HOME > 全文掲載 >

[報告資料]コミュニティガーデン/ラディカルガーデニング――イギリスの事例から学ぶその実践と運動的意義

[Presentation Material] Community Garden and Radical Gardening: Learning from the UK Case Study on Its Practices and Movement Significance

村上 潔Murakami, Kiyoshi] 20230220
於:釜ヶ崎夜間学校[Kamagasaki Night School (Osaka, Japan)]
*村上はZoomでの参加[via Zoom]

Tweet
last update: 20230321

■本資料について

本ページの内容は、以下の学習会での報告資料として村上潔が作成したものである。
[This is my presentation material at the following study group.]
*企画終了後も随時増補する。

◆《釜ヶ崎夜間学校》2023年2月開催
日時:2023年2月20日(月)20:30〜23:00
会場:釜ヶ崎内の共同スペース+Zoom
ゲスト報告者:村上潔

■報告の前に

関連資料

◆arsvi.com:立命館大学生存学研究所
コミュニティ・ガーデン/コミュニティ・キッチン[Community Garden / Community Kitchen]
都市・空間・場所[City/Urban/Space/Place]
生活・生存[Life/Survival]
居住の権利/正義――を求める運動[(Struggle for) Housing Rights/Justice]
ホームレス/寄せ場[Homeless/Homelessness/Yoseba]
フェミニズム/家族/性[Feminism/Family/Sex]
環境倫理/公害/環境思想[Environmental Ethics/Thought and Pollution]
バリアフリー/ユニバーサルデザイン/アクセス/まちづくり[Barrier-Free / Universal Design / Accessibility / Town Planning]
アクセシビリティ[Accessibility]
居住/住居[Housing/Residence]

■内容

注目すべき動向

◆コミュニティガーデンとコミュニティキッチン(/フードバンク)の連携
◆社会運動(ストライキ/野宿者支援などの現場)を下支えする役割
◆コミュニティケアとしての機能――特にCOVID-19以降における重要性
◆ジェントリフィケーションへの対抗という側面――都市空間の奪還と自律的運営
◆気候危機・環境破壊への対応としての実践

事例紹介

◆〈アグニュー・レーン・コミュニティガーデン[Agnew Lane Community Garden]〉(グラスゴー[Glasgow])

 *ゴーヴァンヒル[Govanhill]/クロスヒル[Crosshill]地区 【地図】
◇グラスゴーで最も貧しい地域のひとつに内包された空間
◇もともとは荒れ果てた状態で放置されていた元工場の敷地
◇所有者:〈ハンター・ホームズLLP[Hunter Homes LLP]〉:2007年に購入して以来、未開発のまま放置されてきた。
◇2011年:地元のコミュニティグループ(環境慈善団体)〈サウス・シーズ[South Seeds]〉によって土地の再利用に向けた取り組み始まる。
┃SSが植栽ベッドや果樹を集めて管理→ボランティアがゴミを取り除き、果物や野菜を育て始めた。
┃約200人の地元住民が3年かけてコミュニティガーデンを設立・維持してきた。
◇2013年11月:土地の所有者である〈ハンター・ホームズLLP[Hunter Homes LLP]〉(不動産開発会社:取締役はモナコ在住)の職員が、何の前触れもなくガーデンを破壊→更地に。ガーデンにあった資材や植物は失われた。
┃SSは事前に十分な通知を受けておらず、破壊を防ぐために資材や植物を別の場所に移動させることができなかった。
◇2020年:パンデミックの只中に、コミュニティの栽培者たちの新たなグループが、開発者が残した危険なゴミを取り除き、拾ってきた資材で材料で菜園作りを始める。
┃グループは、自分たちが作った野菜を地元のフードバンクやフードポイント、地域団体に寄付することを目的としている。
┃グループは、現在では庭師、近隣住民、コミュニティオーガナイザー、地元企業などで構成され、100人を超える規模に成長。
┃作物の寄付だけでなく、パンデミック時に人々が安全に集える環境を構築したことも成果として挙げられる。
◇2021年:開発業者(HHLLP)が請負業者を送り込み、アグニュー・レーンのすべての木を伐採し、基礎工事に向けて土地を平らにする行動にでる。
┃栽培者たちは、HHLLPが取得した計画許可は2020年3月に失効していることを業者と議会の両方に指摘。アグニュー・レーンの開発計画を中止し、スペースをコミュニティに譲り渡すよう要求。コミュニティはこの場所をこのまま共有スペースとして残すことを望んでいると主張。
◇2021年6月:グラスゴー市議会が、開発業者(HHLLP)に一時的な取り壊し停止命令を出す。
◇2022年(?):栽培者・近隣住人・コミュニティオーガナイザーによりアグニュー・レーンの買い取りを実現するためのコミュニティ団体が設立される。
┃地域社会のための、地域社会による土地の開発を促進することを目標とする。
┃理想とすること:(1)地域住民に野菜や果物を無料で提供するだけでなく、在来種の植物や昆虫、動物が共存できるガーデンを作ること。(2)ガーデンを学びの場とする――隣人について学び、建築の方法、生物多様性を促進する方法、食料栽培の方法を学ぶ。(3)都市環境における権利の剥奪、食料危機、環境悪化に対抗するためのコミュニティ・エンパワーメント。
┃一般の参加希望者も常時募っている。
◇住人の言葉(2013):「アグニュー・レーンのガーデンはゴーヴァンヒルの希望の光」/「近所の人たちを結びつける、命を吹き込むプロジェクト」/「このガーデンを通して、他の場所では関わらないような人たちと関係を築いてきた。」
◇栽培者の一人の言葉(2021):「ゲリラガーデニングで最も肝心なことの一つは、地元の人々を味方につけ、以前よりも良い空間を残すこと。私たちの目標は、地域の人々の不満を記録し、そのスペースが別の方法で使えるようになることを願うこと。」

★この事例からわかること:
ラディカルなコミュニティガーデンの実践は――
◇コミュニティを無視した開発(ジェントリフィケーション)への抵抗となる
◇コミュニティの形成・強化を促す
◇地域社会の自律的運営を部分的に担う機能をもつ
◇自治体を動かし土地を保全しうる条件を準備できる
◇関わる人々の相互理解・相互扶助を促進する
◇人々に様々な学び(の場)を提供する
◇都市の食料問題への対応となる
◇都市における人権問題の提起につながる
◇都市環境問題への取り組みの一環となる
◇自然環境・生態系・生物多様性を守る実践となる
――といった可能性を担保している

▼参照ページ/記事
◇Agnew Lane Community Garden
https://agnewlane.co.uk
◇"Agnew Lane"(South Seeds)
https://southseeds.org/agnew-lane-2/
◇Duffy, Owen, 2013, "Govanhill's Guerrilla Gardeners Find Their Waste Ground Allotments Bulldozed", Guardian, November 15, 2013, (https://www.theguardian.com/uk-news/scotland-blog/2013/nov/15/scotland-glasgow-southseeds).
“【Caption】Three years ago, the South Seeds community campaign in Glasgow converted derelict ground in Govanhill into a thriving community garden and allotment, only to see it demolished without warning by its owners”
◇Doak, Sam, 2021, "Community Growers Celebrate Stop Notice for Agnew Lane Developers", Greater Govanhill, June 11, 2021, (https://www.greatergovanhill.com/latest/community-growers-celebrate-stop-notice-for-agnew-lane-developers).
“【Caption】Local community groups are celebrating after Glasgow City Council served a temporary stop notice to developers attempting to demolish a community garden on the site.”

その他の事例

◆ブリストル

◇〈Golden Hill Community Garden〉
https://www.goldenhillcommunitygarden.org
┃Turns, Anna, 2021, "'Revolutionary in a Quiet Way': The Rise of Community Gardens in the UK", Guardian, September 21, 2021, (https://www.theguardian.com/environment/2021/sep/21/revolutionary-in-a-quiet-way-golden-hills-community-garden-in-bristol).
“【Caption】Royal Horticultural Society sets up first Community Awards as community gardens become more common”
‐ コミュニティの回復力を高める
‐ 人々にインスピレーションを与え元気づける
‐ 低コスト・小規模から始める
‐ 助成金/有給スタッフ(1名)
‐ 持続可能で自立した財政状況を目指す
‐ コミュニティ利益会社[Community-Interest Company](社会的企業の一種)
‐ 年間を通して教育プログラムを運営
‐ 子どもたちの学び・成長
‐ すべての人に開かれていて審査がない
‐ スタッフの言葉:コミュニティガーデンは「ひっそりとしていて非商業的、かつ極めてラディカルな方法で革命的」なもの

◆ロンドン

◇〈Love Lane Community Garden〉
Love Lane Community Garden[Facebook]
“Love Lane Community Garden run by PEN is a wild life sanctuary, with an orchard and veggi patch all”
┃O'Connor, Tara, 2019, "South Norwood's Love Lane Community Garden Will Stay Fenced Off: But Landowners Say There Is No Plan to Stop People Using the Space", MyLondon, November 15, 2019, (https://www.mylondon.news/news/south-london-news/croydon-south-norwood-love-lane-17264661).
‐ デヴェロッパー〈Global Acquisitions Group〉がフェンスを設置
‐ クロイドン区(サウス・ノーウッドの管轄区)と協議してライセンスを発行させる→コミュニティは区を通すかたちで当面のあいだガーデンにアクセスできるように

◇〈オールド・タイドミル・ガーデン[Old Tidemill Garden]〉
┃村上潔 2018 「デトフォードの占拠運動者たちは訴える、「ジェントリフィケーションは組織犯罪だ」」,反ジェントリフィケーション情報センター,2018年9月3日更新,(https://antigentrification.info/2018/09/03/20180903mk/)
┃村上潔 2018 「トークセッション「オリンピックとジェントリフィケーション」を終えて」,反ジェントリフィケーション情報センター,2018年9月27日更新,(https://antigentrification.info/2018/09/27/20180927mk/)
 *【追記(2018/09/28)】参照
┃Art&Critique, 2018, "Open Forum, Deptford Art & Gentrification Walk. Old Tidemill Wildlife Garden, May 2018", SoundCloud, September 20, 2018, (https://soundcloud.com/videomole/deptford-art-gentrification-walk-tidemill-garden-may-2018mp3).=2018 村上潔訳,「公開フォーラム:アートとジェントリフィケーション(2018年5月)――議論の概略」,反ジェントリフィケーション情報センター,2018年10月1日更新,(https://antigentrification.info/2018/10/01/20181001mk/)
┃Save Reginald Save Tidemill, 2019, "We Sent a Resounding Message of Support to the Occupation from Deptford!", Facebook, April 7, 2019, (https://www.facebook.com/savetidemill/posts/575251539626375/).=2019 反ジェントリフィケーション情報センター訳,「〈Save Reginald Save Tidemill〉キャンペーンから〈釜ヶ崎センター開放行動〉への支援表明」,反ジェントリフィケーション情報センター,2019年4月15日更新,(https://antigentrification.info/2019/04/15/20190415srst/)
‐ 激しい抵抗活動
- ジェントリフィケーションをめぐる議論の場を設定
‐ 各地の闘争への積極的連帯

◇〈Trees For Bermondsey〉
@BermondseyTrees[Twitter]
“We look out for trees in the Southwark wards of North and South Bermondsey, London Bridge and West Bermondsey, and Chaucer.”
┃“Join us this Saturday 18th February at the Blue Market between 12 & 3 and find out how you can help revive Shuttleworth Park, the green [記号:緑のハート]of The Blue.”(2023年2月16日10:35*現地 https://twitter.com/BermondseyTrees/status/1626168351901745152/)
‐ 緑地保護/再生

意義

◆人種問題/植民地主義/搾取/排除――への抵抗
◇Cumberbatch, Aimée Grant, 2020, "The History of Black British Gardeners Is One of Resistance", gal-dem, October 29, 2020, (https://gal-dem.com/the-history-of-black-british-gardeners-is-one-of-resistance/).
“【Caption】From the transatlantic slave trade to Kew Gardens and the Chelsea Flower Show, the long history of Black horticulturists can’t be forgotten.”/“【Exordium】Gardening while Black is a vastly different thing to gardening as a white person. For one, Black people in the UK are four times as likely as white people to have no garden, balcony, or private outdoor space. Then there’s the history of violence and oppression at the hands of white people that complicates Black people’s connection with the land. But, Black gardening history is also a story of resistance, long-held knowledge, nourishment and survival.”
◇Cumberbatch, Aimée Grant, 2021, "Nature Is Healing: How Radical Gardening Offers a Future Free from Land Exploitation", gal-dem, October 31, 2021, (https://gal-dem.com/radical-gardening-land-exploitation/).
“【Caption】A new approach to tending green spaces is taking root, and it's regenerative, rule-breaking and welcoming of us all.”/“【Exordium】It was for good reason that farmer and food sovereignty activist Leah Penniman began her [2018] book Farming While Black with the Malcolm X quote: “Land is the basis of freedom, justice, and equality.” During the pandemic, the privilege of access to green spaces where you can learn, grow and breathe was thrown into sharp relief. But for the most marginalised in society, especially Black people and people of colour, struggling to find green spaces is nothing new. Nor is it an accident.”
◇Phillips, J'Nae, 2022, "Can Allotments Save Britain's Neglected Communities?", gal-dem, February 25, 2022, (https://gal-dem.com/allotments-britains-neglected-communities/).
 *allotment:“〈英〉(貸与される)家庭菜園”(英辞郎)
“【Caption】With food insecurity on the rise, and a lack of access to outdoor spaces for marginalised groups, are allotments the answer?”/“【Quot.】A lack of government assistance has led people to cultivate their own fresh food solutions, choosing to grow their own produce as an alternative way to source food. Allotments run by people from minority backgrounds can uplift overlooked and vulnerable communities by giving them equal access to fresh food and nature that those from more privileged backgrounds get to enjoy with relative ease.”

実践ガイド

◇Shahid, Nimra, 2022, "The gal-dem Guide to Starting a Community Garden", gal-dem, March 7, 2022, (https://gal-dem.com/how-to-start-a-community-garden/).
“【Introduction】Climate change and our cost of living crisis have forced us to think differently about how we access our food and treat our planet. In England alone, 82% of the population live in urban areas, with little breathing space to embrace nature. But community gardens could offer a solution. So gal-dem has put together a guide on cultivating your own little patch of green…”

■補足

◆ガーデニングは本質的に政治的な実践である――ということ

◇Barkham, Patrick, 2017, "Everything in the Garden Is Political ‐ Even at Hampton Court Palace", Guardian, July 8, 2017, (https://www.theguardian.com/commentisfree/2017/jul/08/garden-political-hampton-court-flower-show-gardening).
“【Quot.】McKay argues that allotments are “profoundly anti-capitalist” spaces. Modest council rents never reflect the true land value or what councils could earn from allotment land. Produce grown on allotments is consumed locally, and often swapped. Through allotments, we reject today’s dominant ideology of allocating resources via money and globalised markets. Hampton Court’s countless stalls selling tasteful garden tat could be said to belie this, but time spent gardening is time not spent shopping. That alone is pretty radical today. The Scottish land artist and gardener Ian Hamilton Finlay once wrote: “Certain gardens are described as retreats when they are really attacks.””
◇Jamieson, Ruth, 2012, "The Revolution Will Be Composted: Adventures in Radical Gardening", Guardian, January 20, 2012, (https://www.theguardian.com/lifeandstyle/gardening-blog/2012/jan/20/radical-gardening).
“【Caption】Gardening isn't all about pottering among the petunias: Ruth Jamieson on the rebel gardeners who are using plants to say something political”

◆ガーデニングとフェミニズム

◇Braga Bizarria, Maria Teresa, Marcela Palomino-Schalscha and Polly Stupples, 2022, "Community Gardens as Feminist Spaces: A More-Than-Gendered Approach to Their Transformative Potential", Geography Compass, 16(2): e12608, (https://doi.org/10.1111/gec3.12608).
“【Abstract】Finally, the paper suggests that community gardens can be conceptualised as feminist spaces, given their fluidity and capacity to enable critical perspectives in volunteers, which may result in alternative forms of political action. The paper concludes with suggestions for further critical research on UA spaces.”
◇Cumberbatch, Aimée Grant, 2020, "Putting Down Roots: Why I Started a Gardening and Plants Club for Women of Colour", gal-dem, February 8, 2020, (https://gal-dem.com/putting-down-roots-why-i-started-a-plants-and-gardening-club/).
“【Quot.】One of the best things about plants and gardens, whether at allotments like The Uplands or in initiatives like May Project Gardens is the communities that spring up around them. So in the next few months, I’ll be launching events where plant-loving women of colour can meet, chat, swap plant care horror and success stories and make some new friends.”

◆クィア/トランスとガーデニング

◇Reign, Eva (Photography By Jesse Pratt López), 2021, "How a Queer and Trans Latinx Gardening Collective Is Working to Reverse Food Insecurity in Atlanta", Vogue, March 8, 2021, (https://www.vogue.com/article/queer-trans-latinx-gardening-collective-atlanta).
“【Quot.】“We’re an intergenerational chosen family of queer and trans Latinx folks from different countries, different backgrounds,” he adds, “but we all share this common goal of liberation through food and reconnecting with our roots.”|While Mariposas Rebeldes is just a year old, food deserts are an age-old problem without one clear solution. As the collective continues to build, they hope to better the health and livelihood of Atlanta’s Latinx and Black neighborhoods one day at a time.”

◆その他/関連

◇ボランティア運営による自然保護区
┃〈Lavender Pond Nature Reserve〉(ロンドン)
@TCVLavenderPond[Twitter]
‐ 家族向けの体験企画など

◇行政による樹木伐採の現状
┃Laville, Sandra, 2023, "'A Disgrace': More Than 100 Trees Cut Down in Plymouth Despite Local Opposition", Guardian, March 15, 2023, (https://www.theguardian.com/environment/2023/mar/15/a-disgrace-more-than-100-trees-cut-down-in-plymouth-despite-local-opposition).
“【Caption】Scores of trees destroyed in hours on Tuesday despite petition signed by 16,000 people”/“【Exordium】More than 100 mature trees have been cut down in the centre of Plymouth in a move campaigners said was reminiscent of the needless felling of thousands of trees in Sheffield.”

◇ガーデンの新規開設にともなう募集
┃〈Jessica Huntley Community Garden〉
‐ grow the community(@growthecommuni1)
“Calling all grassroots growers! Come to a collective planting activity as part of the official opening of the Jessica Huntley Community Garden! Followed w speeches, music, food and discussion. 1st May 3pm, W13, Leeland Terrace by St James’ Church. Eric Huntley special guest.”(2023年3月19日*現地 https://twitter.com/growthecommuni1/status/1637503986793082881)

■参考/関連

◇村上潔 20220626 「[報告]コミュニティプラン策定とフォローアップ――ロンドンの2つのラテン・コミュニティに見るジェントリフィケーションへの対応」 [ゲスト報告]
13:00〜15:00 於:高瀬川南市営住宅集会所+Zoom
*《[勉強会]地(の神)の声を聞くレッスン――各再開発地域のレポート》
◇村上潔 20220209− 「【資料】イギリスにおけるジェントリフィケーションをめぐる最近の動向の紹介(2022/02/09)」
◇村上潔 20210801 「ジェントリフィケーションに対抗するフェミニスト・アクティヴィズム――ロンドンにおける多様な実践から」,『福音と世界』76(8): 30-35
*2021年8月号《特集:生きるためのフェミニズム 2──何に抗するか》
◇村上潔 20191214 「[報告]ジェントリフィケーションに抗するフェミニスト・アクション――ロンドンの事例を中心に」 [ゲスト報告者]
15:00〜17:00 於:ナゴヤ駅西 サンサロ*サロン
*《名古屋都市研究会》第5回研究会
◆佐藤由美子×村上潔(司会:堅田香緒里) 20190531 「[トークセッション]オリンピックとジェントリフィケーション――ジェンダー・文化・アクティヴィズムの観点から」,『支援』9: 151-181
◇村上潔 20190529 「佐藤由美子×村上潔「[トークセッション]オリンピックとジェントリフィケーション――ジェンダー・文化・アクティヴィズムの観点から」(『支援』Vol.9)に関する補足説明」,反ジェントリフィケーション情報センター
◇村上潔 20180927 「トークセッション「オリンピックとジェントリフィケーション」を終えて」,反ジェントリフィケーション情報センター
◇村上潔 20180901 「トークセッション「オリンピックとジェントリフィケーション」出演にあたって」,反ジェントリフィケーション情報センター

◆反ジェントリフィケーション情報センター
https://antigentrification.info


*作成:村上 潔Murakami, Kiyoshi
UP: 20230320 REV: 20230321
生を辿り途を探す――身体×社会アーカイブの構築  ◇全文掲載
TOP HOME (http://www.arsvi.com)