HOME > 全文掲載 >

『「NIPT のよりよいあり方に関する提言」の送付について(報告) 』

NIPTのよりよいあり方を考える有志 20200617

Tweet
last update: 20200619


■本文

2020年6月19日

報道関係各位

「NIPTのよりよいあり方に関する提言」の送付について(報告)

 私たちは「NIPTのよりよいあり方を考える有志」(呼びかけ人:齋藤有紀子柘植あづみ)と申します。2019年7月より、NIPTのよりよいあり方について、分野・立場の異なる16名で議論を続けてきました。
 このたび添付の「NIPTのよりよいあり方に関する提言」を作成し、関係する行政機関および学会等に送付しましたので、ここにご報告申し上げます(送付先は添付の文書をご覧ください)。
 NIPTが急速に拡大する中、日本産科婦人科学会は昨年6月、実施施設の要件緩和と遺伝カウンセリングの機会削減となる形で指針を改定しました。その後、厚労省が立ち上げたワーキンググループも1月以来開かれていません。そのような中、最近になって日本産科婦人科学会が他学会との調整を始め、「指針の再度の見直し」が行われていることが判明しました(周産期医学50巻6号)。
 私たちは、議論の停滞と拙速な方針決定を危惧し、関係各所に以下の提言を送付した次第です。


NIPTのよりよいあり方に関する提言(項目のみ抜粋)
2020年6月17日
NIPTのよりよいあり方を考える有志

より多くの方と問題を共有したく、ぜひ報道くださいますよう、よろしくお願いいたします。

NIPTのよりよいあり方を考える有志
呼びかけ人 齋藤有紀子(北里大学)・柘植あづみ(明治学院大学)
連絡先 niptpgd@arsvivendi.comgmail.com URL:https://niptpgd.blogspot.com/

添付文書:NIPTのよりよいあり方に関する提言


■原文

NIPTのよりよいあり方を考える有志 2020/06/17 『「NIPT のよりよいあり方に関する提言」の送付について(報告) 』 [PDF]

■関連ファイル

NIPTのよりよいあり方を考える有志 2020/06/17 「NIPTのよりよいあり方に関する提言」 [PDF]




*作成:岩ア 弘泰
UP: 20200619 REV:
出生前診断 全文掲載 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)