HOME > >

全文掲載

〜1970's 1980's
1990  1991  1992  1993  1994  1995  1996  1997  1998  1999
2000  2001  2002  2003  2004  2005  2006  2007  2008  2009
2010  2011  2012  2013  2014  2015  2016  2017
著者名50音順  団体名50音順 学位論文

Archives (English)

蔵ARCHIVES

Tweet
last update: 20180404

活字を読むのが難しい人に上に収録されていない文章を提供します。説明からどうぞ。

*以下のような文章が収蔵されています
・生存学創成拠点事業推進担当者、および生存学創成拠点に関係する/した研究者、生存学創成拠点の各研究プロジェクトによって執筆された文章・学会報告原稿等
・生存学創成拠点の各研究プロジェクトによって収集された文章・記事等
*本ページはその最新掲載分です
*過去に発表された/収集された文章は、上の事項頁下にある西暦のリンク先にあります


■2018年4月〜 収集分(未登録)

高 雅郁 2018/04/** 「障害学による歴史と政治を越えたつながり――『中国残障政策多学科研討会』に参加して」 [中文]
http://www.ritsumei-arsvi.org/essay/essay-1690/

■2017年1月〜 収集分(登録済)

◇鄭 智雄 (JEONG, Ji-Ung) 2017/10/25 「省察的近代化と障害人の未来」,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF]
立岩 真也 2017/10/25 「障害は近代を保つ部品である、が」障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF]
◇丁 東 (DING, Peng) 2017/10/25 「旧式、病気および残党のメタファーに対するポストモダン批判――障害に基づく社会モデルの考察」,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF]
◇陳 文珊 (CHEN, Wen-San) 2017/10/25 「狂気と公的理由」,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF]
◇徐 仁煥 (SEO, Inhwan) 2017/10/25 「消費者文化と脱近代化の役割と特性」,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF]
◇李 学会 (LI, Xuehui) 2017/10/25 「自己同一性と国家の定義の間で――消費者主体としての障害者の曖昧さと消費抑制 」,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF]
◇紀 大偉 (CHI, Ta-wei) 2017/10/25 「人や恋人を克服する――台湾の消費文化における身体的、精神的障壁」,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF]
◇紀 大偉 (CHI, Ta-wei) 2017/10/25 「認識論的不安、ポストモダン消費――台湾文学の物理的および精神的健康」,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF]
美馬 達哉 2017/10/26 「ロックトイン・ 植物状態・ マインドリーディング」,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF]
◇趙 樹坤 (ZHAO, Shukun) 2017/10/26 「アクセス可能な環境に関する法的分析」」,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF]
◇邱 大マ (CHIU, Ta-Sing)・林 聰吉 (LIN, Tsong-Jyi) 2017/10/26 「プライバシーとアクセシビリティ――CAPTCHAが障壁に与える影響」,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF]
◇林 聰吉 (LIN, Tsong-Jyi)・邱 大マ (CHIU, Ta-Sing) 2017/10/26 「障害者に対する科学技術の影響――視覚障壁技術を例として」,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF]
◇正 馬葉 (Jung, Bong-Keun) 2017/10/26 「技術と障害学(技術と障害の研究)」障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF: 和文ハングル中文]
立岩 真也 2017/10/26 「考究と協力の方向を展望する」障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF]
◇黄 裔 (HUANG, Yi) 2017/10/26 「障害者権利の実施における市民社会の役割」,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF]
◇張 恒豪 (CHANG, Heng-hao)・蘇 峰山 (SU, Fong-San) 2017/10/26 「台湾の障害の研究のグローバル化と将来の発展」,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF]
◇高 官哲 (Koh, Kwancheol) 2017/10/26 「障害学連盟の今後の方向性」,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF: ハングル]
伊東 香純 2017/10/26 「アジアの精神障害者の運動――近代西洋的精神医療体制の確立した地域としていない地域の連帯」,ポスター報告,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF:和文英文]
高 雅郁 2017/10/26 「自我倡導者へ――台湾の例」,ポスター報告,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF:和文英文]
長谷川 唯増田 英明西田 美紀桐原 尚之 2017/10/26 「介助保障と難病 運動編」,ポスター報告,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF:和文英文]
桐原 尚之 2017/10/26 「刑事責任能力の社会モデルと障害者権利条約」,ポスター報告,障害学国際セミナー 2017,於:順天郷大学(大韓民国) [PDF:和文英文]

■2017年12月〜 収集分(登録済)

◇張 恒豪・高 雅郁 20171201 「国際障害者デーから話し:障害者権利と東アジア障害学フォーラムの開始」,自由時報(Liberty Times Net)[台湾](2017年12月28日取得,http://talk.ltn.com.tw/article/breakingnews/2270323
長谷川 唯増田 英明西田 美紀桐原 尚之川口 有美子立岩 真也 2017/12/09 「人工呼吸器を装着したALS患者の自立生活――ALS患者が家族以外の人のケアを受け入れていく過程を通して」,ポスター報告,第28回ALS/MND国際シンポジウム,於:ウェスティン・ボストン・ウォーターフロント,ボストン
七瀬 タロウ 2012/12/** 「書評『病院の世紀の理論』猪飼 周平 2010 有斐閣」,『おりふれ通信』313号(2012年12月)
安原 荘一 2017/07/01 「アジアの精神障害者とオルターナティヴ療法/社会運動――TCI-A会議とINTAR学会への参加を通じて」,『研究の現場』,立命館大学生存学研究センター(http://www.ritsumei-arsvi.org/news/read/id/767

■2017年11月〜 収集分(登録済)

中村 雅也 2017/11/11 「障害のある教員に関わる政策の歴史と現状」,日本教職員組合障害のある教職員ネットワーク第4回全国集会講演,於:戸山サンライズ(東京都)

■2017年10月〜 収集分(登録済)

◇小川 恭一(兵庫県立こども病院名誉院長) 2016/03/** 「兵庫県立こども病院誕生当時のこと」,『兵庫県立こども病院移転記念誌』,兵庫県立こども病院,p.17 [PDF]
◇わたしたちの内なる優生思想を考える会 2017/10/31 「『不幸な子どもの生まれない運動]への称賛を公言してはばからない兵庫県立こども病院と、それを容認する兵庫県に抗議し、記載の削除・訂正を求めます。」 [PDF]
◇山戸 大智 2017/08/** 「「大智」という仕事―― 障害を生きる」 [PDF: 表紙もくじ1 原点2 ワープロとの出会い3 我が食の歴史4 CPUと出力機5 匿名と実名6「大智という仕事」7 車椅子8 百年間の修学旅行9 私と妻]
◇日本ALS協会 理事 嶋守 恵之 2017/05/13 「患者の立場から多職種連携 診療に望むこと」,於:東邦大学主催ALSシンポジウム「日本版Multidisciplinary clinic(多職種連携診療)に向けて」

■2017年09月〜 収集分(登録済)

「骨格提言」の完全実現を求める大フォーラム実行委員会 2017/08/23 「質問状」 [PDF]

■雑誌論文がHPに公開されている学会へのリンク

◇『政治思想学会会報』(政治思想学会)
*最新号含む

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jcspt/publications/index.html
◇『社会思想史研究』(社会思想史学会)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/shst/Report/index.html

UP:20041231 REV: 随時
全文掲載  ◇病者障害者運動史研究 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)