html
◆心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな!ネットワーク 2005/07/22 「医療観察法初適用を弾劾する──全治1週間の障害で予防拘禁」
◆医療・福祉の戦争協力に反対する連絡会議 2005/08/01 「医療観察法の適用を弾劾する」
◆2005/08/08 「障害者の地域生活確立の実現を求める全国大行動」実行委員会
 「「障害者自立支援法案」廃案を受け、障害者の地域生活確立を求めるアピール」
◆2005/08/27 日本障害者協議会の各政党へのアンケート結果
 http://www.jdnet.gr.jp/JDWebLetter/2005/20050827.htm
◆2005/08/29 「障害者の地域生活確立の実現を求める全国大行動」実行委員会
 第44回衆議院議員選挙立候補者予定者へのアンケート 各候補者の回答
 http://www.j-il.jp/jil.files/daikoudou/syuinsen/index.htm
 アンケート集計結果をグラフ化したものと集計結果へのコメント
 http://www.j-il.jp/jil.files/daikoudou/syuinsen/syukei/syukei.html
◆2005/09/04 「『セクシャリティの障害学』合評会」 障害学研究会関西部会第24回研究会 於:茨木市福祉文化会館 203号室
◆とうきょうフォーラム「いまだから語りあおう!障害者施策の明日を」参加者一同 2005/10/04 「とうきょうフォーラム みんなのアピール」
◆2005/10/13 障害者の地域生活確立の実現を求める全国行動参加者一同
 「障害者自立支援法案の参議院・厚生労働委員会採決に対する抗議文 このままでは自立できない!このままでの成立は認められない!」
◆2005/12/15 「公共分野におけるアクセシビリティの確保に関する研究会」報告書の公表
 http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/051215_1.html
◆千葉県健康福祉部障害福祉課 20051226 「「障害者差別をなくすための研究会」最終報告等について」
 http://www.pref.chiba.jp/syozoku/c_syoufuku/keikaku/sabetu/171222houkoku.html
◆千葉県健康福祉部障害福祉課 200512 「障害のある人に対する理解を広げ、差別をなくすための条例(仮称)要綱案に関する意見募集」
 http://www.pref.chiba.jp/syozoku/c_syoufuku/keikaku/sabetu/sabetu-pubcom.html


■個人

◆佐藤 れい子 2005/01 「膨大な資料から立ち上ってくる 生と死をめぐる論点の数々」,『ナーシング・トゥデイ』2005年1月号(12月15日発売、日本看護協会出版会)
川口 有美子 20050101 「審査の平等」(研究手帖),『現代思想』33-01(2005-01)
 http://homepage2.nifty.com/ajikun/note/200412gendaishisou.htm
中島 孝 2005/01/02 「難病の生活の質(QOL)研究で学んだこと――課題と今後の展望」,『JALSA』64:51-56
◆佐々木 公一 2005/01/06 『週刊/ALS患者のひとりごと』165 感謝そして「聞くということ」
◆佐々木 公一 2005/01/13 『週刊/ALS患者のひとりごと』166 時事5題
川口 有美子 20050120 「ALSと制度──介護保険と支援費制度をめぐって今起きていること」(生存への道標・2),『JALSA』64
 http://homepage2.nifty.com/ajikun/jalsa/20041020_jalsa64.htm
川口 有美子 2005/01/21 「安楽な死より安楽な生を」(「第10回障害者政策研究全国集会」自立生活分科会での報告と提言から),『われら自身の声』20-4(DPI日本会議
 http://homepage2.nifty.com/ajikun/memo/dpi20-4.htm
芹沢 俊介 2005/01/23 「書評:『ALS――不動の身体と息する機械』」,『東京新聞』『東京新聞』2005/01/23
◆立岩 真也 2005/01/25「ALSの本・2」(医療と社会ブックガイド・45),『看護教育』46-01:(医学書院)
◆中島 理暁 2005/01/28 「書評:『ALS――不動の身体と息する機械』」,『週刊読書人』2572:4
山本 深雪 2005/01 「「障害者自立支援給付法案」が成立したらどうなる?」
 http://popup.tok2.com/home2/nagano2/donaru.htm
◆2005/01 呼びかけ人:小川 政亮・真田 是・高島 進・相沢 與一 「障害児者施策への「応益負担」導入に強く反対し、「改革のグランドデザイン案」の慎重な議論を求める緊急アピール」
 http://shogaisha.jp/ouekihantai/appeal.htm
◆立岩 真也 2005/02/01 「「自己決定」「自然な死」を問う」(題は編集部による)『おそい・はやい・ひくい・たかい』26:98
橋本 みさお 2005/02/03 「かけがえの無い命との思い――尊厳死の議論に思う」
◆佐々木 公一 2005/02/04 『週刊/ALS患者のひとりごと』167 入院感想(1/24〜27)
宮坂 道夫 2005/02/14・/21 「『ALS 不動の身体と息する機械』を読んで――ALSの隠喩について」,『週刊医学界新聞』2621(前編) 『週刊医学界新聞』2622(後編)
 http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2005dir/n2621dir/n2621_02.htm#00
 http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2005dir/n2622dir/n2622_03.htm#00
◆佐々木 公一 2005/02/16 『週刊/ALS患者のひとりごと』168 わの会新春の集い/ご挨拶
◆立岩 真也 2005/02/25「ALSの本・3」(医療と社会ブックガイド・46),『看護教育』46-02:(医学書院)
◆立岩 真也 2005/02/00 「「グランドデザイン」について・1――知ってることは力になる・35」,『こちら”ちくま”』42(2005-1):4-5
◆佐々木 公一 2005/03/02 『週刊/ALS患者のひとりごと』169 ご挨拶/きららのみなさん今日は
◆立岩 真也 2005/03/03 「ALSと向き合って・社会は人が生きていくための場・中立でなく”生の支持”こそ」,『聖教新聞』2005/03/03:9
七瀬 タロウ 2005/03/05 「障害者自立支援法案――精神障害者からみた疑問」  http://www.janjan.jp/living/0503/0503054282/1.php
◆2005/03/06 「難病患者の生のあり方を深くみすえる本」,『ぜんじんきょう』208:23((社)全国腎臓病協議会 http://www.zjk.or.jp
◆高岡 正(全国難聴者・中途失聴者団体連合会(全難聴)理事長) 2005/03/06 「自立支援法に反対し、中途失聴。難聴者の要望の実現に向けて――高岡理事長のメッセージ」
 http://zennanjimukyoku.269g.net/article/86626.html
長野 英子 2005/03/14 「精神科外来公費負担制度32条撤廃と心神喪失者等医療観察法」
◆立岩 真也 2005/03/20 「<公共>から零れるもの」,第59回公共哲学京都フォーラム「ジェンダーと公共世界」
◆佐々木 公一 2005/03/21 『週刊/ALS患者のひとりごと』170 尊厳死法案に反対する
長野 英子 2005/03/25 「心神喪失者等医療観察法と障害者自立支援法案」,『労働者住民医療』181(2005-3) 特集:障害者自立支援法案をめぐって
 http://popup.tok2.com/home2/nagano2/0503rouju.htm
◆立岩 真也 2005/03/25 「死/生の本・3」(医療と社会ブックガイド・47),『看護教育』46-03:218-219(医学書院)
大野 萌子 2005/03/28 「名古屋市の老人介護保険の実態(名古屋市南区の老人介護申請者)」
 http://popup.tok2.com/home2/nagano2/kaigoo.htm
七瀬 タロウ 2005/03/30 「心神喪失者医療観察法 7月法律施行前に異例の法「改正」の事態!」
 http://www.janjan.jp/living/0503/0503295090/1.php
◆金沢 光明 2005/03/31 「ALS患者 生を選べる環境づくりを」,『読売新聞』2005/03/31「論点」欄
中根 成寿 2005/03/31 「障害者家族のケアの特性とその限界――ケアの社会的分有にむけた検討課題」,『立命館産業社会論集』40(4):51-70
中根 成寿 2005/03/31 「障害者家族の父親のケアとジェンダー――障害者家族の父親の語りから」,『障害学研究』1号:158-188
穏土 ちとせ 2005/03 「人工呼吸器をつけて生きること」,『バクバク』44
堀田 義太郎 2005/03/** 「フーコー」、小泉尚樹、嵯峨一郎、長友敬一、村松茂美編著、『はじめて学ぶ西洋思想』、ミネルヴァ書房、pp. 255−261、2005年
松原 洋子 2005/04/01 「かがく対話」,『京都新聞』2005/04/01朝刊
小泉 義之 2005/04/01 「飢える自由? 窒息する自由?』」,『京都新聞』2005/04/01夕刊
尾上 浩二 2005/04/02  「『”障害者自立支援”法案』何が問題なのか」,障害学研究会関東部会 第44回研究会
◆佐野 卓志 2005/04/04 「「障害者自立支援法についての声明文」
瀬山 紀子 2005/04/10 「書評:立岩真也『ALS 不動の身体と息する機械』」,『われら自身の声』21-1:36(DPI日本会議
大野 萌子 2005/04/11 「赤堀政夫さん実社会の苦悩・・・そして介護者の告白」
 http://popup.tok2.com/home2/nagano2/0504akahoricare.htm
◆立岩 真也 2005/04/15 「ニートを生み出す社会構造は――社会学者立岩真也さんに聞く」(インタビュー),『Fonte』168:7(旧『不登校新聞』、発行:不登校新聞社)
◆立岩 真也 2005/04/22 「書評:仲正昌樹『自己再想像の<法>――生権力と自己決定の狭間で』」,『週刊読書人』2584:4
◆山本 真理(ペンネーム長野 英子) 2005/04/28 「障害者自立支援法の問題点――精神障害者から見ると」
◆立岩 真也 2005/04/25 「死/生の本・4」(医療と社会ブックガイド・48),『看護教育』46-04:(医学書院)
◆立岩 真也 2005/04/26 「患者の自己決定権――「生きて当然」な環境を」,『朝日新聞』2005/04/26朝刊:34(大阪本社版) オピニオン面 視点・関西スクエアから
◆高澤 信一 2005/04 「患者の私を見て下さい」
◆朝霧 裕 2005/04 「今日、この日、たった今から、これを読むすべてのあなたへ」
◆杉本 章 2005/04 「「自立支援」を騙る「自立阻害」法」,『拓人(たくと)・きり拓くひとびと』第79号(特定非営利活動法人「被災地障害者センター」)
 http://www.matsuoka-toru.jp/topics/050414-2.html
大賀 達雄 2005/04 「引きこもり・ニートの現在」
 http://www.alpha-net.ne.jp/users2/chmeguro/opinion/opinion10.htm
◆立岩 真也 2005/04/00 「「障害者自立支援法」?――知ってることは力になる・36」,『こちら”ちくま”』43(2005-2):4-5
大野 萌子 2005/05/02 「「老・老介護」と「障・障介護」に異議あり」
 http://popup.tok2.com/home2/nagano2/rourou.htm
◆佐々木 公一 2005/05/06 『週刊/ALS患者のひとりごと』171 介護のプロ、患者のプロ(1)
◆立岩 真也 2005/05/11「良い死・1」,『Webちくま』
◆立岩 真也 2005/05/15 「当座の仕事は幾つか」第31回日本保健医療社会学会大会 於:熊本学園大学 ラウンド・テーブル・ディスカッションB「『病の社会学』では何を問うのか」
◆立岩 真也 2005/05/18 道立羽幌病院での事件についてのコメント,NHK旭川放送局の取材に
◆立岩 真也 2005/05/25 「死/生の本・5――『性の歴史』」(医療と社会ブックガイド・49),『看護教育』46-05:(医学書院)
◆立岩 真也 2005/05/31 「書評:広井良典『生命の政治学――福祉国家・エコロジー・生命倫理』」,『福祉社会学研究』2
◆渡辺 一史 2005/06/01 「呼吸器を付けるか、否か クールで明晰な知性が導き出したシンプルでホットな結論」,『看護学雑誌』69-6(2005-6):632-633
◆佐々木 公一 2005/06/06 『週刊/ALS患者のひとりごと』173 介護のプロ、患者のプロ(2)
田島 明子 2005/06/15 「本の紹介:立岩真也著:『ALS――不動の身体と息する機械』」,『作業療法』24-3:295
 http://www5.ocn.ne.jp/~tjmkk/ta6.htm
◆佐々木 公一 2005/06/22 『週刊/ALS患者のひとりごと』174 介護のプロ、患者のプロ(3)
◆立岩 真也 2005/06/24 「書評:三井さよ『ケアの社会学――臨床現場との対話』」,『季刊社会保障研究』41-1(Summer 1995):64-67
◆山本 勝美 2005/06/25 「共生へ――障害をもつ仲間との30年」障害学研究会関東部会 第46回研究会
◆穏土 ちとせ 2005/06/25 「言葉のマジックに惑わされることなく」「安楽死・尊厳死法制化を阻止する会」発足集会資料集
川口 有美子 2005/06/25 「ALSをとりまく社会的状況と自己決定の関係」,「安楽死・尊厳死法制化を阻止する会」発足集会資料集
◆立岩 真也 2005/06/25 「書評:宮坂道夫『医療倫理学の方法――原則・手順・ナラティヴ』,『看護教育』46-06(2005-06):(医学書院)
◆立岩 真也 2005/06/25 「死/生の本・6――『所有のエチカ』」(医療と社会ブックガイド・50),『看護教育』46-06(2005-06):472-473(医学書院)
◆立岩 真也 2005/06/** 「良い死・2」,『Webちくま』
◆立岩 真也 2005/06/00 「「障害者自立支援法」?・2――知ってることは力になる・37」,『こちら”ちくま”』44(2005-3):6-7
◆佐々木 公一 2005/07/01 『週刊/ALS患者のひとりごと』175 介護のプロ、患者のプロ(4)
◆立岩 真也 2005/07/05 「国境の越え方――西川長夫先生に聞く」立命館大学大学院先端総合学術研究科・リレー講義
◆立岩 真也 2005/07/10 「障害者自立支援法、やり直すべし――にあたり、遠回りで即効性のないこと幾つか」,『精神医療』39:26-33(批評社)
◆佐々木 公一 2005/07/15 『週刊/ALS患者のひとりごと』176 前を向いて生きるために必要なこと
◆佐々木 公一 2005/07/22 『週刊/ALS患者のひとりごと』177 わの会コンサートにご協力をお願いします
◆立岩 真也 2005/07/25 「近刊の教科書から」(医療と社会ブックガイド・51),『看護教育』46-07:(医学書院)
大野 萌子 2005/07 「「心神喪失等医療観察法」に異議あり」
 http://nagano.dee.cc/0507haishi.htm
村田 拓司 200507 「知的障害のある人に対する参政権の保障」,『医療福祉相談ガイド 追録 第59号』,医療福祉相談研究会編,pp.5117-5122,中央法規出版
◆立岩 真也 2005/07/** 「決められないことを決めることについて」,『医学哲学・医学倫理』23(日本医学哲学・倫理学会)
◆立岩 真也 2005/07/** 「紹介:倉本智明編『セクシュアリティの障害学』」,共同通信配信記事
◆匿名 2005/08/04 「「障害者自立支援法案」に対しての私の意見を聞いてください。」
◆佐々木 公一 2005/08/08 『週刊/ALS患者のひとりごと』178 60年前/広島、長崎
上野 千鶴子 2005/08/06 「「当事者のリアル」に注がれる繊細で心強い視線の快さ」,『週刊現代』2005/08/06(リレー読書日記) cf.『ALS――不動の身体と息する機械』
 http://www.ne.jp/asahi/laconic/ikiru/houdou/relay.htm
田島 明子 20050815 「ひとの価値と作業療法――障害者の就労の3つの位相をめぐる一考察」,『作業療法』24-4:340-348
 http://www5.ocn.ne.jp/~tjmkk/ta2.htm
◆舩後 靖彦 2005/08 「命に役目役割を課す」
◆門林 道子 2005/08/25 書評『ALS−不動の身体と息する機械』,『看護教育』2005年8・9月合併号(Vol.46 No.8)
◆立岩 真也 2005/08/25 「『児童虐待と動物虐待』」(医療と社会ブックガイド・52),『看護教育』46-08:(医学書院)
◆佐々木 公一 2005/08/26 『週刊/ALS患者のひとりごと』179 「小泉と私を合わせれば、世の中の全部の領域をカバーできる」
川口 有美子 2005/08 「ロバート・F・マーフィーの『ボディ・サイレント』における「麻痺」について」
 http://homepage2.nifty.com/ajikun/memo/r_murphy2.htm
◆井樋 三枝子(いび・みえこ) 2005/08 「テリ・シャイボ事件において制定された2つの法律をめぐる問題点」,『外国の立法』225:158-175 http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/legis/225/022512.pdf →テリ・シャイボ事件
◆立岩 真也 2005/08/00 「共同連のやろうとしていることはなぜ難しいのか、をすこし含む広告」,『共同連』100
青木 慎太朗 2005/09/01 「幸せのカテゴリー――障害はリスク、治療の対象か?」,『福祉のひろば』:2005年9月号
 http://challenged.sakura.ne.jp/aoki/genko/20050901.html
Kawaguchi, Yumiko September 4, 2005 "The Catcher on the WEB : Find an ALS Patient's Story though the Internet"
http://homepage2.nifty.com/ajikun/note/the_catcher_on_the_web.htm
◆佐々木 公一 2005/09/08 『週刊/ALS患者のひとりごと』180 消費税が法人税の減税に
◆佐々木 公一 2005/09/13 『週刊/ALS患者のひとりごと』181 自公327議席は小選区制のからくり
村田 拓司 20050925 「市民社会のルールとして、なぜ障害による差別の禁止が必要か」,『季刊福祉労働』,第108号,pp.42-49,現代書館
尾上 浩二 2005/09/30 「自立支援法 障害者の不安考慮し議論を」,『朝日新聞』2005/09/30朝刊 「私の視点」(投稿)
◆立岩 真也 2005/09/30 「自由はリバタリアニズムを支持しない」,日本法哲学会 編 20050930 『リバタリアニズムと法理論 法哲学年報2004』,pp.43-55 有斐閣,206p. ISBN-10: 464112504X ISBN-13: 978-4641125049 3990 [amazon][boople][amazon] ※
◆立岩 真也 2005/09/00 「「障害者自立支援法」?・3――知ってることは力になる・38」,『こちら”ちくま”』45(2005-4):
◆立岩 真也 2005/09/** 「良い死・3」,『Webちくま』
青木 慎太朗 2005/10/07 「「心のバリア」はどこにいるのか?」(講演),人権を考えるセミナー(綾部市教育委員会) 於:物部公民館
 http://challenged.sakura.ne.jp/aoki/051007.html
 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/as01.htm
◆立岩 真也 2005/10/25 「『エイズとの闘い――世界を変えた人々の声』」(医療と社会ブックガイド・53),『看護教育』46-09(2005-10):798-799(医学書院)
◆立岩 真也 2005/11/05 「その先を生きること」,第10回日本看護研究学会九州地方学術集会 於:長崎大学
◆立岩 真也 2005/11/15 「書評:佐藤幹夫『自閉症裁判――レッサーパンダ帽男の「罪と罰」』」,『精神看護』08-06(2005-11):110-116(医学書院)
◆佐々木 公一 2005/11/18 『週刊/ALS患者のひとりごと』183 私の介護論/その2
◆立岩 真也 2005/11/25 「エイズとアフリカの本・2」(医療と社会ブックガイド・54),『看護教育』46-10(2005-11):900-901(医学書院)
小泉 義之 20051125 「書評:ジョルジョ・アガンベン『残りの時』『バートルビー』『涜神』 」,『週刊読書人』2614 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/s/ky01/051125ky.htm
◆立岩 真也 2005/11/26 「位置取りについて――障害者運動の」公開シンポジウム「ケアと自己決定」 東京大学大学院人文社会系研究科 21世紀COE研究拠点形成プログラム 生命の文化・価値をめぐる「死生学」の構築 於:東京大学・本郷
◇ Konagaya, Momoe; Kawaguchi, Yumiko, Hashimoto, Misao; Hayashi, Hideaki, 26 November to 2 December, 2005 "A Reseach on Communication with Amytrophic Lateral Sclerisis (ALS) Parients in aTotally Locked-In State: Interviews with Caregivers" 18th International Symposium on ALS/MND, Dublin, Ireland 26 November to 2 December 2006
http://homepage2.nifty.com/ajikun/memo/dublinposter.htm
◆立岩 真也 2005/11/00 「どうしようか、について」,グラフィケーション』141:15-17
◆立岩 真也 2005/11/** 「良い死・5」,『Webちくま』
◆立岩 真也 2005/11/** 「良い死・4」,『Webちくま』
◆佐々木 公一 2005/12/03 『週刊/ALS患者のひとりごと』185 りんりんで気がついたことプラス創る喜び、創造する喜び
◆立岩 真也 2005/12/11 「日本の生命倫理:回顧と展望――社会学から」→「抄録?」,シンポジウム「日本の生命倫理:回顧と展望」 於:熊本大学
◆佐々木 公一 2005/12/18 『週刊/ALS患者のひとりごと』186 りんりんで気がついたことプラス/2
◆立岩 真也 2005/12/25 「今年書評した本」(医療と社会ブックガイド・55),『看護教育』46-11(2005-12):(医学書院)

◆立岩 真也 2005/12/26 「限界まで楽しむ」『クォータリー あっと』02:050-059『希望について』:108-125
◆立岩 真也 2005/12/00 「どうしようか、について(上)――知ってることは力になる・39」,『こちら”ちくま”』46(2005-5):
◆立岩 真也 2005/12/** 「二〇〇五年の3冊」,『東京新聞』/『中日新聞』
◆立岩 真也 2005/12/** 「二〇〇五年の収穫」,『週刊読書人』2567:3
遠山 真世 2005 「障害者の雇用問題――平等化に向けた理論と政策」,2004年度東京都立大学大学院社会科学研究科社会福祉学専攻博士課程学位論文
香川 知晶 2005 「サイボーグ医療と生命倫理」http://sci.gr.jp/sci/project/kikou/kagawa_1.php,『SCI(サイ)』http://sci.gr.jp/


UP:20041231 REV:随時 20080803(95),0808(141),0814(142),0817(143),0821(146),0824(147),20100414(150), 20150908, 20161230(151)
全文掲載  ◇生存学創成拠点・アーカイブ 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)