HOME > 生存学 催 2020 >

「国際学術シンポジウム 歴史・人生・物語──東アジアのオーラルヒストリー研究」

於:立命館大学 東京キャンパス

[チラシ]

Tweet
last update: 20200213


※延期になりました。開催日などについてはあらためてまたお知らせいたします。

■「国際学術シンポジウム 歴史・人生・物語──東アジアのオーラルヒストリー研究」

日時:2020年3月21日(土)12:00〜17:00(延期)
会場:立命館大学 東京キャンパス(東京駅徒歩5分)
主催:東京大学情報学環北田暁大研究室/立命館大学生存学研究所
参加:無料(予約不要)


■企画趣旨

 たとえば、いまから100年前の「普通の」人びとの暮らしや生い立ちの記録が残っていたら、それは現在の社会科学や人文諸学にとって、きわめて貴重な資料となるだろう。あるいは、たとえばそれが500年前、そして1000年前なら。
 現在、世界中の社会学・歴史学・人類学などで、「人びとの語り」が、重要な研究対象として脚光を浴びている。巨大な歴史的事件や社会変動を経験した個人の語りは、ますますその価値を高めている。
 今回、このシンポジウムでは、日本・台湾・韓国の第一線の研究者が集まり、「東アジア」を軸としたオーラルヒストリーの比較研究の可能性を探る。
 植民地、戦争、そして激動の戦後を経験した東アジアの人びとの語りを、私たちはどのように聞き取り、解釈し、そしてまた新たな物語を語り継いでいくことができるだろうか。

報告者


■主催

東京大学情報学環北田暁大研究室/立命館大学生存学研究所

■会場アクセス

東京キャンパス | 学校法人 立命館
住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー8階
東京キャンパスへのアクセス方法と入館方法については、下記のURLを参照してください。
アクセス:http://www.ritsumei.ac.jp/tokyocampus/access/
入館方法:http://www.ritsumei.ac.jp/tokyocampus/admission/

その他

※使用言語:日本語・中国語・韓国語(通訳付き)

お問い合わせ

寄附講座 「東アジアオーラルヒストリーアーカイブ構築研究」事務局
E-mail: keiko_takeda@iii.u-tokyo.ac.jp


*作成:安田 智博
UP: 20200213 REV:
ライフヒストリー/生活史 生活・生存  ◇ナラティヴ  ◇世界  ◇生存学研究所 催 2020  ◇
TOP HOME (http://www.arsvi.com)