HOME > 全文掲載 >

森 壮也さんからのメール「Zoomでの手話通訳について」

森 壮也さん 20200617.

Tweet
last update: 20200619


 森@IDEです。

磯野 博 さん、こんにちは。


磯野 博 さんから
[Jsds:2133] Zoomでの手話通訳について という題名で
Wed, 17 Jun 2020 14:54:52 +0900 に頂いたメールにお返事致します。


 皆様は、Zoom会議において、聴覚障害者に対する情報保障をどのようにされていますか?
 手話通訳者は、報告者と同じ画面に入ってもらいますか?
 それとも、上下左右のいずれかの隅に別枠で映す方法はありますか?
 要約筆記は、Zoomの画面共有を使い、打ち出される文字を見るということも考えられると思いますが…。
 そうそう、総理や知事の記者会見では、マスクを取らないと読唇ができないということも話題になっていましたね!

 Zoomという新しいツールが私たちの日常の中に突如として入り込んで来ましたね。
 どこでも右往左往しながら、それでもこうしたものを使わないことには会議もできないというので、どんどん取り入れています。
 
 ただ、これらのツールの多くは米国発であるため、リハビリテーション法のおかげで、いちおうは障害アクセシビリティは考えられているものの、十分とは言いがたく、またどのようにすれば障害アクセシビリティが達成されるのかについての説明も開発会社からのものは不十分なのが現状です。
 
 ろう者にとってもそれは同様でして、普通に使うと、たとえば弱視でいらっしゃる磯野さんがご存知かどうか分からないのですが、しゃべる音声によってフォーカスする画面を自動で移動するようになっており、しゃべることが前提の作りになっているなど、そもそもの作りがマジョリティである非障害者の状態を前提として彼らが使いやすいように設計されていることを痛感するばかりです。
 
 さて前置きが長くなってしまいましたが、Zoomをろう者が使う場合、現在、私の知る限りでは次のような状況です。
 
 1)ろう者同士で使う場合には、全員が手話で話しているので、画面が見にくい時には話をしている人の画面を拡大するなどの方法で対処可能。Zoom飲み会などもろう者間では盛んなようです。
 
 2)ただし問題は、ろう者と聴者が一緒にZoomを使うようなケースです。
 今、色々とネットでの情報を見ていると、 
 @手話通訳を入れるケース
 AUDトークのような自動音声認識アプリを利用するケース
 の二種類の対応がされているようで、両方を同じ画面で映し出すための工夫も出てきています。
 
 3)上記の@の方法の場合には、手話通訳者を画面に固定する機能がZoomにはあるので、それを用います。
 もし運良くデュアル画面が使えるケースでは、手話通訳をデュアル画面の2に固定して、二人通訳がいる場合でも、今、通訳している人を切り替えてそちらの画面に出します(待機している通訳はビデオをオフにします)。画面に余裕がある場合には、両通訳を映し出し、しゃべくりだけの方々のビデオをオフにするという使い方もあります。
 
 4)UDトークやGoogle Documentなどで音声を拾ってそれを画面に映し出す方式です。UDトークはスマホベースなので、スマホをPCにつないだり、Google Documentの自動翻訳機能をPCの中で、OBS Studioという仮想カメラのようなアプリでZoomに読み込めるようにして、Zoomの画面共有で字幕を出しながら使うという使い方がされているようです。
 
 5)上のOBSでは、手話通訳画面と字幕を合成する(仮想画面に両方を読み込む)ことも可能なので、この機能を用いて、手話通訳と自動音声認識字幕とを共にZoomの中で映し出して使うということも行われているようです。
 
 ただ、いずれもネットで探さないと情報が出てこないので、知っている方はいいのですが(本来、Zoom自体がそうした機能を備えて説明もしているべきだと思います)、そうでないと大変だと思います。これらの使い方については、インフォメーション・ギャップ・バスターズの伊藤さんや筑波大学大学院発の以下の情報などが参考になります。


オンライン講義での遠隔文字情報保障の方法(ZoomとcaptiOnlineの事例)
http://www.unikyoto.com/2287/

手話と字幕を同一画面にして情報発信する方法
https://note.com/besus/n/n660ffb7a24a2

無料でビデオ会議をリアルタイム字幕化!画面合成システムが話題に!
https://appli-world.jp/posts/14954

森@IDE




【ご案内】
・最新刊,森編『途上国の障害女性・障害児の貧困削減――数的データによる確認と実証分析――』アジア経済研究所研究双書No.636,2018年3月に出たばかりです。
途上国からインド、インドネシア、フィリピンの三カ国について、障害女性と障害児の広義の貧困状況について、数量データを提示し、計量分析を行って彼らの状況についての分析を類書としては初めて計量的に行ったもの。(http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Books/Sousho/636.html
Edited by Soya Mori, Celia M Reyes, Tatsufumi Yamagata( http://www.routledge.com/books/details/9780415507851/
・森・山形『開発経済学の挑戦IV 障害と開発の実証分析−社会モデルの観点から』勁草書房(http://www.keisoshobo.co.jp/book/b107665.html)⇒第17回(2013)国際開発大来賞受賞!ありがとうございます!(http://www.fasid.or.jp/activities/6_index_detail.shtml)
*********************************************
日本貿易振興機構アジア経済研究所(JETRO-IDE)
新領域研究センター 主任調査研究員

〒261-8545
千葉県千葉市美浜区若葉3-2-2

森 壮也
E-mail: soya_mori@ide.go.jp
職場ホームページ http://www.ide.go.jp/
個人ホームページ http://sites.google.com/site/developmentandsignlintuistics/
Twitter ID : Econ_Plus_Ling(English only)
Fax:043-299-9548
***********************************************




*作成:岩ア 弘泰
UP: 20200619 REV:
オンライン交信術 森 壮也 全文掲載
TOP HOME (http://www.arsvi.com)