HOME > >

「骨格提言」の完全実現を求める大フォーラム実行委員会 学習会
「狙われるしょうがいしゃ制度の介護保険統合――今、私たちはどうすべきか」

於:高円寺障害者交流館(杉並区高円寺南2-24-18)

[PDF]

Tweet
last update: 20190111


■「狙われるしょうがいしゃ制度の介護保険統合――今、私たちはどうすべきか」

日時:2019年2月10日(日)13:30〜16:00(13時開場)
会場:高円寺障害者交流館(杉並区高円寺南2-24-18)
   JR中央線「高円寺駅」(南口)徒歩8分地下鉄丸ノ内線「新高円寺駅」徒歩6分
☆資料代 ¥500/手話通訳あります。
☆手話以外の情報保障が必要な方は、事前にご連絡ください

■趣旨

障がい者制度改革推進会議・総合福祉部会の副部会長であった茨木尚子さん(明治学院大学教授)は、今年度から始まった改定介護保険法、改定障害者総合支援法などの状況を分析し、「気づいたら介護保険統合やむなしという状況に陥らないためにも、障害者側からの建設的な批判や提言をしていかねばならない、正念場にきていると強く感じる。」(『福祉労働』159号より)と発言されています。同趣旨の指摘は、ほかの社会保障を専門とする学者からも出ています。

現状をどう考え、何をすべきかについて、茨木さんにお話を伺い、意見交換したいと思います。


■プログラム

講師 茨木尚子さん(明治学院大学社会福祉学科教授)


■主催

主催:「骨格提言」の完全実現を求める大フォーラム実行委員会
共催:NPO法人 むく

■お問い合わせ

自立生活センターHANDS世田谷
Tel 03-5450-2861 Fax 03-5450-2862
Eメール hands@スパム対策sh.rim.or.jp


*作成:小川 浩史
UP: 20190111 REV:
「骨格提言」の完全実現を求める大フォーラム実行委員会 自立生活センターHANDS世田谷  ◇介護保険  ◇
TOP HOME (http://www.arsvi.com)