HOME > >

しゃりんけん哲学カフェ
「高校生が『文学は社会の役に立つのか』と問う社会を問う」

於:南山大学Q棟Q309教室

Tweet
last update: 20190523


■しゃりんけん哲学カフェ「高校生が『文学は社会の役に立つのか』と問う社会を問う」

日時:2019年5月25日(土)13:00-15:00
場所:南山大学Q棟Q309教室

※参加費無料

■趣旨

社会倫理研究所主催「しゃりんけん哲学カフェ」開催のお知らせ

このたび、社会倫理研究所では、新たな事業として「しゃりんけん哲学カフェ」を開催することとなりました。今回は、来る5月25日(土)に南山大学を会場に開催される「春の哲学カフェ祭り」に「出店」する形での開催となります。直近での告知となり誠に申し訳ありませんが、是非ふらりとお立ち寄りください。

趣旨

小泉信三賞全国高校生小論文コンテストで見事受賞を果たした高校生、稲垣さんをお招きして、受賞論文の内容に基づく哲学対話を行います。課題テーマの「文学は社会の役に立つのか」という問いかけに対して、そのように問う社会こそが問い直されるべきではないかという社会倫理のあり方にも通ずる問題提起を行った稲垣論文をきっかけに、有用性と文化についてじっくり考える場を設けます。

「春の哲学カフェ祭り」の詳細については、下記URLをご参照ください。
http://cafephilo.jp/events/event/cafephilo-1365/

■プログラム

テーマ:文学、社会、そして、有用性と文化
対 象:教員、学生、一般の方々(=どなたでも)
進行役:稲垣早佑梨(聖霊高等学校3年生)
    瀬尾さとみ(聖霊高等学校教諭)
責任者:奥田太郎(南山大学社会倫理研究所第一種研究所員)

■主催

南山大学社会倫理研究所

■お問い合わせ

南山大学社会倫理研究所
〒466-8673 名古屋市昭和区山里町18
Phone:052-832-3111(内線:3413,3414)
Fax:(052)832-3703
e-mail:ise-office@スパム対策ic.nanzan-u.ac.jp
HP: http://rci.nanzan-u.ac.jp/ISE/
facebook:https://www.facebook.com/social.ethics/

■関連ファイル

立命館生存学研究

http://r-cube.ritsumei.ac.jp/repo/repository/rcube/11690/
http://r-cube.ritsumei.ac.jp/repo/repository/rcube/11692/


*作成:小川 浩史
UP: 20190523 REV:
渡辺 克典 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)