HOME > >

2019年度立命館大学大学院 先端総合学術研究科パートナーシップ委員会企画
「マイクロアグレッションを考える――研究の『多様性』をどう受け入れるか?」

於:立命館大学衣笠キャンパス 図書館カンファレンスルーム

Tweet
last update: 20200224


■2019年度立命館大学大学院 先端総合学術研究科パートナーシップ委員会企画
「マイクロアグレッションを考える――研究の『多様性』をどう受け入れるか?」

日時:2020年2月21日(金) 15時〜18時
場所:立命館大学衣笠キャンパス 図書館カンファレンスルーム

■趣旨

森 敬洋氏[外部]のメール案内より

この度、2020年の先端研パートナーシップ委員会企画のイベントの開催日時決定に際し、皆さまにお知らせさせていただきたく思います。本年度の企画は「マイクロアグレッション」と大学院内の「多様性」ということをテーマに、講演を開催させていただきたく思います。ゲスト講師は金友子先生(立命館大学国際関係学部准教授)及び大橋敏子先生(国際教育交流協議会多文化メンタルヘルス研究会代表)にお越しいただきます。金先生には「研究の場から見るマイクロアグレッション」という題目にて、マイクロアグレッションが共同研究の場でどのように生じてくるのかについてお話していただきます。また、大橋先生には「外国人留学生のメンタルヘルスの実態と課題」という表題にて、大学院における「マイクロアグレッション」に対し外国人留学生という具体的な側面からの考察を行っていただきます。

先端研に所属する多様な院生の皆様のみならず、先端研外部の多くの方にも是非お越しいただければと思いますので、ご興味を持たれそうな方がおられましたらご遠慮なく、本メールを転送していただければ幸いです。平日の開催ではございますが、ぜひ多くの方にお越しいただければと思います。


■プログラム


■主催

先端総合学術研究科パートナーシップ委員会




*作成:小川 浩史
UP: 20200224 REV:
千葉 雅也 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)