HOME > >

南・東南アジアにおける障害研究プロジェクト
調査報告研究会

於:立命館大学衣笠キャンパス創思館416

Last update: 20140204

■南・東南アジアにおける障害研究プロジェクト 調査報告研究会

日時:2014年2月17日(月)13時〜

会場:立命館大学衣笠キャンパス創思館416
衣笠キャンパスへのアクセス http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_kinugasa_j.html
創思館へのアクセス(マップ中の24番の建物) http://www.ritsumei.jp/campusmap/map_kinugasa_j.html

◆ 企画概要

多様な国家と文化をかかえる南アジアや東南アジアにおける障害者問題について調査に取り組み、同地域における障害者について当事者主体的な「生存」をめぐる課題と支援のあり方について検討する。南・東南アジアでは、障害者に関する基礎的な統計調査ですら整っておらず、また文化や宗教の多様性に起因するさまざま問題が生じている。障害者をめぐる問題について、ヴェトナムとバングラディシュにおける調査研究についての報告会をおこなう。

報告(1):権藤 眞由美(立命館大学先端総合学術研究科)「ヴェトナムの福祉制度と当事者」

報告(2):金澤 真実(立命館大学先端総合学術研究科)「バングラデシュ、マイメイシン市における開発援助団体の支援と女性障害者――なぜ、女性障害者が不可視化されるのか」

総合討論

司会:渡辺克典(立命館大学生存学研究センター)

◆ 主催:立命館大学生存学研究センター若手研究者研究力強化型「南・東南アジアにおける障害研究プロジェクト」

UP: 20140121 REV: 20130203, 0204

TOP HOME (http://www.arsvi.com)