HOME > 全文掲載

インタビューC 障害教師研究の展望

中村 雅也×佐藤 幹夫 2021/01/04 オンラインインタビュー

インタビュー@ インタビューA インタビューB インタビューC

Tweet
last update:20210503


■インタビューC 障害教師研究の展望

話し手:中村 雅也
聞き手:佐藤 幹夫
日時:2021年1月4日(月) 16:00-18:00
場所:オンライン(zoom)
*本稿は月刊『教職課程』に連載の「教育≠ヘどこに届くのか」のために、佐藤幹夫さんが中村雅也に行ったインタビューを文字化し、佐藤さんの承諾を得て掲載するものです。


◆障害教師研究の展望

○佐藤 お話しいただいてもう2時間近くなりますが、今考えておられることというんでしょうか、今取り組んでおられるテーマ、あるいはこれからこういうテーマに取り組んでいきたいというような課題だと思っておられることについて、コメントをしていただいて、締めくくりとさせていただくのがいいのかなと思いますけれども。

○中村 はい。『障害教師論』という本の中には視覚障害の教師のことしか書かなかったんですが、今回、新しく論文というか、エッセイというか、ちょっと……

○佐藤 車椅子の方の。

○中村 ええ。メールで書いたものをお送りしたと思うんですけれども、一つには、やっぱり、そういう多様な障害のある先生方の実践の実態みたいなものは、もっと研究者として世の中に知らせていかなければいけないと思っています。それは例えば個人、三戸さんみたいに個人でエッセイを書かれたり、個人で発表されている人たちもたくさんいらっしゃる。障害のある先生方の発信力は強いですから、いらっしゃるんだけれども、それはそれで非常に貴重なんですけれども、一方で、僕ができるのは、そういう先生方の教育実践や支援の状況とかライフヒストリーみたいな大きなものも含めて、それを障害のある教師の今までの歴史だとか現状の中にちゃんと位置づけて指し示すとか、現代の学校教育の中に位置づけて指し示すとか、それが僕にできることだと思っているんですよ。だから、個人の先生方の個人の生き方は、それぞれ個人の先生でエッセイなりテレビ出演なりでどんどん発信していただくということは非常に大切なことだと思うんですが、それは個人の先生にしかできないことだけど、僕にしかできないことは、それらの個々の先生方に例えばインタビューしたり取材したりして、僕が知ったその先生方の実践をもっと大きな日本の学校教育の中に位置づけて示していく、障害者の労働の中に位置づけて示していく、そういうような仕事を僕は目指しています。

○佐藤 なるほどね。聞き取りはずっと続けておられるわけですね。

○中村 ええ、今ちょっとコロナでどうしようもないですよね。Zoomでもできるんですけど、なるべくやっぱり会ってね。目が見えへんもんが会ってねというのも逆におかしいかもしれませんけど、やっぱりちょっと学校に行って現場を見たりとか、肌感覚みたいなものがないと。もちろん協力してくれる人はたくさんいると思うんですが、会ったこともないし、その人の現場見たこともない人に、Zoomで2時間話聞いて論文書くみたいなことはしたくないんですよ。そんな研究者はいっぱいいてるんでね。やっぱり長く付き合って、その人のね。例えば2時間のインタビューを論文にする前に、もう10時間、20時間、一緒に時間を過ごしているぐらいのものがないと薄っぺらいですよね。そういう意味では、実践をやっている先生方との関係性はずっと持っていくために、つながりは持っていますけれども、まだ調査というのは、なかなか今はちょっと控えています。

○佐藤 はい、分かりました。お話伺って、本を読ませていただいた印象の通り、なかなかパワフルな方だなと感じながらお話を伺っていました。
 こんなところで今日は終わりにしたいと思います。また何か機会がありましたら、お話を伺わせていただくことがあろうかと思いますけれども、取りあえず今日はこんなところで終わりにしたいと思います。


佐藤幹夫 Sato Mikio
1953年秋田県生まれ。國學院大學文学部卒業。批評誌『飢餓陣営』主催。フリージャーナリスト。主な著書に『自閉症裁判−レッサーパンダ帽男の「罪」と「罰」』(朝日文庫)、『「自閉症」の子どもたちと考えてきたこと』(洋泉社)、『評伝 島成郎』(筑摩書房)など。最新刊に『ルポ 闘う情状弁護へ−「知的・発達障害と更生支援」、その新しい潮流』(論創社)がある。



*作成:安田 智博
UP: 20210503 REV:
障害学生支援(障害者と高等教育・大学)  ◇障害者と教育  ◇全文掲載

TOP HOME (http://www.arsvi.com)