HOME > >

「中根多惠『多国籍ユニオニズムの動員構造と戦略分析』(東信堂)書評会
――社会運動ユニオニズム(SMU)研究と社会運動(SM)研究の接点をさぐる」

於:法政大学市ヶ谷キャンパスボアソナードタワー8階(0805教室)

Tweet
last update: 20190131


■「中根多惠『多国籍ユニオニズムの動員構造と戦略分析』(東信堂)書評会――社会運動ユニオニズム(SMU)研究と社会運動(SM)研究の接点をさぐる」

日時:2019年2月21日(木)14:00〜17:00
会場:法政大学市ヶ谷キャンパスボアソナードタワー8階(0805教室)
(会場アクセス:http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html
(市ヶ谷キャンパスマップ: http://www.hosei.ac.jp/campus/ichigaya/index.html

■趣旨

本企画のねらいは、昨年2月に刊行された『多国籍ユニオニズムの動員構造と戦略分析』(中根多惠著・東信堂)を題材とし、これまで労働社会学および社会運動論の両領域において手薄だった社会運動ユニオニズム(SMU)研究と社会運動(SM)研究の接合可能性を明らかにすることにある。

SMU研究分野から山田信行氏(駒澤大学)、SM研究分野から西城戸誠氏(法政大学)をコメンテーターに迎え、両研究領域の接点を探りながら、個人化する労働社会における社会的連帯のありかたについて議論を展開する。


■プログラム

書評対象

中根多惠著『多国籍ユニオニズムの動員構造と戦略分析』(2018年、東信堂)
(第15回日本労働社会学会奨励賞(著書の部)受賞)
https://www.amazon.co.jp/dp/4798914851

※未読の方のご参加も大歓迎です。

コメンテーター:山田信行(駒澤大学)、西城戸誠(法政大学)
司会:原田峻(金城学院大学)

タイムテーブル

14:00-14:10 開会の挨拶と本企画の趣旨――司会:原田峻(金城学院大学)
14:10-14:30 著者による概要説明――中根多惠(愛知県立芸術大学)
14:30-15:00 コメント――コメンテーター:山田信行(駒澤大学)
15:00-15:30 コメント――コメンテーター:西城戸誠(法政大学)
15:30-15:45 休憩
15:45-16:55 コメントへのリプライおよび質疑応答・フロアとの議論
16:55-17:00 閉会の挨拶――司会:原田峻(金城学院大学)

■主催

企画者

中根多惠(愛知県立芸術大学)
原田峻(金城学院大学)
森啓輔(日本学術振興会特別研究員PD[国際基督教大学])
西城戸誠(法政大学)

■お問い合わせ

※準備の都合上、参加予定の方は事前に以下のアドレスまでお申し込みください。
申し込み連絡先:tae_nakane[at]mail.aichi-fam-u.ac.jp (中根多惠・愛知県立芸術大学)


*作成:小川 浩史
UP: 20190131 REV:
社会学 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)