HOME > 全文掲載 >

「出席者・付属資料」(優生保護法被害者一時金支給法施行1年に関わる要請)

優生保護法を考える新潟の会事務局 20200703.

Tweet
last update: 20200720


■本文

優生保護法被害者一時金支給法施行1年に関わる要請

2020年7月3日  県・新潟市

出席者
横山陽子(新潟県人権・同和センター副理事長/新潟ヘルプの会代表)
青木 学(新潟市議会議員)
石附幸子(新潟市議会議員)
太田信一(部落解放同盟新潟県連合会執行委員)
島田 克(新教組/新潟県教職員組合執行委員)
室橋春季(新潟県人権・同和センター事務局長)

附属資料
要請項目5についての補足:新潟県は県民に周知はしないが、県民が自主的に持ち込んだ相談については請求に持ち込み、認定させる姿勢になっており、県民への周知徹底が課題です。

■相談件数の人口比
新潟県は31位
大分県 0.020168623
山口県 0.015255817
宮城県 0.013025933
秋田県 0.012297258
徳島県 0.011991702
■請求に到達した相談件数比
新潟県は17位
茨城県 61.19402985
山形県 56.92307692
島根県 56.25
長野県 50
鳥取県 50
■認定に達した請求件数比
新潟県は4位
北海道 69.76744186
長崎県 83.33333333
宮城県 80.43478261
新潟県 80
石川県 80


■原文PDFファイル

優生保護法を考える新潟の会事務局 20200703 「出席者・付属資料」(優生保護法被害者一時金支給法施行1年に関わる要請) [PDF]



*作成:岩ア 弘泰
UP: 20200717 REV: 20200720
優生保護法を考える新潟の会 優生 2020(日本) 青木 学 全文掲載
TOP HOME (http://www.arsvi.com)