HOME > 生存学 催 2021 >

情報保障のいまとこれから――生存学研究所の取り組み

2021年11月20日(土) 13:30-17:00
Zoomミーティング

[企画HP] / [PDF:チラシ]

Tweet
last update: 20201112


■情報保障のいまとこれから――生存学研究所の取り組み

日時:2021年11月20日(土) 13:30-17:00
会場:Zoomミーティング
手話通訳・文字通訳あり(事前申込不要) 参加費:無料
参加登録:Google Form
参加方法:要事前登録(19日正午締切)
以下のURLからGoogle Formでお申し込みください。
https://docs.google.com/forms/d/14yqLJwgPmmt4mcKR9UQaraCxfhCZbVZONATJFH8fuMs/
(Google Formがうまく使用できない場合は、川端(mikikwbt@arsvivendi.comfc.ritsumei.ac.jp)までご連絡ください)

主催:立命館大学生存学研究所
協力:「困りごとを抱えた学生と教員を架橋するプラットフォームの構築:Postコロナ社会における高等教育のハイブリッド化による「障害学生」支援の未来」(立命館大学「Postコロナ社会における課題解決、価値創造に貢献する研究プロジェクト」)

企画趣旨

生存学研究所がこれまでやってきたオンライン企画や障害学国際セミナー、土曜講座などの情報保障の取り組みについて、オンライン事務局メンバーの報告、研究所の土曜講座の取り組み、またこれまで研究所の情報保障に大きく関わってきたNPOゆになどの報告をもとに情報の発信・共有をおこなう。また、情報保障を受ける当事者である聴覚障害者、留学生、さらに障害教員の視点を加え、これからの情報保障のありかたについて、参加者とともに検討する。

プログラム


お問い合わせ: mikikwbt@スパム対策fc.ritsumei.ac.jp




*作成:安田 智博
UP: 20211112 REV:
障害者の権利 バリアフリー/ユニバーサルデザイン/アクセス/まちづくり  視覚障害  ◇聴覚障害・ろう(聾)  ◇手話通訳  ◇生存学研究所 催 2021  ◇
TOP HOME (http://www.arsvi.com)