>HOME


アーカイビング活動に関する欧米の社会学系学界の動向



Tweet


全国のアーカイブ(別頁)  ■文献(別頁)

ウェブアーカイビング(別頁)  ■アーカイビング――障害/クィア/BIPOC/フェミニズム(海外)(別頁) 
アーカイビング活動に関する欧米の社会学系学界の動向(本頁)
アーカイビング――障害/クィア/BIPOC/フェミニズム(海外)(別頁)


※この頁は、日本社会学会社会学教育委員会、立命館大学生存学研究所、科研費研究「生を辿り途を探す:身体×社会アーカイブの構築」によって作成されています。
 ◇日本社会学会 
https://jss-sociology.org/
 ◇立命館大学生存学研究所 http://www.arsvi.com/https://www.ritsumei-arsvi.org/
 ◇生を辿り途を探す:身体×社会アーカイブの構築


伊東 香純 20220915 「質的データのアーカイブに関するアイルランドにおける取り組み」,『遡航』3:14-26
 http://aru.official.jp/m/SOKOU003.htm
伊東 香純 20221031 「欧州における国家的な質的データのアーカイブを巡る議論の検討――日本での取り組みに向けて」,『遡航』4
 http://aru.official.jp/m/SOKOU004.htm

 ◇作成:伊東 香純(学振PD/中央大学) 2022/07/08
 ※随時増補されます→学会報告&論文になります。↑

◆トランスナショナル:社会科学のデータアーカイブのリスト
*re3data(https://www.re3data.org/
「2014年3月25日、研究データのリポジトリのダイレクトリー“Databib”と研究データリポジトリのレジストリ“re3data.org”が、2015年末までに、DataCiteの支援を受けて、それぞれの2つのプロジェクトを1つのサービスに統合するという計画を発表しました。サービスの名称は“re3data.org : Registry of Research Data Repositories”となる予定とのことです。ダブリンで開催される第3回研究データ連合(RDA)総会に先立ち、DataCiteの総会に提案、承認される見込みとのことです。」(国立国会図書館関西館・図書館協力課調査情報係 2014)

*FAIR Sharing(https://fairsharing.org/)英国
「生命科学、環境科学、バイオメディカル分野を中心としたデータ共有のためのレジストリサイトです。2017年7月に前身であるbiosharing.orgからFAIRsharing.orgへ変更され、カバー範囲をサイエンス一般に拡大しました。Standards, Databases, Policies, Collectionsの4種の情報をカタログ型に整理し、提供しています。Standardsはオントロジーなどを、Databasesはデータベースに関する情報を、Policiesはデータ共有やメタデータに関するポリシーを、Collectionsは関連する組織等の情報をまとめています。」
https://integbio.jp/dbcatalog/record/nbdc01641

◆トランスナショナル:UNESCO Institute for Statistics Data Centre
http://uis.unesco.org/
Cross-nationally comparable statistics on education, science and technology, culture, and communication.

◆欧州:Consortium of European Social Science Data Archives (CESSDA)
https://www.cessda.eu/

◆英国:クオリデータ・アーカイブ(1994年〜)
2012年にUKデータサービスに組み込まれた
→青山 薫  20191020 「UK質的データアーカイブの設立経緯とその後」,『立命館生存学研究』3:97-103

◆米国:Qualitative Data Repository
https://qdr.syr.edu/
Predominantly US based repository for qualitative and multi-method social science datasets

◆米国:Inter-university Consortium of Political and Social science Research (ICPSR)
Institute for Social Research at the University of Michigan
https://www.icpsr.umich.edu/web/pages/index.html
Consortium of over 750 Universities with more than 250,000 data files and 21 specialised collections in education, ageing, criminal justice, substance abuse, and terrorism

◆米国:Center for Qualitative and Multi-Method Inquiry at the Maxwell School of Citizenship and Public Affairs at Syracuse University
https://www.maxwell.syr.edu/research/center-for-qualitative-and-multi-method-inquiry
社会科学の質的・混合データ

◆米国:Roper Centre for Public Opinion Research
https://ropercenter.cornell.edu/
Data from surveys of public opinion from the 1930s onwards. Whilst this is primarily US-based, data from over 100 nations are available.

◆オーストラリア:Australian Data Archive Center for Social Research and Methods at the Australian National University
https://ada.edu.au/
質的・量的・混合
Australian Data Archive:1981年〜

◆カナダ:Canadian Opinion Research Archive (CORA) at Queen’s University
https://www.queensu.ca/cora/
商業・学術データ

◆アイルランド についてたぶん『遡航』003

○Irish Social Science Data Archive
https://www.ucd.ie/issda/
 質的データ 2000年〜
 Council of European Social Science Data Archives (CESSDA) and the International Association of Social Science Information and Technology (IASSIST)のメンバー
(McBride 2003)

○Irish Qualitative Data Archive (IQDA):2008年〜
◇アイルランド質的データアーカイブ(IQDA)
https://www.maynoothuniversity.ie/iqda
◇2008年の最初の資金:for three years under the fourth cycle of the Irish Government’s Programme for Research in Third Level Institutions (PRTLI4).
(Gray and Aileen 2010)
◇IQDAの取り組みに対する研究者の意見を調べたものとして、
Geraghty, Ruth, 2014, “Attitudes to Qualitative Archiving in Ireland: Findings from a Consultation with the Irish Social Science Community,” Studia Socjologiczne, 3: 187-201.
◇運営者がIQDAを紹介したPPTとして、
Gray, Jane, 2012, “Sharing and Re-using Qualitative Data in Ireland,” CSTAR: Seminar on Secondary Data Analysis,(2022年7月14日取得,http://www.cstar.ie/t4cms/Sharing%20and%20re-using%20qualitative%20data%20in%20Ireland_2.pdf
◇IQDAを含む欧州の質的アーカイブの取り組みをまとめたものとして、
Neale, Bren and Libby Bishop, 2011, “Qualitative and Qualitative Longitudinal Resources in Europe: Mapping the Field and Exploring Strategies for Development,” International Association for Social Science Information Service and Technology, 34(3):6-11.
◇IQDAのデータ収集方針などを活用している研究として、
Ann-Marie Creaven, Emma Kirwan, Annette Burns and Paraic S. O’Suilleabhain, 2021, “Protocol for a Qualitative Study: Exploring Loneliness and Social Isolation in Emerging Adulthood (ELSIE),” International Journal of Qualitative Methods, 20: 1-7.
Harris, Elaine, Sheila Greene and Brian Merriman, 2011, Growing Up in Ireland National Longitudinal Study of Children, Minister for Health and Children.(2022年7月15日取得,https://www.growingup.ie/pubs/BKMNEXT318.pdf

○分野横断的なデータベース(https://www.dri.ie/

◆Gray, Jane and Aileen O'Carroll, 2010, “Qualitative Research in Ireland: Archiving Strategies and Development,” International Association for Social Science Information Service and Technology, 34/35: 18-22.
◆Heaton, Janet, 2008, “Secondary Analysis of Qualitative Data: An Overview,” Historical Social Research, 33(3): 33-45.
◆McBride, James, 2003, “What is the Irish Social Science Data Archive?,” Irish Political Studies, 17(1): 1-3.
◆Roulston, Kathy, 20190509, “Archiving Qualitative Data,”(2022年7月8日取得,https://qualpage.com/2019/05/09/archiving-qualitative-data/


*本頁作成:伊東 香純立岩 真也 
UP:2022 REV: .... 20230325
生を辿り途を探す:身体×社会アーカイブの構築ウェブアーカイビング病者障害者運動史研究歴史  ◇  ◇索引 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)