HOME > WHO > Santegoeds, Jolijn >

抜粋訳「アイントホーフェンモデルについてのプレゼンテーション」

Santegoeds, Jolijn 20130718 "Presentation text on Eindhoven Model- COSP"
【原文】http://punkertje.waarbenjij.nu/reisverslag/4567654/presentation-text-on-eindhoven-model-cosp

Tweet
last update:20150807


9段落

In the process of the Dutch law reform on forced treatments ? which I fully oppose ? I developed an alternative proposal: called the Eindhoven Model, which in my view would fit the needs of an inclusive and empowering approach of persons with psychosocial problems.
私が完全に反対する強制的な治療についてのオランダの法を変える過程で、私はオルタナティブの提案を考えた。それは、アイントホーフェンモデルであり、そのモデルは、精神的な問題を抱えた人々をエンパワーする包括的な方法の必要性に適合すると私は考えている。

10段落

The Eindhoven Model is based on using Family Group Conferencing for supported decision making in psychosocial crisis-situations.
アイントホーフェンモデルは、精神的な危機状態での意思決定を支援するFGCの使用に基づいている。

11段落

In the Eindhoven Model, instead of executing undesirable interventions, such as forced psychiatric treatments, the aim is to identify a range of desirable solutions on an individual level by Family Group Conferencing.
アイントホーフェンモデルは、強制的な治療といった望まない介入を実施する代わりに、FGCによって個人のレベルにおいて望ましい解決方法の幅を確認することが目的である。

12−13段落

I will now explain the model of Family Group Conferencing
Family Group may sound a bit misleading, this is referring to friends, neighbours, peers and any important person in one’s life, as in “extended family”.
ファミリー・グループは、少し誤解を与える表現かもしれない。ここには、「広範囲の家族」として友達、近所の人、同僚、その人の人生において大切なあらゆる人が入っている。

14段落

I will tell you how Family Group Conferencing began: In the 80s in New Zealand, the indigenous Maori population experienced they were disowned from their land, and then their children, who were placed in institutions by the New Zealand government. This caused huge resistance from the Maori population to the government. The NZ govt came to the insight they couldn’t ignore this deep-rooted resistance, and together with the Maori population they invented Family Group Conferencing.
FGCはどのように始まったのか:80年代にニュージーランドで、原住民であるマオリ族は、自分たちの土地の権利を認められないという経験をした。そして、その子どもたちはニュージーランド政府によって施設に入れられた。このことが、マオリ族から政府への強い反発を招いた。ニュージーランド政府は、この深い根をもった反発を無視できないと思うようになり、マオリ族とともにFGCをつくり出した。

15段落

Fact is that the government sets certain laws, such as on safety for children. The existence of a legal framework or condition is built in into Family Group Conferencing. This means there can be a rule, such as “no violence” or “ensure safety”. However, the key-question on “How to do this” was this time forwarded to the Maori population, who gathered a circle of wise and involved citizens to think about a plan, while bearing the framework in mind.
The circle of people talked about this question, in their own language and while applying their own values. They made a plan, and the NZ govt accepted this plan, because it met the set conditions on basic safety.
In this way the Maori population could keep ownership over their lives, and were allowed keep their own children safe. They knew what was expected from them, and they were able to find their own way to deal with these government’s laws.
実際には、政府は子どもの安全のための法を設けたのである。法的枠組みや状況は、FGCの中に組み込まれた。このことは「暴力をしない」「安全を確保する」といった規則が成り立ちうることを意味する。しかし、「それをどのようにするか」という鍵となる問題は、このときはマオリ族に回されていた。彼らは、枠組みを考慮しながら、計画を練るのに市民と賢者たちを集めた。
集まった人々は、自分たちの言葉で、自分たちの価値観を応用しながらこの問題について話し合った。彼らが計画をつくり上げ、ニュージーランド政府がそれを承認した。なぜなら、その計画は、基本的な安全という決まった条件に適合していたためである。
こうしてマオリ族は、自分たちの生き方の所有権を保持することができるようになり、子どもたちを安全にしておけるようになった。彼らは、そこから予想できることを知っており、政府の法律をとり扱う方法を見つけることができたのだ。

16段落

Now it’s almost 25 years later, and Family Group Conferencing is a recognized way of decision making, and a way of respecting citizens.
それから25年ほどたった現在、FGCは意思決定のための市民を尊重した方法として認識されている。

17段落

The main principle of Family Group Conferencing is: widen the circle of people, and engage everyone who is involved, because everyone can contribute.
FGCの主な原則は、全員が貢献できる力をもっているのだから、人々の輪を広げ、関わっている人全員の参加を促すことである。

18−20段落

These are the steps of Family Group Conferencing:
In practice FGC comprises the following main steps:
1. Referral
2. A. application and identifying main question.
B. support at selecting and inviting people
3. FGC meeting:
a. information sharing,
b. closed consultation (circle only)
4. Plan (checked by coordinator : SMART-appointments)

Much more information about Family Group Conferencing can be found online, also on YouTube.

21段落

It is relevant to mention that at step 3 the conference starts with Information sharing , which can also include views from professional carers. Then at the private family time all the outsiders leave, and then only the person with the own circle of people remain, and they can talk in their own language and discuss options.
ステップ3において、カンファレンスは情報共有から始めるのが適切である。ここでは、専門家からの視点を含めることも可能である。そのあと、私的なファミリーの時間には外部のものは去り、自分の輪の中の人たちだけが残って、自分たちの言葉で話し選択肢を議論する。

22段落

Family Group Conferencing is about widening the circle, which can also be applied without a legal framework or condition, and then implies a conference to consult the social network around a main question in life, such as: How to overcome a certain challenge? For example: What is needed for me to live in the community independently? This question can be discussed by the main person and his/her own circle of persons who are involved. They are of course the real experts on the particular individual situation.
FGCは、法的な枠組みや状況でなくても適用することができる輪を広げるためのものである。そして、どうやって決定的な難題を乗り越えるのかといった人生の主要な問題をめぐって、社会のネットワークに意見を求めることができることも示唆された。たとえば、地域の中で自立して生活していくために、私に必要なものは何か、という問いがある。この問いは、中心となる人と、その人に関わる人の輪で議論することができる。彼らは、もちろん特別な個人の状況に関して本当の専門家なのである。

23段落

Together they can find ideas to compose a plan which sets out which steps need to be taken, in order to answer the key question. So “who will do what and when in order to arrange independent community living”. Often the people themselves know very well what they really need. And generally it is: the more people, the more ideas..
彼らは一緒に、「地域での自立した生活をつくっていくために誰がいつ何をするのか」という鍵となる問いに答えるために、踏むべきステップを設定した計画を組み立てるための着想を見つけていく。人々はしばしば、何が本当に必要であるのかを、自分たち自身でよく知っているのである。そして、一般的に人がいればいるほど、たくさんの着想が生まれるのである。

24段落

Support by both formal and informal care can be combined in the plan. The substance depends fully on the wishes and the requests of the person concerned.
形式的なケア、形式的でないケア両方の支援が、計画には組み込まれる。その中身は、関わる人の希望と要望に完全によっている。

25段落

The plans made by persons themselves, while supported by their circles of family, friends, neighbours, teachers and other important people are often very practical, cross-sectional, clear, simple and to the point. Especially in situations with multiple needs generally the professional carers gets lost (because of a sectional approach), but the persons involved can often think of very practical and effective community-based solutions, which grab at the root of the series of problems and consequences. They know what would help them.
家族、友人、近所の人、先生、そのほかの重要な人々の輪から支援を受けながら、彼ら自身によってつくられた計画は、しばしばとても実践的で横断的で明快で単純で的を射ている。特に複合的なニーズのある状況においては、一般的に専門家は(部分的な対処であるために)出て行ってしまう。しかし、関わっている人々はしばしば、問題と結果の一続きを根っこから捕まえるとても実践的で効果的な地域に基盤を持つ解決策を考え出す。彼らは、何が助けになるのかを知っているのだ。

26段落

Family Group Conferencing is voluntary only. It’s an offer, not a plight to consult with others. It’s an option which can be used by persons who want to take ownership of a problem, or rather a challenge, because the focus is not on analysing negative processes, but on achieving a better life by fulfilling a certain wish, which is put as the key question. FGC focusses on supporting wellbeing in the community.
FGCは、自発的なものだけである。それは、提案であって、ほかの人たちと相談する苦境ではない。それは、問題やさらには難題の所有権をとりたい人が使うことのできる選択肢である。なぜなら、その焦点は、後ろ向きの過程の分析ではなく、たしかな希望を実現させることによってよりよい生活を達成することにあるからである。FGCは、地域の中での幸せな生活を支援することに重点を置いている。

27段落

And as is said by my colleagues already, discriminatory laws should not exist at all.
Family Group Conferencing cannot be related to illegal frameworks. Therefore the execution of forced psychiatry cannot be a condition for Family Group Conferencing.
私の同僚がすでに述べていたように、差別的な法は決して存在すべきではない。
FGCは、法的な枠組みにかかわることはできない。だから、強制的な精神医療の実行は、FGCの条件とはなりえない。

28段落

In psychosocial crisis situations the focus should be on finding desirable solutions, which support the person concerned and his/her social surroundings. Force should be no option.
精神的に危機的な状況では、その人に関わっている人々やその人の社会環境の支援する望ましい解決策を見つけることに焦点が当てられるべきである。強制は選択肢であるべきではない。

29段落

Family Group Conferencing could be a way to find these desirable solutions in situations of psychosocial problems, even in crisis situations, because these are very closely related to social dynamics in the persons life.
FGCは、精神的な問題を抱えた状況において、危機的な状況においてさえも、望ましい解決策を見つける方法になりうる。なぜなら、人の生活に社会的な動きはとても密接に関わっているからである。

30段落

In the Netherlands we have started a pilot project with the Dutch organization of Family Group Conferencing called Eigen Kracht, -
In this pilot project we offer Family Group Conferencing in psychosocial crisis-situations ? instead of forced interventions. This is referred to as the Eindhoven Model of Family Group Conferencing in mental health care.
オランダで私たちは、Eigen Krachtと呼ばれるFGCのオランダの組織と試験的な計画を始めている。
その試験的な計画において、私たちは精神的に危機的な状況のとき、強制的な介入ではなくFGCを提案している。これは、精神医療のケアにおいてEindhoven Model of Family Group Conferencingとして言及されている。

31−32段落

(sidenote, unfortunately forced psychiatric treatments are still embedded in the Dutch laws as a so-called “last resort”, which means our project is sidelined by the Ministry as “an option to prevent forced treatments”, which is a pity. With my own organization in the Netherlands called Mind Rights we are still advocating to ban forced treatments, and to stimulate a full focus on alternative approaches)

In our project the Eindhoven Model we offer people the option for a Family Group Conference when they face psychosocial crisis situations. By the Family Group Conference these persons can consult with their own people, of their own choice, in order to make their own plan on what can be done and what is needed to overcome a crisis or to avoid escalation.
私たちのアイントホーフェンモデルの計画において、私たちは、精神的に危機的な状況に直面したとき、FGCを選択肢として提供している。FGCによって、そのような人々は、自分の選択を自分の周りの人びとと相談することができるようになる。何がなされることができるか、危機を乗り越え〔問題の〕拡大を避けるために何が必要かに基づいて計画を立てるためにである。

33段落

This pilot project includes research on the effects of applying Family Group Conferences in psychosocial crisis-situations (done by the Free University Medical Centre VUMC in Amsterdam). The pilot project is positioned under community mental health, to avoid forced institutionalization and to avoid the start of forced treatments.
The very few first results of this pilot project look quite promising.
この計画は、精神的に危機的な状況にFGCを適用することの効果に関する研究を含んでいる。その計画は、強制的な施設収容や強制的な治療の開始を避けるための、地域の精神医療のもとに位置している。

34−35段落

Family Group Conferencing is a voluntary consultation process around a key-question.

Generally when there are frames which are agreed on by Family Group Conference-participants, these frames are about safety, such as: no more domestic violence, no more abuse, and sometimes on : how to avoid social disturbance. When a Family Group Conference is started with a frame , the main persons agree on this goal. Family Group Conferences can only be done successfully when the persons are truly committed to the goal of the conference and to make their own plan,
一般的に、FGCの出席者によって合意された枠組みがあるとき、その枠組みは安全である。たとえば、もう家庭内暴力をおこなわない、もう虐待をおこなわない、そしてときにはどうやって社会の混乱を避けるか、といったことである。FGCがある枠組みをもってはじまったとき、中心となる人がこの目標に同意する。FGCは、そのひとがカンファレンスの目標や計画をつくることに本当に参加したときのみにうまくおこなうことができるのである。

36段落

Participants need to be willing to take steps themselves to improve their own lives, to exercise their autonomy, and be willing to search for balance in living in their communities together. And be willing to listen and respect eachother’s will, values, preferences, and choices , and to make efforts to come to a mutually agreed plan with their own circle of people.
出席者は、自分の生活をよくするためステップをよろこんで踏み、自主性を発揮して、自分の地域の中での生活の調和を共によろこんで追求していく必要がある。そして、お互いの意思、価値観、好み、選択によろこんで耳を傾け尊重するべきである。また、自分の輪の中にいる人々と互いに計画の合意に至るように努力すべきである。

37段落

So Family Group Conferencing can only be done on a voluntary basis, as it is basically a tool for people to increase control over their own lives.
だから、FGCは、人々が自分の生活を管理する力を高める基本的な道具として、自発性に基づいてのみおこなわれることができるのである。

38段落

In current mental health care systems there are various decision making moments where self-determination can and should be empowered and enabled. This starts with voluntary care, but also at moments where Community Treatments Orders or forced institutionalization are considered, Family Group Conferencing can provide an alternative to identify desirable support and solutions, instead of forced interventions being imposed on the person.
最近の精神医療のケア体制においては、自己決定が重要視され可能にされるべきであり、またそうすることのできる、さまざまな決定の瞬間がある。これは自発的なケアに始まるべきである。しかし、地域の治療の指示や強制的な施設収容が考えられているときにも、FGCはその人に強制的な介入を課す代わりに、望ましい支援や解決策を特定するためのオルタナティブを提供することができる。

39段落

Family Group Conferencing originated in New Zealand by a desire to protect people from unwanted government intervention. It started in Child Care services, but it is also very useful in mental health care.
FGCは、不必要な政府の介入から人々を守りたいという願いによってニュージーランドで始まった。それは、子どものケアのサービスにおいて始まったが、精神医療のケアにおいてもとても有用である。

40-41段落

So to conclude:
Family Group Conferencing can be used as a way to facilitate supported decision making, and can be embedded in law.
FGCは、支援された意思決定を容易にする方法として使うことができるし、法に埋め込むこともできる。

42段落

Moreover, Family Group Conferencing is a way of thinking, and it implies a culture shift in organizing care systems: of giving capacity to the ‘object’, of asking for self-defined solutions and to facilitate these. This means professionals need to step down, and take the self-made plans as a guidance for all professional care. It needs to be acknowledged that the person with his circle has the real expertise, not the professional. This is not just an easy side-note. This is a real challenge.
さらに、FGCは、考え方であり、ケアの体制を組織することにおける文化の転換も示唆している。つまり、「物的」な許容を与え、自分で決めた解決策を求め、それらを容易にするための考え方なのである。これは、専門家が立場を下げることの必要性、すべての専門家によるケアの案内として自分でつくった計画を用いることを意味する。専門家ではなく、自分の輪の中にいる人が本物の専門的知識をもっているということが認められる必要がある。これはただの簡単な余白注記ではない。本当の変革である。

43段落

Family Group Conferences cannot be run by professional carers. It’s important to have an independent coordinator, because if you have for example the CEO of Shell oil company as a coordinator, you will probably get some oil-consumption in your plan.. That is why there is a separate organization for Family Group Conferencing, which purely aims to facilitate Family Group Conferences , and includes research, communication and training.
? contact details of the Family Group Conferencing network in Europe, http://www.familygroupconference2011.eu/en/home/
FGCは、専門家によっては運営することができない。独立したまとめ役をもつことが重要である。なぜなら、もしたとえば石油会社のCEOがあなたのまとめ役であったら、あなたは自分の計画に石油の消費を組み込むかもしれないからである。これが、研究、意思疎通、訓練を含めてFGCを容易にすることだけを純粋な目的とするFGCの分離した組織がある理由である。

44段落

The independent Family Group Conference- network comprises several active Family Group Conference -organizations in quite some countries in the world, although the implementation scale varies a lot. Note that: Most of the research and practices is related to child care.
独立したFGCの――いくつかの活発なFGCはネットワークから成るのだが――組織は、実施状況はかなりさまざまであるが、とくに世界のいくつかの国にある。特筆すべきことは、ほとんどの研究と実践は子どものケアに関係している。

45−46段落

Maybe the most important things about Family Group Conferencing:
Family Group Conferencing strengthens bonds between people, by social engagement, which is an important feature of an inclusive community and wellbeing.
Family Group Conferencing empowers individuals, but it also empowers communities as a whole.
包括的な地域や幸せな生活の重要な特徴といえる社会参加によってFGCは、人々の結びつきを強める。
FGCは、個人の力も高めるが、地域全体としての力も高める。

47段落

The approach of Family Group Conferencing has the potential to enable a culture shift in mental health care systems and in communities, and can provide an alternative to the incapacity-approach and the practice of forced treatments, by facilitating supported decision making.
FGCの方法は、精神医療のケアの体制や地域の中の文化の転換を可能にする潜在的な力をもっている。そして、支援された意思決定を容易にすることによって、無能力を根拠とする方法や強制的な治療の実践のオルタナティブを提供することができる。

48段落

Family Group Conferencing can be a way to identify and organize desirable solutions, which brings us all closer to a world with full human rights for all.
FGCは、すべての人の完全な人権が保障された世界へ私たち全員を近づけてくれる望ましい解決策を特定し準備する方法になりうる。

49段落

“nothing about us, without us”


翻訳:伊東 香純(20150726)


*作成:伊東 香純
UP: 20150807 REV:
Santegoeds, Jolijn  ◇精神障害/精神医療
TOP HOME (http://www.arsvi.com)